2011年06月25日

有機ゲルマニウム配合「GMソープ」

これは、モニタープラザのお試し商品感想文です。


ゲルマニウムという言葉に弱い花子です。
体に良い感じがします。
身体がポカポカするイメージがあります。
水道水をゲルマニウムの石・・・麦飯石に浸してここ十数年飲んでいる花子でございます。
当初はダイエット効果がという浅はかな効果を狙っていましたが何事も無く現在に至っております。
しかし、麦飯石をいれた水ポットはまったくぬるぬるしないし、水アカも付きません。
不思議です。

とゲルマニウムという言葉に弱い花子です。

ゲルマニウムが入った石鹸だなんて凄すぎると思った訳です。
でも、顔写真乗せるなんて・・・・


ゲルマニウム石鹸..jpg
スピルリナ普及会ファンサイト応援中
有機ゲルマニウムGe-132P配合石けん【GM SOAP(ジーエムソープ)】
有機ゲルマニウムの新事実

最初、普通に浴室で使用したんです。
普通だ・・・・泡もまあまあ、洗顔後の色白も良く分からんって。


こんどは、洗面所にて若干水不足状態で使用しました。

泡が全然違いました。
泡立ちが超早いです。
もこもこと、シェービングフォーム系の泡がすぐに出来上がりました。
しかも結構な硬さというかしっかりした泡が出来上がりました。
これだと、顔の皮膚に触ること無く泡だけでやさすぃく洗顔出来ますな。

cameraroll-1309290035.728661.jpg


ん〜なんとなく白いような、洗顔をすれば何でもこれ位は白くなるのか微妙な感じですが、
確かにに洗い上がりは、透明感が出ました。
クレンジング無しではちょっと無理でしたが、
普通の洗顔ではさっぱりしました。

洗顔後ちょっと突っ張り感があるので、長く洗顔をやりすぎるのかなと思ったり・・・

ぶつぶつ素直に認めない私でしたが、
改めて肌を触ってみると、ゴワゴワ感は無くなっています。
すげえ。
見た目に分かるほど透明感を戻すまでにはもう少しかかるかもしれません。
なんかとぅるっとぅるっしてきたら今後が楽しみになっても見たり。

ゲルマニウム入りと言うことなので多いに期待をして使用したいと思います。

cameraroll-1309290027.4880045.jpg → cameraroll-1309290042.9604656.jpg
しかし、たるんでるなぁ。
シミが多いなぁ・・・・マッサージ、マッサージ。

posted by 日本花子 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 試してドッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクストラクトローション モイスト<保湿化粧水>

これは、モニタープラザのお試し商品感想文です。

昨日今日と涼しい田舎町です。(動けば汗かくけど)


オーガニックという言葉にあまりなびかない花子でございます。

なんとなく効き目が弱い気がするイメージです。
過去に使用したことがある今石鹸とか、洗剤、シャンプー、リンスとかみんなイマイチだったからです。意味分からずオーガニックだからしょうがないかと思うことにしてました。
だから、その手の商品を自ら手に取ったことはここ数年ありません。

なのに今回これに応募したのは、時代が変わってきているのかもしれない。
より良いはずよね、と。

国産オーガニック!ドゥーオーガニックファンサイト応援中

ドゥーオーガニック エクストラクトローション モイスト


サンプルが3袋来ましたが1回では多いので2回に分けて使用しました。
香りは無臭です。

とろみと書いてありましたがそれほどでも無いような。

結果としては・・・・分からない。
そのハリとツヤを実感するまではもう少し使わないといけないかなと思いました。

ただ、この商品を実感するためにこの3日間は、このローションのみしかつけなかったのに、
全く乾燥しなかった。つっぱらなかったということは、
潤い成分、潤い力は凄いんじゃないかなと思うのです。

これきっと、セットで使用すれば3日間で充分分かったんじゃないかなぁと思います。

分からないとは書きましたが、潤いに関してはバッチグーです(古っ)

オーガニックモ捨てたもんじゃないなぁと思ったわけで、
一緒に送られてきたパンフレットで見ると


このクレンジング使ってみたいなぁと。
ダブル洗顔不要、手が濡れていてもOKうるおいキープ
でこの値段ならいいかもと思うのです。

丁度クレンジングが無くなりそうで、次は何にしようかなと・・・
今は、モニプラで知り合った「ヒフケン」さんのクレンジングを使用していますが、新し物にもチャレンジしたいと物色中です。


