2011年07月28日

半壊の人

震災当初は、助かった人、助からなかった人に分かれました。

現在は、助かった人の中で、何とかなりそうな人と何ともならない人に分かれてきているように感じます。


避難所に逃げたことで、その後は行政の支援によってなんとか衣食住が保てている人が大半なのでしょうか。
震災後間もなく、避難所ではなく親戚や知人の所に身を寄せたことで、
行政からの連絡が無いことで情報が伝わってこないとか、
情報を得るのが遅くなり充分な支援を受けられなかったり・・だんだん差が出てきているようです。


それでも被災にあった方の大半は、一応の住処もある程度決まった今日この頃。

民間借り上げ住宅が宮城県で2万件以上に昇ったって・・・・
1部屋5万円平均とすると、
5万円×2万戸=1,000,000,000円!!!!

10億!(1,10,100,1000、万って数えちゃったわよ)
毎月県から各大家さんへ家賃が振り込まれるのですね。
これに2年間・・・24カ月をかけると・・・・
240億円!!!!!ひえええ!!!

さらに毎月振込手数料がかかって・・・・・むむむむぅ。
国からの補助もあるでしょうがすごい金額です。

一方では不便な場所の仮設住宅が余っているとか・・・・
福島県、岩手県・・他各県を合わせると・・怖い金額です。




不動産屋もその一旦にかかわる仕事をしたのですが

罹災証明なる物を今回初めて見ました。
各市町村でフォームは違いますが
「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」に分かれていて待遇(?)もそれぞれのようでした。


義捐金って自治体で違うのでしょうか。
全壊、大規模全壊の方はもらっているようでしたが、半壊の方はもらえないと聞きました。
一方で半壊でも結構な金額をもらった所も聞きました。

半壊以下の方はもろもろの待遇を受けれない方が多そうです。
避難所に行けない、借り上げ住宅もだめ、義捐金も出ない。
でも1階は海水につかり生活する上で必要な電化製品は全滅だめ、修繕しないと生活も出来ないのは全壊じゃなくても同じなのですが、やはりどこかで線を引かないといけない難しさはあるのでしょうね。

賃貸物件(平屋の貸家)に入っていた方で、建物は半壊認定されましたが、もちろん家の中の物はすべてぱぁ。とても住める状況ではありません。
そんな感じで大家さんももう住めないから鍵を返してどっか住まいを見つけてと言われたそうで、
県の借り上げを申請したところ、私の自治体の職員に「半壊だからダメ」と言われたそうです。
むむぅ・・・しかもその時の職員さんの虫の居所が悪い時に話をしたのかかなり厳しい口調で言われたそうです。もう泣きそうだったのよ〜〜って言ってました。さらに「あんたなんかね、義捐金ももらえないんだから!!」とまで・・・

花子さん、もう一回聞いてくれる?と言われたので、今度は県に聞いてみました。
その時応対していただいた方は穏やかに優しく教えてもらったのでしたが、
「半壊は仮設住宅の対象者では無い」と言われました。
直せば住める状態が<半壊>だからというのが理由です。
まま、それは分かる。
では、この方の場合はどうなる?
鍵を返してしまってその後大家はどっかの仮設に入ってしまってどこにいるかも分かりゃしない。

半壊でもその貸家を壊してしまったら借りられますがこわしてしまいましたか?・・まだです。
では、修繕の可能性があるので難しいと。
大家さんが壊してしまったらいいですよ。又は壊す予定ということでもいいですよ。

修繕するかもしれないが、鍵を返してくれと言われて返してしまったので契約も終了というか消滅にあたるのでは。それでも駄目?・・・そうなると仮設うんぬんではなく、賃貸借契約の話になって大家さんを相手に話をしなければならないでしょうね。そこでけりがついてからの話になります。と。

むむむぅ、どこにいるか分からない大家を探して、直さないという確認を得てからの話?

