2010年05月19日

ピンコもたじたじ

先月いきなり電話をいただいた大家さんのことなんですけどね・・・・



もう、ぐったり



il||li_| ̄|○ …_| ̄|(:;.:..._| ̄!:. ::;......._i:..... i




何って・・・・・


何を話しているのかわからないということ。







遠くに住んでいらっしゃる貧子さん、

この町に貸家をお持ちなんだそうです。

ちょっと前にこちらに来た時にうちの看板を見つけ電話番号を書きとめて電話してきたそうで。




この方・・・・なかなかです。

一番最初のお電話・・・・空いている部屋がある。仲介してもらえるかしら・・・・という内容なのですが、なんだかんだで電話を切ったのが1時間後。



一度貸家を拝見して値段を出しますと返事をして、再度ご連絡。
その時も1時間。ふう・・・


リフォームをしたいと思うので、こことここの見積もりを出してくれるかしらという内容の電話で40分。ふうぅぅぅぅぅぅ。



もう、面倒くさい。
電話するの面倒くさい。


給湯機を含む水回りだったので、そこに供給しているガス屋さんと打ち合わせしたところ・・・・
ガス屋さんから、「あそこの大家さんって・・・誰ですか?」

私は、何にも知らないので「貧子さんでしょう?」

と返事をすると、ガス屋さん、何十年もここで供給しているのでよくよく話を聞いてみると、
つい最近までの大家さんは「貧子ママ」だったそうで。
これがかなりのつわものとか。



・・・・・・そういえば、何年も前にここの大家はかなり変わっていると聞いたことがあったような。


その貧子ママが今回も絡んでいるのか、当然絡んでいるんでしょう?みたいな感じでした。

私が長々電話した経緯では、貧子ママがここ最近認知が入ってきたので、もともと自分の名義だし自分が大家をやることになったって聞いたけど?


・・・それならいいですけれど。と煮え切らない感じ。



ここのガス屋さんに見積もりを頼む予定と話を貧子さんに話すと、
ガス担当者も1時間〜2時間のお電話攻撃のもよう。

お互いぐったり。( ̄Д)=3




ちなみに、ここの貸家は2棟あるのですが、
一つは入居中。
そこに入居の方、えらく高い賃料で入っていたようでして、
貧子さんが家主をするにあたって相場まで下げようと思っているらしいのです。
それで<新しい契約書を作ってもらえる?>

うえぇぇぇ、なんで?
2回目の時に、管理はしないって言ったじゃない!
空室を埋めるお手伝いはするって言ったけど・・・・断ったっじゃん。

分かったと言いながら次には、
「入居者の玉夫さんに、家賃を下げるので新たに契約書を交わして欲しいといいました。そうして、近々バブリー不動産の花子さんって言う人から連絡が行きますからと伝えました


はぁ?!

(-。-)バッカ (−o−)バッカ ( ̄ ̄ ̄ ゚̄□ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ) ブァ〜〜カ!!!

ぜっんぜ〜ん人の話を聞いていないんだから!!




しぶしぶ、行ってきましたよ。

普通の人で良かったぁ(∩.∩)

っていうか逆に入居者さんに、「よく管理引き受けましたねぇ、あの大家さんの」
と言われました。



入居者さんにも、何回か電話が来ているようで、

「俺は、あの人の話はち〜っとも何をいっているのか分かんね。話は無駄に長いしよ」

奥様も全然分からないのですぐに旦那さんにふってしまうそうです。


やっぱり。
ちなみに「貧子ママ」の話も聞きましたが、
そりゃぁものすごいらしいです。
お金にはかなり厳しく、家賃の値上もバンバンしてくるそうで、
壊れた備品は直してくれやしない。

「こんなとこに入っているのは俺らみたいに変わっているやつだけだよ。はははは」みたいな。
確かにそんな大家さんのもとで良く入っているよね。



見積もりも2,3回出させられたので、一度こっちにいらしてその場で決めましょう。
リフォームの予算もはっきり言われないので、はっきり教えて下さい。
と言ったところ・・・・・・・


「私は、普通のサラリーマンの妻です。パートや内職しながらなんとか子供も育て上げましたが裕福ではないのです。(花:だから?)貧子ママが私にお金があるとあちらこちらで言ったようですが(花:そんなの知ったこっちゃないし、知らない)、お金はありません。(花:んで?)今も、しばらく家の中におりましたがやりたいことがありまして、短い時間ですがそちらの仕事も声がかかるようになってきたんですね(花:だぁかぁらぁ!)・・・・・・と言うわけで、良い人が入ってくれるのでしたら、または長く住んでいただけそうならリフォームしてもいいかなぁって思うのですのよ。あ、でも入ろうと思う方がいらっしゃって、ここを直して欲しいと言うのでしたら良いかしらとも思ったらり・・・・私、素人ですので何も分からないのですが、素人大家としてもやらなければならないことはやらなければならないと思うのです。でもですね、私は、普通のサラリーマンの妻です。(以下繰り返し)」