この写真の巾着みたいなもの、マッサージバッグとかいう古い角質をとるこれにもちょっとグラグラ。とぅるっとぅるっになれるんじゃないかって期待大です。


オーガニック・・・捨てたもんじゃないと思ったメーカーでした。
posted by 日本花子 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 試してドッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

薔薇の香り★Picoローション&クリーム トライアルセット

これは、モニタープラザのお試し商品感想文です


DSCF1607.JPG


ナチュラルコスメTOWAファンサイト応援中

相変わらず、使用方法だけ確認して詳細は見ないで試している花子です。
これは先入観を持たずに利用するためでもある(本当か?半分本当)


ん〜〜〜香りがとても気持ち良いです。
なんか植物の香りがする〜〜〜。

→『薔薇の香り』って大きくうたっているではないか。

でもでも、バラ、薔薇、ばらって感じのぷんぷんした香りではなく、自然な香りで癒されるのでした。クリームは特に香りが強く、香りからリラックス〜と言う感じです。
気に入りました。
使うたびに気持ちが良いです。



ローションは黄色い色なので勝手にオイルっぽいのかと思っておりましたが、若干コクがあるという程度の化粧水でした。
浸透に関してはまずまず普通です。

クリームは、軽いです。ちょ〜軽いです。サーモンピンク系の色です。
クリームというよりは乳液の感覚ぐらい柔らかく、軽いです。
それでいて香りも強い。
ビヨンビヨン伸びます。
あ〜気持ち良い!



薔薇のコエンザイム PicoQ10




しかし・・・・・私にはちょと物足りなかった様です。
1週間使用しましたが、頬の皮がカサカサと剥けてきてしまいました。
汗の時期でタマタマでしょうか。合わなかったのでしょうか。

クリームを2度づけ、3度づけしたのであっというまにクリームだけ無くなってしまいました。
ん〜香りが良いだけに残念です。

posted by 日本花子 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 試してドッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

風の谷の〜ナウ〜シカ〜♪

と口ずさんだのは昨日のこと。





ボロ貸家古い貸家に申し込みが入り、大家さんと新入居者でお金を出し合ってもろもろリフォームしたのですが、いよいよ明日引き渡しということで点検をしてきました。

畳交換(24枚)
位塗り壁をクロスに(一部屋のみ)
ハウスクリーニング(今まで各自がやって終わりだったのでかなり汚い)
他小修繕。

全てよし!


ということで次は外周りを何気にチェック。


ありゃりゃりゃ・・・・・
大きめの蟻が列をなして基礎を昇り、外壁の隙間に入って行きます。
家の中では見かけなかったけど・・・・クレームが来るのは時間の問題でR
と思った私は、なんと都合のよいことに車の中に

アリの殺虫剤を積んでおりました。



まさしくこれだったんだけど(何でも出てくる花子's車)、
これをそこに撒いてみました。


即効性ありますね〜〜〜〜
撒いたとたんに列が崩れ、アリは大騒ぎ。
隊列がテンデンバラバラ・・・テンデバラバラ・・・?ま、散り散りになった訳ですよ。

基礎を昇っていたアリもコテッと落ちていく。
すげぇこれ!!
と面白くて10分位は見ていたかな。


ということで家の周りを1周したところ同じようなアリの列が3箇所も。
えいやっと粉をブシュブシュ振りかけると面白いようにアリがダメージを受けていきます。


2周し3週目に入ったら、アリの姿は全く無くなった。
うふふふふと喜んで周ったら、最後の1箇所が・・・・



アリはいませんでしたが・・・・・・・一緒に苦しくなった彼らまでがモリモリと。
写真だと凄さがイマイチ伝わってこないなぁ。
結構の数がワラワラと。親子のようなものとか、あ、ムカデも1匹。

だんご..jpeg だんご2..jpeg


これを見ながら、風の谷のナウシカを口ずさんだのでした。



オームに似てるよね。

と虫の観察に小1時間居座った花子でございます。



しかし、この殺虫剤良く効くわ〜〜〜
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ちょっと悲しい出来ごと