なんちゅうグルグルで結論は、<半壊では借りられない>と言われました。

実際このお客さんのような人も結構いるのでしょうね。
この方は、結局は地元の自治体の現状を話してなんとか仮設住宅に入れたようですが。


別なお客さんは、被災にあったけれども借り上げでは無く自費で借りますと言う方。
何故?って聞くと、やはり「半壊認定」だから。
義捐金ももらえず、借り上げもしてもらえず、避難所にも居れず・・いっそのことなら流れて欲しかったって言ってました。


家は流されなかったけれども、会社が流され無くなった方も、転職する予定でこちらに引越してきました。30年以上勤めあげてきた方のようでしたが・・・うまく転職先が見つかるでしょうか。

一方で、ずるをして素敵な部屋に2年ぐらい住んでみるかとか、
この機会に彼と同棲する部屋を(彼は被災者ではない)みつけるかとか(さすがに自治体からはNGが出てたみたい)、
そんな人もいることはいるようです。

我々はもちろんのこと、国も自治体も初めてのこと。
右往左往するけれど、受けれるべく恩恵を受けれない人、支援物資をもらえることを知らなかった人、車で何往復もしないと運べなくらい支援物資をもらった人、いろいろでした。
借り上げの申請も終了しましたのでもうないのですが、
先日、はたと気づきました。


今回の借り上げでずっと空いていたお部屋が決まって久々の満室。
しかも最大2年間は滞納なく賃料が入ってくる大家さんはウホウホ。(2年後は知らんが)

借り上げ住宅の場合、ガスコンロ、カーテン、照明器具は大家さん側で用意することになっているのだが、県からその費用は出るので損はない・・・ていうか準備は我々がやった。
だから、町中のホームセンターはにわかにカーテンや照明器具、コンロが売れまくった。
ホームセンターはウホウホ。
被災者用の割引とかは当然無い。

一方、この不動産屋ときたら・・・
・仲介料は通常の半分。間違って他の不動産屋の部屋に客付けした日には半分の半分
・カーテン、照明器具の準備にホームセンターに通い、部屋に設置し汗だくになってみた
・車を流されたり、高齢の方は足がないので案内のほかに役場まで乗せていったり、バス停のある所まで乗せていったり(田舎なのでバスの便がかなり悪い)
 他の不動産屋さんは、携帯屋まで乗せていったりしたとか

えっと・・不動産屋だけなんか・・・苦労の割には身入りが・・・・


国や、県ももちろん凄い金額を払うわけだが・・・・
増税の前に、高速道路無料化をやめて通常に戻す、子供手当を辞めてみる。国会議員の給料下げてみる、廃止事業をさっさと辞めてみるとか、本当にけずれる所をけずってみたらいいんじゃね?
とつぶやく花子であった。

なんかうまくまとめれないなぁ。文章力がなくて。
事情が複雑だし一概には言えないよね。
気分を害した方ごめんなさい。
posted by 日本花子 at 17:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 会社での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

第85回大曲花火大会に向けて(インターネット抽選)

本日はインターネットの抽選日でした。







当たった!












方〜〜〜〜〜は?






花子  し〜〜〜〜〜ん




久光氏  し〜〜〜〜〜〜ん




ごん太&仲間 し〜〜〜〜〜〜〜ん




ぶっかれ  し〜〜〜〜〜〜〜ん




まじっすか親分  し〜〜〜〜〜〜ん






全滅ですが・・・・・何か?




あ、あと1人連絡待ちだ。




先日の抽選会後、さらに一枡欲しい人が出てきちゃって・・・・・確実に足りません。



全員が、全員がはずれちゃったら・・・・譲って下さい記事を書くかもしれませぬ。
その時はヨロピクです。



ということで、

花子全敗中なり

ジョイフルシティが無くなってからだなぁ運の無さは・・・・ショボ〜〜〜ン
posted by 日本花子 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 大曲花火大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

第85回大曲花火大会に向けて(抽選)

皆様、1年ぶりの話題でございます。

いよいよ花火の季節でございます。
3月の大震災があったことであちらこちらの花火大会が中止になってみたり、
被災地一斉花火大会 Light Up Nippon が企画されていたり・・・・・そんな中予定通り今年も開催決定された大曲花火大会である。

