2010年06月02日

バブリー不動産も斬った!

貧子さん・・・・・・・・・・・あぁ貧子さん




斬りましたv(。・ω・。)ィェィ♪




前回で終わったはずなんですがね・・・・・・



数日後にまた電話が来たんですよね。

前回の「振り出しに戻しましょう」という話は全く覚えていないのか、



玉夫さんの契約書はいつになるのか、と言ってきたもんだ。


へっ?!☆ヽ(o_ _)oポテッ



実際この前日、私がいない時に玉夫さんは新しい契約書を持ってきてくれていた。
送ることは可能だが、貧子さんに何も言わずに渡す訳にはいかない。




「あの・・・・・先日は、リセットにするとおっしゃったのでは?契約を保留にと言いましたよね。」



「言いましたけど、やはりお願いしていただけるかしら。お金はお支払いいたしますから」



「・・・・・・では今回の契約書をお送りするということで玉夫さんの件は終了でよろしいですね」



「今回は仮契約ということで2年後には条件をもう一度煮詰めて契約更新をお願いします。」


「へっ?!パ〜ドゥン?」



もうさ、もうさ、この方の話を黙って聞いていると良いことはないねと改めて認識。
だから、

「先日はリセットして欲しいと言われました。玉夫さんの契約書はお送りしてもかまいませんが、玉夫さんとのことは今回限りにしてください。今後は貧子さん直接でお願いします!!━(#`Д´)凸」


「・・・・・それでは分かりました。それで、仲介の件は主としてやっていただけるのかしら」


はぁ?前回おみゃぁさんは何と言ったんだっけ?


「主とした窓口にはなりません!」とはっきり言いました。

「あぁそうですか。分かりました」ガチャ



ふぅぅ。なんとか終わった。
あ〜た、こっちは錦秋湖の花火に行かなきゃならんのに、
この時間に1時間40分も話しやがって・・・・

でもはっきり言ったから分かったでしょ。





で、翌々日。また電話が来ました。

なんで来るのかなぁ。

内容は、
1、玉夫さんの仮契約を進めること
 仮契約の意味が分かりませんがね。
2、2年後も玉夫さんとの契約をすること
3、主となって仲介をすること(≒管理ってことみたい)

この間断ったのにまた話してくるこのお方。
もう頭の中から抜けてしまうのでしょうかね。

だからもう一度断りました。


すると「でも、花子さんはやっていただけると言ったから私は玉夫さんに、バブリー不動産が窓口になっていただけるとお伝えしたんですよ。」

はぁっ!(((o(`・∧・´)o)))


「私は一度もやると言ったことはありません。以前見積書と一緒に送った書面にも書いてますよね。管理は一切やりませんと」


「いえいえ言いました。それに先日はお宅の社長さんは是非主としてやらせてくれとおっしゃいましたけど」

はぁっ!

「そんなことは言っておりませんよ。社長もお断りしたはずですけど」

「いえいえ言いました」

「私、そのお電話の時その場にいましたが、社長の口からは一切でてませんでしたけれど」

言った、言わないの押し問答。
結局その後社長に電話を代わりました。

そこでも押し問答。
貧子さん曰くこちらの話がどんどん変わってきていると言っている模様。そのうち社長も、こちらの話も通じないし一般仲介もやらない。玉夫さんの件もこちらでは一切やらないと言ってました。
玉夫さんには契約書を書いてもらったけれど謝罪してなかったことにしてもらうとまで。


それでもなんだか言ってました。
最後はとぅるっとぅるっに代わりもう一度「今後は一切お宅とは取引しません」と言って終了しました。

3人で2時間の電話。


これでこれで最後よね。
もう電話来ないよね。


私はその後玉夫さんの所へ謝罪に行きました。
すごく気分を害されたと思うのですが、
「あの大家さんはどこの不動産屋もだめだと思うよ。不動産屋の気持ち分かるよ」と言っていただけました。
本当にスミマセン。

玉夫さんの家には朝の6時に電話が来るそうです。
朝の6時って・・・奥さんは家族に不幸でもあったかと思ったそうです(そりゃそうだ)。あとは朝の7頃とか・・・・玉夫さんも可哀そうです。今まで何も無かったのに降って湧いたこの騒動。




その後はイケイケ不動産にもまた電話がいったようです。詳細は聞いてないけれど。
昨日は一人でやっているシングル不動産へも電話が言ったそうです。
その方は、話は長いし意味が分からないから途中で客が来たと言って切ったらしいですけどね。



あ〜長かった。(終)・・・・・・・って欲しい。
posted by 日本花子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな大家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。