アパートのキャンセルがありました。





今回は、被災者の方でした。
県の借り上げ予定で契約書まで作成してました。


最初の出会いから1カ月位でしょうか。




最近は、何度電話をしても出ませんでしたので・・・・・むむぅ・・・・・やばい感じはありました。




本日夫婦でキャンセルのお詫びに来ました。



夫婦での入居予定で、
探している頃は、お二人とも避難所から出れることでうれしそうでした。
色々吟味して決めた物件でしたが・・・キャンセル。



理由は、


地元の人から「俺たちを捨てていくのか」と言われたからなのだそうです。


その方の住んでいた所は、沿岸沿いの小さな入り江です。
周りは山に囲まれている小さな入り江です。
Google mapで見ると入り江の奥の方の数件しか残っておらずみんな更地になっていました。
そこへの道もいまだに潮によって寸断されてしまいます。
恐らく、水道も通っていないと思います。


その場に住んでいる人はわずかだと思います。
現にこの夫婦もこちらに避難してきています。


とりあえず、2年間こちらに住みながら、地元の様子を見て、向こうにも通いながら先行きを決めようとしてたのに、2年間地元を離れるだけで「捨てていくのか」と言われたそうです。

残っている人から見るとそうなのでしょうかね。
戻ってこないのかもしれないという危機感もあるのでしょう。
町中の人と違って、地域のつながりがより強いのでしょう。
一緒に漁業をしていたのかもしれません。


明日は100か日。
あちらこちらで合同慰霊祭が行われるようです。
そこに行って話をするようですが、結論はその場では出ないだろう。
しばらく宙ぶらりんの状態になってしまうので契約せずにキャンセルしようということで二人で話し合ったそうです。


今いる避難所も6月をめどに出なければならないようです。
今から地元の仮設住宅に申し込もうか・・・そんな感じでした。


次への一歩をここからと決めた矢先に振り出しに戻りました。
私たちの立場からみたら可哀そうにと思いますし、
地元の方から見れば当然だと思うでしょう。

今回の震災が地震のみではなく津波というやっかいなものがついていたので余計複雑なものになっているのでしょう。


以前、行政を頼らずに地元民だけで道路を切り開き復興しているという地区のニュースを見ましたが、そのような集落に住んでいる人は他の所で新天地を、就職を、ということは許されない地域なのかもしれませんね。
一度出たら、戻ろうにも拒否されるかもしれません。




そんな会話をしていて、
とぅるっとぅるっに自分の所でそんな被災にあったらどうですか?と聞くと、「オラの所もおんなじだべな。残ってくれと言われたら残るかもしれないな」と言っていました。



批判されるかもしれませんが、
お互い助け合える集落の絆ですが、
時には足かせになるのもこの絆なのかもしれません。
良くも悪くも一心同体。






話は変わりますが、
体育館のような避難所の方々は当然そろそろ限界だと思いますが、
内陸のホテルに避難している方々の間でも、だんだん差が出てきてギスギスしてきているようです。

車が有る方は、自由に部屋を探し、支援物資をもらいにいき情報を得るのも早い。
車の無い方は、シャトルバスが出る日じゃないと路線バス代が高いので自由に動けない。
バスだと動ける範囲も決まっているし、大量の衣服を持って帰ることも出来ない。
近くに親戚がいる方は、衣服やもろもろの支援を受けられるが、
いない方は、自分で購入するかたまに来る支援物資しか手元にない。
仮設住宅に1回で当選して意気揚々と出て行ったり、素敵な部屋を決めてくるという行動や結果が早い人もいれば、
なかなか抽選に当たらずどんどん取り残されえていく方。
夫婦や家族単位の人は相談して物事を決めていけるが、
一人の方は何でも自分で決定しなければならず不安になってくる。

そんなそれぞれでの微妙な差が出てきて、
新しい所が決まっても、直前までは公表できない、したくない人が多いみたいです。
最近くる被災者の方はみんな口をそろえてそんなことをおっしゃいます。



そんな避難先のある田舎町の混沌とした出来事でした。
posted by 日本花子 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

悲しい出来ごと

先週、『会社を解雇になった』と言って部屋を探しに来た方がいました。

今いる社宅から出なければなりません。

私は、重要事項説明の時に初めてお会いしました。

「おれ、払えるかなぁ・・・」と途中でそんな会話に。
「不安なら、一旦ストップしましょう」
と言い中止にしようと思いました。
しかし、連帯保証人(息子)のその場での説得で契約にいたりました。


契約金が無いと言ってたそうですがその時には持ってきました。















その方が、自殺したと連絡が親族から来ました。


払えるかなぁ・・・・ずっと考えていたのでしょうか。


被災地ではないものの、
影響を大きく受けている田舎町での出来事でした。
契約金はどこかの会社から借りたようです。



病気の奥さまを残して逝ってしまいました。
posted by 日本花子 at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

