2010年07月25日

パーになった話

パーになったお話なんてよくあることです。



キャンセルですね。



今回は、この来客が極端に少ない時期に痛恨のキャンセル。



契約は無事に終了。

鍵も引き渡し、

お引っ越しも8割は済んでいた案件でした。



全て白紙に戻りました。


契約金も、家財保険も、仲介料もみ〜んな返しました。


ウチが悪いわけではないんですよ。
だから、仲介料は返さなくていいんですけどね、



原因は、借主にあるといえばある、ないといえば無い・・・・・



借主さんも新居で住む気マンマンだったんですけどね。


とあるお部屋で寝ていたら、

気分が悪くなって、舌がしびれてきたそうです。

具合が悪くなり深夜に実家に戻ったと。
これ以上はもう住めませんと。


それで大騒ぎになった時に私はおりませんでしたが、翌日そのお部屋に入ることがありました。
(入って体感してみてと言われた)

前日に大家さんがその部屋にオレンジの香りの芳香剤を置いていたのでそっちの臭いでぷんぷんでした。
正直入居者さんが言っている臭いというものは分からなかったです。
10分弱一人でその部屋におりましたが(入居者さんはその部屋にはもう踏み込まなかった)、その間部屋の隅々を見てまわりました。


もとは築年数30年超えの戸建てですが、
この大家さんが、任売だか、競売で購入して大がかりにリフォームした物件です。
大家さんは工務店をしています。
手直しはお手の物。

水回りはみんな新品です。

がっ!!

この異臭のする和室は、

たたみは古いまんま。(かなり擦り切れている)
ふすまは破れたまんま。しかも四隅と破れたところは画鋲で押さえているだけ。

部屋の掃除も・・・・襖の枠に木の粉が積もっている・・・・


見れば見るほど汚い。


なんて思っているうちに生あくびが出てきました。
頭痛も・・・・その後2時間位続いた。



この大家さんは、細かいところは気にしないタイプのようですなぁ。
新築物件は大丈夫なんでしょうかねぇ。
最初にかかる金額を言わないで後からどんがり請求するようなタイプ。

大家さん側の方に不動産屋がつているのですが、
そちらから入居前に掃除を入れて下さいね!といったにもかかわらず、
鍵の引き渡しの時に事務員さんが拭き掃除をしていた(床のみ)

大きな物置に敗れた網戸が付いていたが、引き渡しの時に俺が新しいのにしてやるからと言って新品にしたうえに鍵も新しいのに変えてくれた・・・・・が、「じゃあ、1万円ね」と言って1万円を取られてたらしい。
(これは退去後に聞いた)


良かれと思ってやっているのだろうけれど、
ちょっとなあなあ的。
今時の賃貸事情ではちょっと問題が発生するかもしれないと思いました。


ま、この異臭がある限りウチではもう怖くて客付けしませんけどね。
このような異臭問題、「前にも2,3回あったなぁ。床下に石灰を撒いたら直ったぞ」と借主さんに言ったとか。

えっと、再発しないように気をつけませんかね。
原因はなんなんでしょう。


ちなみにこのお部屋なんですけれどね


残っている問題は、200L満タンにした灯油をどうするか・・・借主さんの実家では灯油使わないんですって。




そうそう、良くあるのですが、リフォームしたから綺麗だよという大家さんは結構いらっしゃいますが、
リフォーム後のお部屋は汚いことを大家さんは知っていて欲しいなぁ。

ぱっと見は大そうきれいですよ。
でもその時に出た木くずや、新品部材自信は綺麗ではない。
大工さんもさっと履き掃除をしてもきちんと掃除はしないですから。
拭けば汚いです。

リフォーム後はお掃除をお願いします。
posted by 日本花子 at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろな大家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
をを!


その部屋だったんですね!!

ちと、はずかしいです、、、
Posted by たろう at 2010年07月29日 09:16
■たろうさん、

ええ、この部屋です。

次は5000円アップで募集してけろ。と言われましたが、そんな高くで決まりませんから。

っていうか、もう募集していませんけど!!

って感じです。
Posted by 日本花子 at 2010年07月29日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。