これが中止になれば大仙市自体も大きなダメージを受けるので当然だと思うけれど。


今年は、桟敷席のお値段が上がり、
購入できる席の数が5→3に減り、
抽選会での当選人数が増え・・・・少々の変更がありますね。

ということは、一人が当たっても欲しい枡席全部買えないということで当選者が一人でも多くいなければならないということで、
平日の7月7日、それぞれが頑張って休みを取り5人態勢で向かいました。

高速道路にはそれらしい車もなく、大曲ICも混むことなく会場に向かうことが出来ました。
途中、けんちゃまから「350番」の連絡がありました。
時間からいって、昨年とあまり番号が変わっていないのね。
結構人が出ているのかしら・・・・・・


会場はモリモリしてました。
なんと駐車場が満車で止めれないと。
時間は7時ちょっとすぎ。ひえぇぇ。どこに止めるかでぐるぐる。

やっと駐車スペースを見つけて並びます。

並ぶ直前に、
岩手県宮古市の人発見。
公園時代に知り合った人でした。
『ご無事で何より〜〜〜(涙)』
会社は流され、自宅は1階に水が流れ込んだので2階で暮らしているとか。
仕事は1週間ほどで再開したそうです。
別な場所に残った営業所がありそこでスタートしたそうです。

いやぁ、無事でよかった。
無事という噂は聞いていましたが。
そして、それでもここに来る意気込みは凄いぜ。

で、我々は3人で行ったのですが、
連番で番号をもらうか離れるかということで、ちょと私は離れてもらうことに。

で離れてもらうことにして下がったら、久光氏ともばったり。
お〜〜お元気そうで。
なんとなく、久光さんてしょっちゅう会って気がするんだよね。
そうそう、4月の下旬にも新作花火で出会ったんだった。
震災の復興で忙しいはずなのに来たんだった。

ここに来る人は皆花火が好きなのね。
列に続いていくと、土浦であった山本3号さんとも出会いました。


あとは、けんちゃまだが、その前にトイレ。
長いトイレの列に並んでいたら、けんちゃまが列の方に歩いていきました。


けんちゃまに出会えたのは、受付終了間際でした。
恒例のハグッしてくれました♪
周りの人は、けんちゃまって「デブ専」なのねと思ったことでしょう(笑)


さ、いよいよ抽選です。
私の番号は・・・・「1448番」です。
昨年の休みだった日に比べて人は少ないとはいうものの2000人以上はいたようで。
ほとんどこの辺りの人ではないでしょうか。
仕事前に皆で抽選にと言う方も結構見ました。

しかし、暑い。
だんだん暑くなってきた。
麦わら帽子を持ってきて良かった。

cameraroll-1310545977.739467.jpeg
ちょと木陰で休憩



「では発表します。1番、2番・・・・」
おおお、3回目にして初めて1番の人が当たったんだ。
しかし、1400番台は遠いぞ。なんとか、けんちゃまの350番までは聞きました。
なんとなく前半の当たりが多いような・・・と思いながら・・・・あ〜350番飛んだ(はずれ)・・・ざんね〜〜ん、けんちゃま。


1000番台まで着た辺りで飽きてきた。
と同時に風の便りで当選番号がちと早めに・・・・


なんと、



なんと、




なんと、










は・ず・れ





私って・・つくづく運のない女でございます。
3回ともダメでした。
行く意味あんのかね・・・・ブツブツブツブツ・・・・・





かろうじてぶっかれが当たりました。
彼は、連続当選です。

これだけは運のがある男だ。
でかした。

cameraroll-1310545987.574436.jpeg



しかし、5人行って当たったのはぶっかれのみ。
本当は4枡欲しいのだが3枡しか買えないのだ。
むむむむぅ。

でも皆各枡に2~3人しか座らない予定なので境目なく座れば入るべという話になった。

で、ぶっかれが「俺は会場の中を知っているからこれで買ってこい」と抽選券をもらいました。
はずれた私が並んで初会場へ。


今回は、会場に入った順番に購入する形になりました。
中でも抽選をすれば時間がかかるのでしょう。

前に並んでいたおばちゃん二人、
二人とも初めて並んで当たったわぁ〜〜とおっしゃってました。
いいなぁ。


壇上に上がって購入です。
今回は上流も下流も選べません。
3枡買うブロックと、1〜2枡を買うブロックと、C、P席を買うブロックにしか分かれていません。
どこが来るのか全く分かりません。