記憶5

地震関連の身の回りの写真です。

揺れの割には、我が家の物は落ちませんでした。
いや、落ちたけれど、中越地震の後にテレビは固定したし、宮城内陸の後に本棚の再固定をしたし、
でも学習しなかったのが押し入れの最上段(天袋?)にいれているぶっかれの「ロッキングオン」150冊以上。
今回も落ちましてね、よくよく見るとその台も重さに少し傾いていた・・・
やっと今回三段ボックスにとりあえず入れてます。
全然見ないから邪魔なんだけどね。とりあえず他に入れるところが無いのでそのまま。

本棚は倒れなかったが、まんが本は落ちていた。
074.JPG

ビデオデッキは捨てようと思っていたから良いのだけれど、
079.JPG

レコードプレーヤーはちょと痛い。直せるかな。今もそのまま。
076.JPG

本が落ちただけだがその後気付いた家じゅうのクロスのひび割れ。
001.JPG 003.JPG 
2階の床が下がったようだ・・・・・・


大家さんのひび割れたアスファルト
018.JPG
この家は水道管も破損。


管理物件は、

097.JPG
床にこんな白い粉が落ちているところは、全て亀裂が入っていた。

007.JPG 004.JPG 017 (3).JPG 023.JPG 120.JPG 


あ〜〜〜〜〜
張り替えたばかりのクロスが裂けた・・・・直したのに4.7の地震でまた裂けた(T_T)
またあるかもしれないので入居が決まるまでほっておいたら、何故かすぐに入りたい人ばかりが申し込んできて大慌てした。

照明はこんな程度で済んだ。落ちなくて良かった。
156.JPG 083.JPG

厄介だったのは地面、基礎のダメージ。

016.JPG 010.JPG
奥のガスボンベが傾いたがホースのおかげで転倒は免れた。
2軒の貸家がお互いこの間の方に寄り添った(傾いたともいう)
そんな貸家の基礎は、

001 (2).JPG 012.JPG
診断すれば危険と言われると思う。
そんな状況だから住み替える?と聞いたら生活に支障はないからと引っ越さないと言う。
一応、ハウスメーカーにも見てもらった。
賃料を下げてそのまま。

しかし、これはねだんだんひどくなってしまって補修。
012.JPG → DSCF1004.JPG →DSCF0998.JPG

よくよく見るとつぎはぎした跡。
以前に下水道工事をした時に普通はやらない基礎を縦にぶった切った跡のようです。
その後ふさぐ時に全部コンクリートではなく、見える所だけコンクリで、奥はなんとダンボール!!
という張りぼて。もちろんこの会社はめでたく倒産しておりますけれどね。
我々が管理するずっと前のことで知らなかったんですけどね。

他の物件のひびは、

007 (2).JPG  041.JPG 038.JPG
この程度。

そうそう、この時の停電で凍結しまくった給湯機の修繕でガス屋さんには大変お世話になりました。
全然「無い!」との一点張りで何もしてくれなかったガス屋さんもありましたけどね。

gas.jpg
8戸中5戸が凍結し水を噴き出したアパート。

4.7の地震以降、
冬の間の落氷が落ちて引っ込んだ屋根
002 (3).JPG

地震で屋根が動いたのか傷口が広がり、雨水が洗面所にダダ漏れ。
001.JPG 002.JPG

保険やさんが見に来るまでに2カ月。
屋根はその前にとっくに直した。そのウチ天井にカビが生えてきたので天井を開けた
DSCF1314.JPG DSCF1313.JPG

やっと保険や産が見に来たけど、
大工さんが忙しくいまだにこのまま。


手つかずと言えば、もう入居している貸家の納戸の引き弩のパックリ
005.JPG
これね、下はドアと枠がくっついているんですよ。
修繕に思いのほか金額がかかることが分かり保留のまま。
直した方が良いと思うんだけどなぁ・・・・

それほどひどくは無いこの町でしたが、修繕するとなると結構大変で、
修繕に振り回された4月5月でありました。

地震から3カ月。
また微震が増えてきた今日この頃。
6月には起きないという予言と、起こりそうという予言。

放射能が以前は南の方に広がっていたのに、最近は北に広がっているもよう
(ま〜ふぁさんの記事に載ってた。)

