2009年09月21日

うかれぽん子東京に行く(コンサート編)

9月15日

九段下駅に降り立つと、そこはIL DIVOのコンサートに行くであろう人が満載しておりました。

この流れに乗れば迷う事はないよね。

人の流れに沿って行きます。
時間は6時20分。

駆け足で行く人もいます。

階段も、エスカレータも、駅のトイレに列する人も皆、うかれマダ〜ムです。(((o(^。^")o)))ワクワク

その列は、一直線に武道館へ。

大きな門を抜けていくんですね。皇居の一部?(By地図)


出たあ 「武道館」

キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


入場する前に、パンフレットを購入。

Image617.jpg




そして、パチリ。

Image619.jpg Image620-1.jpg


この中に彼らはいるんだああああああああああ!

m(;∇;)m うれしすぎるっ


思わず汗が出てきますあせあせ(飛び散る汗)



軽くチケット紛失しながらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

入場口に向かいます。


我々は、2階スタンドですので、正面の階段から上がっていきます。


開始まであと20分。

座席に着く前に「トイレ」
トイレ前も長蛇の列です。なんだかんだで全て終ったのが5分前あせあせ(飛び散る汗)


唯一顔の判るま〜ふぁさんを探すどころか、自分の席も探さなければなりませんが、数多くいたスタッフ〜のお陰ですぐに場所がわかりました。


な、なんと一番前でした!!!!!


おぉぉぉぉ。前回の席に比べると月とスッポンです。
肉眼でも見えるよん!!!!!!


ステージは若干遠いものの、アリ〜ナ席のまん中に花道があり、そこのまん前まで来ると凄く近いです。(高さはありますが)


一応双眼鏡でピントをあわせます。

2階からアリ〜ナ席を覗きます。
前方の方に、B-2席と書いているところがありましたが、花道の先端のすぐ脇で、しかも2席だけぽかっと存在しております。

あの席、最高だねぇ。

なんて言っている間に、


ジャジャジャ〜ンるんるんるんるん(では無いが)、
始まりました。


きゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


ヾ(*´∀`*)ノ゛ヾ(*´∀`*)ノ゛ヾ(*´∀`*)ノ゛ヾ(*´∀`*)ノ゛





il divo.jpg

左からセブさん、カルロスさん、ディビッドさん、ウルスさん。





sebu.jpg
セブさん相変わらず恰好よいですぅぅハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
そのセクスィ〜な声、たまらんです。

目の前にいる彼らは本物なのでしょうか。
本物のようで、映像を見ているような・・・・
でも、声のボリュ〜ムは最大です。

なんていったら良いのかわかりませんが、アドレナリン噴出です。



上から目線で申し訳ないのですが、前回よりも上手いですぅ。
セブさんの声量が増した気がします。

そして、4人のハーモニィのバランスが格段と良くなった気がします。
前回は声量というか声の個性で、カルロスさんとディビットさんが突出していたところがいっぱいあったのですが、今回は、バランスを考えて上手く混ぜ合わさった他に、<ここはカルロスさんよ!>というところでバ〜ン!とカルロスさんが出てきたし、ウルスさんも前回より表に出てきたような。ディビッドさんの高音は安心した高音だし。
言う事ありません!

あ〜心地よいわぁぁぁぁ。


心地よすぎて眠くなってきた・・・・・などと暴言を吐くヤツどんっ(衝撃)もいましたが(=妹)





The Promise

The Promise

  • アーティスト: Robert White [bagpipes],Steve Pearce,Tomaso Albinoni,Benny Andersson,Charles Aznavour,Leonard Cohen,Jorgen Elofsson,Peter / Johnson, William / Nash, Philip / O'Toole, Gill,Ennio Morricone,Andreas / Larossi, Josef / Gordeno, Peter / Alc Romdhane,Andreas / Larossi, Josef / Hawid, Kinnda / Mari Romdhane,Andreas / Larossi, Josef / Reid, John / Manzane Romdhane,Spiritual Traditional,Tomás Brauner,Chris Laws,John Parricelli,Czech National Symphony Orchestra,Steve Mac,Frank Ricotti
  • 出版社/メーカー: Syco Music
  • 発売日: 2008/11/11
  • メディア: CD



このアルバムに入っている曲は落ち着いた曲が多く若干重い感じがしていたのですが、なんのなんの、本物の歌声は全然でした。
ステキ(ハート)




しかし、暑っつあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
汗かきの私は常にハンカチでしたが、徐々にお隣のマダ〜ムも妹の隣のマダ〜ムもハンカチを出し始めました。
隣との密着度も高く、キヤァァァァァとなるからでしょうか、
武道館温度上がりまくりのような気がします。


そして、コンサートの中休み。20分ほどの休憩が挟まれました。

外に出ると心地よい風が。
席に戻るとというか階段を降りるほどに気温が上がっていくのが判ります。
すり鉢状の下の方に熱気がこもっているようです。


後半に彼らが出てきたら、「アッツイデスネ〜」って言ってましたから、暑いのでしょう。程なく冷房がガンガン入りました。



今回の目標である、<セブさんと目が合う>目的は・・・・・・・
残念でした。
彼らはなかなか2階の方は見てくれません。
ライトが我々に当たった時にハンカチを振るものの、右手に双眼鏡、左手でブンブン振ると双眼鏡がぶれてしまい全然視界が定まりませんたらーっ(汗)