cameraroll-1310545995.395756.jpeg


けんちゃまに「情報料3万円」と言われた情報を元に並んだのでした。










無事3枡購入出来ました。










んで、どこ?
見つけれないんだけど・・・・・・・・・・





あ〜あった〜〜〜〜









こんなに後ろでこんなに端〜〜〜?!!!



(・_;)




もうそこは団体席です。
しかも、我々のキャンプサイトから一番遠い。


そこのブロックの一番前ではありましたが・・・・・・・・・・無言。
今年も花火師さんは正面には来ないぞと。





・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり、抽選に当って無い人が購入するとこんなことになるんだぞい。





即、我々も、来れなかった人にもインターネット予約を指令しました。



会場の外は人がまばらです。
時間にして10時頃・・・・「味いちばん」?「味にばん」?でお昼を食べる予定にしてたのにちょと早い。
しかたなく会場を偵察後帰路に向かいました。


先日、大雨で床上浸水したって聞きましたが、
会場の河原にも水が上がったような形跡がありました。
簡易トイレは扉を開けて乾燥していたり、
グランドには消毒剤を撒いていたり。

当日は頼むよ・・・・・
なんとなく今年はそろそろ雨に当たりそうな気がするが、
中止にならなければどんな雨でも行くけどね。

新作花火よりひどくはないだろう・・・・・
あれはひどかった。
地震が起きた直後から目を開けられない位の雨が降り、花火は風にのって我々の後ろで開いて、4月も下旬なのに凍傷になりそうなほどの手のかじかみ・・・・・笑いしか出てこなかったね。
最前列に陣取ってたけれど、クライマックスは立って後ろの方に下がって見たの。
後ろにはほとんど人はいなかったしね(途中で帰った人多数)。それがラッキーで途中で「立ち入り禁止」テープが切れて我々の椅子を直撃していた。



話はそれましたが・・・
そんな抽選会。

即効で、バニスターさん、はまみさん、お京ちゃん、しん吉さんにはずれの報告。
ネット予約で当たったら分けてあげますとバニスターさん、頼むよ~~あとはリフレッシュ休暇ですね^m^


ということで最低限の席は確保したもののネット抽選にかける花子でありました。

その後けんちゃまから電話がありけんちゃまの場所を聞くと、なんと近く=あまり宜しくない場所。
久光さんも全く反対側の後ろの方と散々な感じ。
会場で用意されたのは端のほうばかりなんですかね〜〜
単に我々のくじ運が悪いだけですかね〜〜〜涙


cameraroll-1310546002.049397.jpeg
posted by 日本花子 at 18:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 大曲花火大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ぶっかれと高速自動車道

6月20日より、
東北自動車道を走る「中型車」「大型車」「特大車」が無料化になるニュースを知って、

やっとやっとぶっかれの車も恩恵を受けれる〜〜〜(涙)

だったわけです。
普通に自家用車にしか利用していなくても「ハイエース 1ナンバー」は休日1000円の恩恵を受けることも無くひたすらお金を払ってまいりました。

やっと、やっと、やっと、2カ月だけど特別待遇を受けられる〜〜〜〜

と思ったら、なんと「被災証明」があれば1年間は無料で走れる特典が出てきちゃったではあ〜りませんか。
結果、停電になっただけで被災証明がもらえて皆無料で走れるんですよ。(市町村で違うけれど)
おかげで料金所は混雑です。

無料になった分はもちろんNEXCOは国から補填してもらえる訳ですが、どうなの?と疑問を投げかける。そこに税金投入するなら被災地にピンポイントでと思うのです。お金が湧きでてくる訳ではないのだから。