さてさて、日本はどうなるのかな。
余生を楽しみたいと思うのだった。
posted by 日本花子 at 10:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

記憶4

間もなく地震から3カ月経つのですね。

凄く昔のような、まだまだつい最近のような。


4月の余震、夜の12時ちょっと前。
比較的、熟睡していたような。

グラ・・ですぐに目が覚めるのはまだ緊張感があるのですね。
うぉぉぉ、強いぜ。
がばっと起き上がりしばし様子見。
強い強い・・・・今回はすぐに電気が消えました。
ぶっかれはすぐに立ち上がり「行くぞ!」と階段の方へ。
私は少し落ち着くまで座っていました。
暗闇で物が落ちる音がします。
前回の地震後落ちやすいものは処置しておりましたので、机の上の本がバサバサと落ちた位ですが。

少し弱まって「それ〜!」と階下へ、玄関へ。
義母と義姉は、寝室の部屋からとっとと外に出ておりました。


またかぁ・・・・・・

その夜は3月と違って暖かかったのでなんとなく楽。

その日の夜も、ラジオをつけっぱなしで、普段着に着替え寝ました。
その日の3時頃、一瞬電気が点きました。おぉ!今日は早かったねなんてうかれポンチで外に出てみたら、一瞬青白く空が数回光って、また電気が消えました。

ぬか喜びでした・・・・・

しかし、今回は電気は翌日にはつきました。
停電になった途端、翌日にはまたガソリンスタンドに列が・・・・そんなに焦らなくても・・・って感じです。

2度目の大きな地震は初回ほど大きくはなかったものの、意外とダメージはあちらこちらに。
賃貸物件では、初回後に補修した裂けたクロスがまた裂けて、
壊れそうだった網戸がすっかりひし形になって動かなくなって、
亀裂程度だったものがぱっくり割れちゃったり・・・・・・
とどめ刺されたものが結構ありました。
ま、わが町はそれほど大きな被害もなく済んだのですが、近隣市町村ではいろいろあるようでした。

この辺りの大きな地震はその後は無いのですが、福島とか茨城とか新潟とかその後何度も大きな地震が来てますよね。
いくら強い建物でもかなりダメージを受けているのでしょうね。
我が家だったら持ちこたえれていないと思います。
修繕って言ったってまた来るかもしれないから最低限のことしかしたくないですしね。

そうそう、我が家はこの冬の豪雪で2階の屋根から1階の屋根に落ちた氷が1階の屋根の一部に凹みをつけました。知ってはいたのですがそのままに。それが、2度目の地震で引っ張られて穴が開いたのでしょうか、その凹みの下にある洗面所が雨漏りを始めました。
雪害ということで保険の申請をしたのが4月の中旬。
しかし、地震の被害調査が忙しくて見に来れないとか。雨漏りはすぐにでも直しますよ!と話をして、洗面所は手つかずのまま。
しかし、天井にカビが発生してきたので天井に穴をあけて乾燥させました。(写真は撮った)
6月に入ってやっと、昨日調査の方が見に来てくれました。
これで、直せると思いましたが、今度は大工さんが忙しいみたいです。あぁあぁぁ



4月に入り、ガソリンも通常になり3月に入退去予定だった方々も4月にはみんな出て行ったり、入ったり・・・・以上。
それ以外の新たなお客様は全く無く、修繕に追われた4月でありました。

さらに関東から転勤の方々は、新幹線が開通するころまではだ〜れも来れませんでした。



その頃、仙台市内では、賃貸状況は被害にあった方の住み替えで津波の来なかった地域に人が殺到しているとの話を聞きました。
特需でうらやましいなぁ、と思ったものの管理会社さんは扱っている物件内で、被害にあった方へ紹介を無料でやっているとからしいので、通常のような収入にはつながっていないという話。
それはそれで大変なんだなぁ。
義理の姉のアパートも1階が津波にあい立ち入り禁止。管理会社の不動産屋はほとんどが津波地域に物件があり他を紹介することが出来ないので自力で探してくれと言われ途方に暮れました。
こちらでネットで物件を探して複数の不動産屋に電話をあげましたが、
やはり噂通りで、一般のお客さんの仲介は今やっていないとの話ばかりでした。
きっとホームページの更新なども手に付かない位忙しいんだろうな。

