2012年07月28日

第86回大曲花火大会にむけて(工作)

※ぶっかれよりクレームが入りましたので一部訂正(笑)

仕事のストレスでお腹の調子が悪い花子です。
何故にこうも上手く進まないのでしょうね。


家に帰って花火のことをあれこれ考えるのが唯一の安らぎです


毎年毎年年中反省会をしているのでこれ以上反省するのは自分ののみというくらいなのですが、出てきますね。

歳をとるとともに、楽出来る方法を考えちゃいます。

まず今年は、

花火と言えばジンギスカンがここ数年の我が家のマイブームなのですが、野宿組としてはお食事も重要な項目なわけで。
唯一朝から晩まで飲み続けれる年に一度の貴重な日でもあるわけです(笑)
しかもアウトドアなるものはここ数年大曲の時だけという悲しい中年。
(あ、ぶっかれは年に一度くらい車中泊してるかな。家の駐車場でwww)


お酒のお伴は結構重要で
作らずに呑み続けるか、作りながら呑めて、後片付けが簡単なメニュー

になってきています。
以前は焼きそば作ったり、カレー作ったりしましたが、
今はもっぱら焼くだけ。カレーもご飯焚くけどカレーはインスタント。昨年はざるそば。
焼き肉の野菜も切って行くのでは無く、切れている野菜いため用の野菜を買って行くだけ。

そんな、アウトドアでも路売りの腕を発揮しない花子でございます。

それで話は戻りますが、ジンギスカン。
今までは七輪で焼いておりました。

マルカ ザ シチリン

マルカ ザ シチリン
価格:2,480円(税込、送料別)



今年は何故かぶっかれちゃん、専用のバケツで焼きたいとのことここクレーム。
我が家のザシチリンは昨年お片付けの時に穴が開いていたことが判明。使い倒したということで今年はより簡単で(固形燃料使用)ジンギスカンに特化したバケツを購入したんだって。
(俺はわがままな浪費家ではない!だって(笑))




専用バケツとは、


これ。

岩手県の遠野市では当たり前のバケツらしいです。
こちらでもこのバケツはホームセンターで安く売っているのでそれを購入しました。

が、しかし、
我々が持っている南部鉄器(←こここだわり)のジンギスカン鍋のサイズが微妙にバケツに合わない。
ジンギスカン鍋とセットでも売っているのでそれを購入すれば早いのですが、そうすると南部鉄器のジンギスカン鍋を使用する機会が無くなるとうことでこのたび工作をすることにしました。(前置き長し)


2012-07-16 14.12.06.jpg
鍋がバケツの径に対してちょと小さいんですね。
脇の取っ手部分しか引っかからずちょっと不安定なんです。
そこで、バケツの径よりちょっと小さい網を購入にはめてみた・・・・・


2012-07-16 14.12.15.jpg
小さいかと思ったらほとんど同じで上に乗っかるだけ・・・・・失敗です。
この網はもうお役御免です。(でも何かに使えるかもとまだ捨ててない)


結局、バケツの上から1p位の所に穴をあけて棒を通しました。

2012-07-16 15.01.31.jpg 2012-07-16 15.17.15.jpg




はい、出来上がり。上手く固定出来ました。
2012-07-16 15.18.07.jpg



これで、南部鉄器のジンギスカン鍋もまだまだ活躍出来ます。
中には専用の固形燃料を入れて火をおこすそうです。2012-07-16 14.12.22.jpg



これで完璧完璧。
さてしまいますかと振りかえると






2012-07-16 16.45.27.jpg

ぶっかれさん!!!
畳の上で火をつけているではないですか。
しこたま私に怒られたのは言うまでも無い。



最初からセットのもあるよ。
専門店のジンギスカンバケツセット

専門店のジンギスカンバケツセット
価格:5,350円(税込、送料別)

 







posted by 日本花子 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大曲花火大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。