双眼鏡をはずすと、やはり肉眼では視線があっているのかどうかもわかりません。
でも、ディビッドさんと、カルロスさんとは目が合いましたの(キッパリ)

次はもっと近くに寄れるのかしら・・・・・
私にも何か強力なコネがないのかしら。

例えば、
「田舎に泊まろう」でふらっと来た芸能人を泊めてあげて凄く優しくした事でその後のお付き合いが始まり、「IL DIVOのコンサ〜ト?ならボクが(私が)取って上げるよ。どの辺りがいい?」なんて(激しく妄想中)


後半が進み、あぁ〜そろそろ終わりとなってくると余計ウルウルしてきます。私は今日の1回限り。
次はいつお会いできるのかしら・・・・・・


アンコールは、これまたカッコイイ燕尾服。
ステキです。



アチラコチラのブログやサイトを見ると、私が行った東京二日目は一番お客さんが大人しかったそうです。
一緒に踊る人、スタンディングオベーションの数も少なかったようです。
そういわれると悲しいモノがあるけれど、大人しい控えめな東北人これがせいいっぱい。私は充分満足できました。


そうそう、(2階だけれど)一番前の席は良かったです。
難点と言えば、手摺が視界を邪魔するのです。
手摺の上に顔を出すか、前かがみになり肘を付け手摺の下から見るか・・・それ位かな。両隣のマダ〜ムも肘をついていました。

花火の桟敷でも最前列は単管が視界をさえぎりますがあれと同じね。
でも自由に前かがみになれるし、前に人がいないのは最高でした。
これが、1階スタンドだったら、目も合うし、双眼鏡がなくても見えるのでしょうね。

でも、アリ〜ナ席のB2が最高だわ。

私の真下の方のアリ〜ナ席に4席程ポカ〜ンと空いていた席がありました。あんな席が取れているくせに来ないなんて!!!!どんっ(衝撃)
きっと、行けたら行くわ的な芸能人なんでしょうね。
2階のスタンド席は上の上までびっしりだっていうのにパンチ

叶姉妹の席だったのかしら


とにもかくにも9時40分までの宴はあっという間に終わってしまいました。
皆さん足早に帰って行きます。
微妙に終電が絡んでいる方も多くいるのでしょうね。
私は呑気ですが、妹も戸塚まで帰らなければなりませんので余韻を惜しむ間もなくせかされるまま会場を後にしました。


武道館を出たところはマダ〜ムがてんこ盛り。
大曲会場のようだわ。
しかもマダ〜ムばかり。
平均年齢はどれくらいかね〜。55歳くらい?
かなりの御高齢の方もけっこういらっしゃいます。

彼らは、私よりも年下でございます。全員。(見えませんが全員)
子供より若い彼らにハマるなんてステキですね。
少ないですが、ご夫婦連れもいらっしゃいました。
IL DIVOをご夫婦で見にいらっしゃる方は甘〜いお二人が多いようで、手を繋がれて歩いている比率が多ございました。
大曲ではまず見ないね。



妹とは、途中の駅であっさりと分かれました。
またね〜って感じ。

ここからは1人で帰ります。って行っても乗り換えも何にも無いのですが。
新橋駅に着きました。地下鉄だったのでJR駅のSL広場に向かいます。
それも無事到着。
あとはこの道を真っ直ぐね。


・・・・

・・・・

・・・・

あれ、こんな道だったっけ?道幅狭くね?

迷いました。
広いまん前の道路を突き進むだけだったのですが、その最初の道選びで私はアーケードがある横丁みたいな所を突き進んだのでしたあせあせ(飛び散る汗)

途中で曲がり、公園にある地図で確認。
交番のそばだったわ。
交番交番・・・あった。もっとそっちね。・・・・でも駅からの角度的に違うような。
ほかに交番は無いの?

ありましたありました。
やはりどんどん来るべき道からはずれておりました。

ここで軌道修正をし、予定の倍以上かかりながらホテルに戻りました。


ふぅ。
体中は汗でベタベタ。1日であせものような物が出ていましたあせあせ(飛び散る汗)
このじっとり汗を掻く状態があせもが出やすいのよね。




このたび購入致しましたパンフレットでございますが、
しっかり、ぎっちり脇に挟んで持って歩いたせいで、

DSCF0940.JPG

若干ふやけてしまい&私の皮脂がべったりついておりましたあせあせ(飛び散る汗)






シャワーを浴び、足裏樹液シートを貼り、ビールを片手に余韻に浸りながら夜が更け、いつの間にか寝ておりました。

ステキだったわ。IL DIVO。
次もまた必ず来ますから。



翌朝、めざましテレビでやるかと思ったのですが一向に触れていない気がします。何故?今回はスルーなの?スタジオにまで呼んでおきながら。<アサハヤイノハイヤデス>って言われた?でも生出演じゃなくても取り上げて欲しいわ。

その後の「とくダネ」では、オープニングに、小倉さんと、高木美緒さんが機能行ったことを話しておりました。


ほかに行った芸能人は、

クリス松村さん


リンクさせていただいている方はすごいでっせぇ。

ま〜ふあさん!セブさんとくっついてますがな!!

まなみさん!私も次は1階の最前列で!


あ〜うらやますぃ。
posted by 日本花子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | IL DIVO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。