「被災証明」ではなくて「罹災証明」を出せば無料の方が良いのでは?
沿岸までは高速道路を使用して行けないのだから(八戸道、仙台 三陸道くらいよね)特にやる必要はないのではないかと思うのが正直なところ。
じゃなければ東北人全員無料にとか・・・
だって被災証明は、市町村単位なので停電で出るところもあれば出ないところもあるという不公平感もある。

そんな中途半端なのであれば、
当初の災害支援目的の「中型、大型、特大」無料と、罹災証明所有者にするだけで充分な気がします。


なんてえらそうなことを書きましたが、結局、ぶっかれの車が特別待遇受けるはずが皆一緒になっちゃったということ、そしてもらえるならもらいましょうと我々も被災証明をゲットしたということ。

ニュースでもインタビューされていた人が言っていた複雑な気持ちと同じなのである。



posted by 日本花子 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ままごとしたくなった。

自分の為に。
欲しいな。





posted by 日本花子 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

無添加石鹸『大阪セシボン』

これは、モニタープラザのお試し商品感想文です。


いかにも無添加、手作りという味も素っ気もないタイプの石鹸です。(丁度良い言葉が見当たりませんでした)

<合成界面活性剤、防腐剤などの品質安定剤、鉱物油、アルコール、香料、着色料は一切使用していません。>


cameraroll-1309728920.607344.jpg

そうそう、そんな感じがビンビンと伝わる石鹸です。
「大阪セシボン」という名前は昭和チック。


美容液のような生石鹸。
生って、生って?・・・普通の石鹸は熱を通すのか分かりませんが、1カ月もかけてじっくり低温で固めるそうで。
だから「溶けやすいので注意」なんですね。


使い心地は、無添加の割にはクリーミーな泡が簡単に作れます。
泡立てネットはもちろん簡単なのですが泡立てネットがなくても充分にクリーミーな泡立てが出来ました。
泡も結構しっかりしているので泡で洗える感じは満足です。
洗い上がりは、さすがに何もつけなくても大丈夫とまではいきませんでしたが、
さっぱり落ちる割にはその後の肌はしっとりしています。
気付くと肌が少々柔らかくなったような。

なんか、なんか劇的にこうなった!と言う感じではないのだけれど、
気付いたらとぅるっとぅるっ?!という感じの石鹸です。

無添加にこだわったお店ファンサイト応援中

大阪セシボン
posted by 日本花子 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 試してドッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

急に言われても・・・・

と言う言葉にカチンと来た花子です。



数週間前のことですが、とある管理会社のアパートに申込が入り4週間後の入居という部屋でした。
その部屋は数少ないオール電化の部屋なのですが、
入居当日からお湯を使うためには、前日から水と電気を開始して深夜電力で準備をしていなければなりません。

こちらは念のため前々日からの開始をしておりました。

オール電化のことを知っている役場もかなり早めに通水しに行ったようです。
それは入居の1週間前のこと。
で、役場からの電話。
「通水したらどこかから水漏れがあるようなので止めました。修繕したら連絡下さい」と。

温水器に水が流れ込んでのメータークルクルなのかは分かりませんので、
管理会社に丸投げしました(←当然よね)
で管理会社から役場に電話してくれとも伝えました。

その3日後、またまた役場から「直っていなようですがどうですか?」と。
どうですかと言われても丸投げ後は管理会社からなんの連絡も無いし、
またまた管理会社に電話。

動いているような動いていないような反応。
とにかく役場に進捗状況を電話して欲しいと電話。

入居前日です。
相変わらず管理会社からはうちに全く電話来ません。
直っていれば別に無くてもかまいませんがね(若干ひねくれ気味)

またまた役場から「どうなりましたか?」と。

はぁ?!ヤツはまだなんの連絡もしていないのか。
役場なので明日(土曜日)は休みだぜ。だから役場も若干あせって電話してきているのだろうに、
管理会社は何を考えているのか。

また電話「役場に電話してないんですか。今日通水しないと明日お湯が使えないですよね。明日役場は休みですから、今日通水出来ないと水も使えませんが」

「そりゃぁ困るな。明日開栓してもらえないかね」
はあ?こちらに言われても困りますが。
仲介業者とはいえ、役場と管理会社の仲介じゃないっつうの。
自分で電話しろと。
ということで話しました。