その中でも良さそうな物件の資料をプリントアウトして「仙台行ってくる!」と義姉は向かいました。結果的にはそこの不動産屋では断られたのですが、管理会社が分かりその店を出てすぐに直談判してなんとか、山あり谷ありでしたが部屋を決めることが出来ました。
4月の中旬には引っ越して行きましたが、水も電気も2,3日はダメだったようです。

私の町にも避難者が結構来ているようですが、うちの不動産屋に来たのは数名のみでした。
他の不動産屋もポツポツいる位でした。

おだやかだね〜なんて皮肉めいたことを言っていた4月。
寒さも長引き、桜の開花も遅く、咲いたと思ったら雨続きでイマイチ花見も出来ず、
気持ちが落ちているのか、桜を見てもきれい〜とも思えない桜の季節でありました。

そんな感じで5月に入った途端に、噂になっていた県で民間賃貸住宅物件を借り上げるとのニュースが。
報道のみで、県からも宅建協会からもなんの連絡もありませんが、報道されたことで問い合わせが数件。「そのようですね〜〜でも何の連絡も来ていないので分からないのですよ〜〜」
と言って数日後に、シャ〜ッとFAXが。
県の借り上げ決定と内容が書かれたものでした。

意味が分かりずらいけれど、沿岸に建てる仮設住宅と同じ法にのっとった制度のようです。
2年間は県が借り上げて入居者に転貸という内容でした。
FAXが流れてきた翌日にお一人ご来店。しかも、すぐにでも入居したいと。
よくよく聞くと、別なところを借りて、引っ越しの手配までしていたのに、直前に大家さんが駄目と言ったとかで引っ越せなくなったと。引っ越し業者は明日にもう荷物を持ってきてしまうと。
まあ・・・・それは大変ですなぁ。どこの不動産屋か聞くと、例のテキトー不動産でした。相変わらずだなぁ・・・。

で、すぐに入れる所???
そっからはこちらが大騒ぎですよ。
ここが良いとなってからは、大家さんに事情をお話し、許可を得て、契約書を作りながらも訳分からないことが多く、県庁に何度も電話をかけながらなんとか契約をしました。
その後ミスがあり何度か足を運んでもらっちゃったりして・・・・
さらに、大家さん側で、照明器具、ガスコンロ、カーテンを用意して欲しいとさらりと契約書に書いてあるではないですか。
これ本当?と県庁に聞くと本当と答える。
マジ?と聞くとマジって答える。こだまでしょうか・・・
ということで急きょ調達に走りました。


いやぁ・・カーテン、照明器具、コンロを揃えて初めて分かったのですが、
アパート住まいを始めるってお金がかかるのね。
カーテンなんて、ほとんど同じかと思えば、同じ建物でも微妙に高さが違ったり…
気付いたのが、カーテンレールはあるものの、カーテンフックがついていないとか、
おしゃれなワイドタイプの窓にあうカーテンが売ってないことに店先で分かり愕然としてみたり。
結構大変です。

一時期、毎日のように店に購入しに行っていたのですが、
毎回サイズを見ながらう〜んと悩んでいると、必ず「あの〜スミマセン」と店員に間違われる。

着てる服が違うでしょうに。私もカートを引いているでしょうに!
いつもありがとうございます。と先日、レジのおね〜ちゃんに言われました。

5月のはじめ頃に入居した方からは、「まだ赤十字の電化製品はこないかね〜3週間以上経つけれど」と言われるものの、
それに関しては全くノータッチなんですけど。

赤十字からは電化製品6点セットが支給されます。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、電気ポットだったかな・・・
それの納入が2〜3週間かかるとかで、それをまたずに入居した人はそれも無いままの生活です。
衣服などは支援物資でそこそこ有るようなのですが、入れる棚とかは購入しなければならないし、鍋、食器、洗剤、ティッシュのこまごまも用意しなければならないのですよね。
会社に余っていたカレンダーなどは喜んで持って行きました。
他に欲しいと言われたのが町の電話帳でした(タウンページ)。右も左も分からないので。
NTTの電話帳は?と聞くと、固定電話を引いていない方には配布しないとか(なるほどね)。
店の中を探してちょっと古いけれど数年前の電話帳を差し上げました。

先日、赤十字第一弾トラックが来たようですが、北海道から来たトラックなのだそうで、
運転手さんが場所が全然分からずに苦労していたようです。そうつぶやいていたらしい。