相槌も何も打ちたくなくなるくらい堂々巡り。

結果なし。



私は、「現状貸し、リフォーム予定もナシ」と勝手に決めました。

あてにしないことに。
早くお客さんを決めてしまった方が楽なのか、
いっそ仲介を断った方が良いのかもんもんとしてました。


自分の話は、延々とそこまで聞かなくても良いところまで話すくせにこちらの話は聞いてくれないしね。


で、お金が無いと言うのに、玉夫さんには高くいただいた分さかのぼって今回下げた差額分の1年分をお返ししようと思うの。


はあ、返したければどうぞ。
でも、それよりそのお金で今の方のお部屋の水回りをグレードアップしていた方が玉夫さんもより長く住むのではないでしょうかね。と言いましたが、

「私、素人で知らないことも多いのですが、玉夫さんには貧子ママもご迷惑をおかけしていると思うので返したいと思うのです。お金のことはきちっとしたいし。私もお金がないので分かるのですが、玉夫さんの奥さまも喜ぶと思うのよね。で、返金口座を聞いていただけるかしら」

自分で聞いてよ。
玉夫さん曰く、返さなくてもいいから、今の設備を良くしてもらえればね〜だそうです。  ほらね。




ぐったりしている昨今、

おととい、なんとあのピンコ不動産のピンコさんからご相談のお電話が。

<忙しい所ごめんなさいね。ちょっと相談していい?(花:恐れ多くてちょっとのけぞる)あの、貧子さんって言ったかしら・・・あの人何者?>

うぇえ、ピン子さんの所にも電話が行ったんですかぁ!!
.....Σヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!

<そうなの、ここ3日間毎日。
それでさ、何を言っているのか分からないのね。長く話をする割にはぜんぜ〜ん言ってることが分からないのよ。
で、なんとなく分かったのは、空いている貸家があるので見てくれということと、鍵はバブリー不動産の花子さんとこにあるっていうことなんだけど。私、どうしたら良い?見に行けばいいのかしら。>

<長々と1時間も話をされちゃってね、話の内容は全然分からないし、他の仕事をしながら聞いているんだけれど、疲れちゃって>

中を見たければどうぞ。面倒くさければ一応うちのHPに、シブシブ載せましたのでその写真で判断して下さってもいいのでは?
あとですね、長くなりそうでしたら『予約のお客様が来た』と言って切ればいいですよ。
私1回それやりました。大した話ではないですから。
(その時は最短記録の通話18分!)


<(笑)そうね。その程度で良いわよね。それに、貧子ママって言う人知ってる?>

私は、一度も会ったことないですけど、先日1回訳分からないことを怒鳴られました。
(一度電話が来て、挨拶もなしに仲介するんじゃねぇと怒鳴られた(/Д`)。でも悔しかったので、『こちらからお願いしたわけではないので別に仲介しなくてもかまわないと言い返したけど聞く耳持たずにガチャン!とされた 号(┳Д┳)泣)

<私も知らないんだけどね、うちの主人がず〜っと前に貧子ママのアパートの仲介をしたときに、4万円で入った人にすぐ5万円まで家賃を上げたり、怒鳴りこまれたりしてね、それから全然タッチしていないそうなの。だから今回も触れないわね。バブリーさんとこでやるならそれで良いわよね>


あはははは(渇き気味の笑い)・・・・まあ、そうですね。
客付けしていただいても全然構いませんけど。むしろうれしい。
なんならいつものように一刀両断していただいても

そんな、なすりあいをして電話が終わったのですが。

ピンコ不動産さえも困惑させてしまった貧子さん。恐るべし。



昨日は、フラワー工務店から電話あり。

「あのさぁ、貧子さんって人から電話があったんだけどさ、何者?」


うっげげげ、そこにまで電話した?щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!
不動産業もやっているけれども主に家を建てる会社。
そこにまで。

「何を話しているか全然分からないね。あの人。多分、空いている貸家があって意見を聞きたいとかっていう内容だと思うんだけれど。どこに頼んでいるのか聞いたら花子さんの名前が出てきたから、じゃあ任せておけば大丈夫ですよって言っておいたよ♪」


うひゃ。(;゜0゜)
いやいや、フラワー工務店さんで決めていただいていいですよん♪

「いや、何か修繕とかなら受けるけどそれ以外は断ったよ。(花:多分聞いてないと思うよ)。そうそう、なんでも1件は入っている人がいてその人に高く貸していたからお金を返すっても言ってたなあ。俺は、それよりその人が求めていないんだったら、設備を充実させて上げた方が良いんじゃないかって言ったんだけど、それには賛同しないでお金を返すって言ってたな。ま、関係ないからどうでもいいけど」

でしょ、でしょ。私もそう思うもの。


町中の不動産屋に電話しているのでしょうかね貧子さん。


あ〜ぁ、手を切りたい!
posted by 日本花子 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな大家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150211345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。