午後になっても何の連絡がないので、とぅるっとぅるっ部長が何故か役場の方に問い合わせをしたところ、
<明日の朝にメーカーに立ち会ってもらって点検しその時に(しぶしぶ)開栓することになった>
と返事をもらったようです。

その話を聞いて、はぁ?!じゃあお湯は?日中の高い電力を使うのかい?間に合えばまず良いけれど。と言ったら「わがんね」・・・・聞いた私がばかでした。


管理会社に電話です。
すると役場の人が言ったような話をしてきました。
「それで、当日お湯が使えるようになるんですね」

「それは分かんない」

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

ぶぁかぁ!!!!


なんの為の管理会社なんだい。
安くも無い管理料もらっていてからに。
何事も無く部屋に入ってもらうために子会社に頼んで入居前点検位してるんじゃなかったのかね、お宅は。



入居当日のお昼頃、管理会社から電話が来て、
「メーカーに来てもらって無事通水しましたから。今お湯を焚きあげています」と。
「じゃあ、入居者さんはお湯が使えるんですね」
「いや、今日は使えません入居者さんにそう伝えて下さい」

まあ、良くもその口が平気で言えるもんだ。
お前が入居者に謝れよ。と思った。
うちが悪者になるだけじゃないかい。
ぷんぷんしながらも、入居者さんに平謝りをした(私じゃないが)

あ〜胸クソ悪!(言葉が悪うございました)


で翌日、入居者さんからお湯は出たが、台所と浴室のお湯の出が悪いとの電話。洗面所はOK。

それを管理会社に伝えると、

「まったく問題物件だなぁ

はぁ?
それをこっちに言うわけ?
事前に点検してないから悪いんでしょうに。
空室時期が出てくる上に寒冷地のこちらでリスクを承知で建てさせたオール電化アパートなんだから、普通以上に気をかけなければならない物件でしょうが。

カチンと来ましたんで
「問題って、不具合のことは以前から言ってましたよね。」

「言ってたって言われても急に言われてもこの時期だし・・・」

「この時期ってどんな時期よ。震災?確かに業者は忙しと思うけどこちらは1週間前から言ってるでしょうに。こちらに何か非でも?その後だって何回か電話してますけど!!!!!!」

「・・・・・・・・」

結局、謝りの一言も無くうやむやに。
「これから何かあったら入居者さんから管理会社に直接電話してくれるように伝えてもらってもいいかな」
と逃げるように電話を切りました。あの野郎。


私が思うに、自分たちがノラリクラリしてただけだと思うのですよ。
メーカーさんって基本土日は動きませんでしょ。
前日のこちらからの電話で、はっとして無理やり来てもらったような気がしますけど。

確かに震災でいろんな業者さんは忙しいですが、1週間前に言っているし、入居することだって1カ月前には分かっていることだし、ある程度の余裕もって依頼が出来るし、ジャブ程度にお知らせ出来るでしょうが。
少なくともうちはそうしてますけどね。


ほんと、ムカツク。

以前、その管理会社の物件で、
冬場に水道の水抜きをしていなくて水道管破裂して1階の天井が落ちた部屋があった。
そこの話をしていたら、
「役場が水を止めなかったから破裂した。リフォームした後も止まっていなかったからまた凍った。だから怒鳴りつけてやった」
と言ってのけました。

「いやいやそれは役場は悪くないでしょう。アパートの止水栓はめったに止めないよ(止めることもあるが・・)。っていうか直した設備屋さんが水抜きしてないのが非常識だし、現場監督というか責任者が点検しないわけ?怒る先が違うでしょうが」
と言ったことがあります。

そんなとんちんかん大手会社であります。

そんなあの野郎、やっとこさっとこ転勤していきました。
もちろん挨拶なんて無いですよ。
次にはまともな人が来るでしょうか。
この会社で仕事が出来る!と言う人を見たことがありませんが。
出来なくても良い。普通にこなして欲しいだけである。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。