車が流された年配の方は、歩いて回っていたら腰痛が再発して自転車を買ったとか。
バスが充分ではない田舎町では確かに移動が大変ですよね。

生まれて、育った街を離れて全然知らないこの町で暮らすってすごく勇気がいることなんですけれど、なかなか良い場所だなぁって思ってもらいたい気持ちもあります。
どうすればよいのかまだ模索中。

今は友人の親がやっている、かなり個人的な支援の応援をしているだけですが、義捐金とか時間のかかるものではなくピンポイントでの支援(不公平でしょうが)をとりあえずしております。

もっぱらまた地震が来るとのうわさも流れていますが、
常に心構えはしております。

一旦ここで追いつきました(追いつかせましたので)記憶は終了ということに。

あ、そうそうここでお目にかかっていた方は海外へ避難していきましたYO!
別な大きな事情もあって海外に行ったのですが・・・放射能も一因のようです。

そうそう、土日が休みでは無くなる業界の知人は、大曲の花火の頃はきっと病気で欠勤になる予定です。(なるようにすすめました)

そうそう、今、私のIL DIVOも私の為に来日中(笑)
テレビで見る彼らはやはりステキです。
セブさん、ウルスさんの頭に白髪をはつけん。お互い歳をとっているのね〜なんて。

とりとめない感じですが・・・・一応終了。

あと1回、関連写真でも乗せましょうかね。
あまり凄いものはないですが・・・

posted by 日本花子 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

ヴィーファンデーション

これは、モニタープラザのお試し商品感想文です。

丁度ファンデーションが無くなりかけてどうしようか悩んでいる頃にこのサンプルを使用することが出来ました。



化粧水の後にヴィーを塗るだけでベースメイクが完成します。
その理由は
「乳液」「美容液」「下地」「日焼け止め」「ファンデーション」


というセールスポイントのふぁんでーしょん。
ものぐささんにはなんて素敵なファンデーションなんでしょう。
しかし、前後の写真を載せるにあたり衝撃が!!

私の顔ってこんなんなの\(◎o◎)/!

びっくりしました。人間の目って欲目ですね。
もっとステキに見えてました(笑)
もう、愕然です。

深い眉間のしわというか鼻間のしわ。
頬のたるみ。
口元のたるみ。
厚い二重あご・・・・なによりも、私ってこんなに垂れ目だった???

全く他人の顔に見えました。


恥をしのんで載せます。
before after

1111.jpg 2222.jpg

オレンジ部分はしわ、たるみを発見した所。ほとんどです。
顔じゅうに広がるシミ以上に気になります。
右が使用後ですが・・・「ナチュラル」色ですが首元と比べるとちょと黒いようです。
すっぴんで見ると全然色白に見えないのでこの色を選んだのですが、ファンデーションはまだまだ若干色白でも良いようです。昔はすっぴんでも白かったのに・・・・・
しかし、これだけ落書きしても見苦しい顔です。
化粧の持ちは・・・・良いです。
昨日今日は暑くなったのですが、全く化粧をし直さなくてもピッタリついています。
突っ張り感もありません。
鼻の崩れもそれほどではありません。
ファンデーションの塗り方に斜め上に塗るように書いてありましたのでそのように塗ったせいか、
スッピンよりはたるみやしわも目立たないようです。ピンク部分は気になりますが、やはりスッピンよりは全然良いです。
すっぴんで外を出歩くなということね。
スキンケア効果はそんなにすぐにあらわれるのでしょうか。
きっと塗り方なのかしら。
なんともならないのは分厚い二重あごと、垂れ目ですが・・・これは痩せなければなくならない。
二重あごがなけなれば首ももう少し長く見えるのではないでしょうかね。
垂れ目はマッサージが必要かアイラインをギギギっと上向きに書いて目の錯覚を起こさせるか・・・

あ〜〜〜〜〜〜ちょっと落ち込んだ今回のサンプルでした。
商品は良いですよ。
こってり目のクリームファンデーションですが、フェイスパウダーを載せるとすぐにサラサラしますしね。
汗や水に強いそうなので崩れなくて良いかもしれません。
普段のクレンジングで無事に落ちましたしね。
夜中でも肌はしっとりしてるし。確かにスキンケア効果有る気がする。


DSCF1550.JPG
【メディアワークスブルーム】ブランドコミュニティ

30'UP CLUBファンサイト応援中

マッサージしなきゃ。マッサージクリーム買わなくっちゃ。
30代に見えるぅと言われるようになりたいものだわ。
あ、あと鎖骨も欲しい!!
posted by 日本花子 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 試してドッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。