2011年08月20日

第9回 男鹿日本海花火

あっちいですね。皆様。


暑い中でもやはり楽しみにしている花火に今年も挑戦。
男鹿の花火です。

昨年は、大雨で延期になり行けませんでしたが今年は大丈夫そうです。

高速道路はどこもかしこも大渋滞のようですが、
秋田道はどこもかしこもすいすいです。
秋田県人さんは被災証明の交付が無いことが影響しているからでしょうか。
(でも、大曲の日には八戸、岩手、宮城、秋田、福島、太平洋側の関東、中型車の方々が太虚してくるでしょうから混むと思いますよ〜)

2時前には現地到着。
途中でお昼を食べようとしたのですが、どこもかしこも大混雑です。
現地の屋台で済ませることにしました。

しかし、暑い。熱い。あちぃ。
溶けそうである。
男鹿のほうに行くと、沿岸だけあって風がありなんとかなんと生き伸びそうです。

今年は、自由席の場所を取ってからあまりの暑さに屋台でもろもろ購入後に車に避難です。
恒例の伝書ダッシュを見ずに終わりました。
9キロ痩せた伝書さんの軽やかなダッシュを見たかったんですけどね・・・・「めざせぶっかれの腹」ということで歩いたんですって。さすが〜〜

DSCF2405.JPG
トップゴールにご満悦の伝書さん(オレンジ)


(男の人ってやる!ってなったら黙々とやるからそうやって結果を出せるのね。)


忘れ物や、ふたりの行き違いで駐車場と会場の往復を4回した後はヘロヘロでございます。
汗だくは当然、ビーチサンダルに小石が埋まり穴が開いてしまい歩きづらいったらありゃしない。
通常無運動の私、後日若干筋肉痛でございます。


しかし、風があると30℃超えでもしのげるものです。

DSCF5538.JPG
この光景に和む。


夕方になり、人も増えはじめました。
我々は立ち入り禁止区域のギリギリに陣取っておりましたが、後から来る方も前線でみたいのか次々とやってきます。
「立ち入り禁止」とか、バリケードの意味が分からないんですかね・・・・・
警備員もここの担当の方が引っ込み思案なのか見て見ぬふりというか、気付かないふりというか・・・
やだなぁと思っておりましたが、
そんな中、一歩でも禁止区域内に入ると注意をしてくれる頼もしい人が現れました。

DSCF5540.JPG
北日本花火興業さん。


DSCF5545.JPG cameraroll-1313412825.536630.jpeg
左側は5代目になる人ではないかと・・・右は3代目?ちょと不明。
一歩たりとも侵入をゆるしません。
そうですそうです。当たり前です。
「自分位」とか「ちょっとだけなら」と言う人もいましたが許しませんでした。
そうだそうだ!

しかし、バリケードの意味とか見て分からないものかね。
きっとこんな人が、地震後逃げないとか、防波堤に見に行くとか、いざ逃げる時は人を押しのけてというタイプなんだろうな。


DSCF5543.JPGDSCF5544.JPG
ちょっと変わった雲を見ながら地震雲?なんて思いをはせながら(最近雲を見るのがマイブーム)
日が暮れてくるのを待ちます。

デジカメを購入して2年目の夏。
花火モードがあることを男鹿の待ち時間で知った私。
いっちょ素敵な物を!と思ったのですがほぼ動画で撮影しましたのでだめね。
大玉がいつ上がるのか分からないから・・・
大曲なら撮りやすいかもしれません。

DSCF5559.JPG
うひゃひゃひゃひゃっ
扇形に開いた花火なの(一応)。


いよいよ始まります。
今回のサブタイトルは、「Pray for Japan」
今回の震災がらみです。

同タイトルの書籍が出ているようで。
私はTwitterでリアルタイムで読んでいたものなのでみんな知っていましたが、
それをもとに構成を考えたようです。


当初のまとめられたツイートはここ
日本すげぇぇぇぇぇ
当時は何回もここを読んで涙した私。



ところで、男鹿の花火はお祭りと言う感じが好きです。
ナレーションがステキ・・・チャーリーホイさん。今年は声が枯れちゃったけれど、毎年素敵な進行をしてくれると思います。

企業や、市民の方、ボランティアで行われているということでこれだけ素敵な花火を続けるためにも募金は最重要事項だと思います。
今年は、自由席も入場料500円を、駐車場は2、000円をお支払いしましたが私は良いと思います。
会場には入らないけれど屋台で買い物をしたいという方が500円を支払うこといブーブー言っているのを見かけましたが・・・私は維持のために、無駄に使用していないなら賛成です。
今年は、集まった募金の半分は被災地へ募金すると言ってました。


あちらこちらでアップされているとは思いますが一応私も。

最後3つの花火です。素敵なナレーションも聞いて下され。
我々の感嘆もちらりと。









つづいて、ぶっかれがこっそり買い替えたスマフォの3Dバージョンで撮影した動画。
パショコンではどうなの?と思ったら・・・・専用メガネが無いと見れないようね。
ただ倍に見れるのでお得かな(笑)
スマフォで再生すると3Dすげぇ!!!
花火の奥行きもあるけれど、周りの風景の奥行きが凄い。
下の方に映る小屋の辺りの3Dさに一人萌えた。
え〜見たいと言う方は、大曲でぶっかれに声をかけて下され。(ぶっかれが分かった方はね^m^)
お見せしましょう!(勝手に)
この動画の下に映っているのはてっぺんにちょんまげした女の子です。
すごくかわいい子でした。飽きることなく最後まで堪能していました。
長い時間待っている間もおりこうさんでした。(立ち入り禁止に入ろうとしている大人に爪の垢でも煎じて飲ませたいものだわ)

ということで、専用メガネを持っている方もいるかもしれないのでUpします。








いい、花火でした。
うんうん、来年もだね。


しか〜し、戦いはこれからである。
帰りの渋滞である。
車中泊までは考えていなかったが仮眠ぐらいはしてゆっくり旅立つ予定にしていた。

花火の終了が9時。
ゆっくり会場を出て、駐車場に着くも車は微動だにしていない。
予定通り仮眠をする。

11時頃にはかなり車がはけた。
駐車場内の車はほとんどいなくなった。
次はさらに奥の駐車場から車が出ていく。
その車がはけ、道路も見えなくなったあたりで我々も移動。
一緒に見たごん太ファミリーはキャンプ場で宿泊。
来たのも遅かったので、駐車場もメイン道路より少し離れていたので動けたみたい。
それでも、30分位で来た道のりが帰りは1時間ちょっとはかかったのかな。


道路はやはりまだ渋滞していた。
止まって動かないということはさすがに無いが、やはりかなりダラダラ。
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ひらめき
一昨年の男鹿の記事でコメントいただいた時に裏道を教えてもらったのよね。
Harry@Oga さんに

急いで検索して無事裏道を。
途中から見えるバイパスは空いてました・・・・あれ?
ま、イライラせずに走れるのは心理的に良いものです。
ありがとうございます。

仮眠したとはいえ、このまま家に帰れないことはないけれど休んだ方がいいよね。
ということで秋田道のSAで爆睡してから翌朝帰路につきました。

大曲は近いけれど、やはり我が家から男鹿は遠い。
帰りの渋滞もけっこう大変だけれど、

それでもすばらしいぜOGA!!!


cameraroll-1313412774.577087.jpg
勝負服で参加なり。何に勝負かはおいといて。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 大曲花火大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。