2010年11月05日

一括借り上げ

うちで管理させていただいているアパートの大家さんの一人にとってもあぶなっかしい方がいる。


あぶなっかしいというのは、


騙されやすい大家さん。


人が良いともいう、
押しに弱いともいう。
断れない大家さん。


うちの会社との出会いは2年前のこと。
ダイタイ建設倒産による紹介である。



引き継いだ当初は入居率60%以下であったが今はなんとかかんとか95%位まで持ってきた。
あと2室で満室である。

そのためには、中途半端に汚いお部屋を綺麗にしてもらったり、
高めの家賃設定を下げてもらったり、
入居が決まったかと思えば壊れているところ満載とか、
入居前に網戸が無いので設置してもらったりとか物干し金具なしの所を付けてもらったり
と大家さんのお財布的にも厳しかったのだと思う。
でも、上のような性格ですので比較的スムーズに了承を得ることが出来た。
(決して脅してはいない!!!)

こんな所をこだわるよりは最低限の設備を付けて欲しかったよダイタイ建設。



そんなこんなあ〜だこ〜だして来ましたが、
先月のこと。この大家さんがご来店。

「お願いがありまして」

なんでございましょう。

「実は、アパートがもう一つあるんだけれど・・・・それもお願い出来ないものかと」

へっ?もう一つあると。初耳でございます。

「そうなんだ。じつはある会社に頼まれて社員寮として建てたアパートがあるのだが、こんどそれを返却されることになってからっぽになってしまうので客付けを是非お願いしたいと」

さいでございますか。

詳しく聞きましょう。

「築年数は9年目」結構新しいのね。
「建設はダイタイ建設絡みなし。」・・・あらめずらしい。
「とある会社がこちらに進出してきたが、社員寮として近場で探してくれる方を探しているところに白羽の矢が当たった。
最初は断ったが、町内会の上層部からもお願いされてしぶしぶ建てた。
建設は・・・・どこだったかなぁ・・・・・」お〜〜い!
「設計は●●県の人じゃった・・・・・・」へっ?

「さらに10年間は必ず借り続けるから建てて欲しいとの話で建てたが半年前にいきなり解約の電話をしてきた。
かなり強い口調で解約、解約だ〜〜〜と。そんなの困ると言ったがこちらも苦しいのでと言い、なんとか半年は延ばしてもらったんじゃが〜〜」


あらららら。
で、我々には引き渡し後の清算と入居募集をして欲しいとのこと。

で敷金はおいくらほどあずかっているのでしょうか

「何も預かってないから、かかった分は請求出来るはずじゃ。」

でちなみにその時の契約書を見せてもらえますか?

「・・・・・・・それが、このアパートのだけ見つからんのですわ」

へっ?
一括借り上げの期間前の違約金の話とかなんとか書いてないですかね。
もらえるものはいただかないと。


「探してみますが・・・・」

なんとも頼りない。

そこの会社名を聞くと、あれれれれ。
1年以上前からこの会社の社宅担当の不動産屋から転勤の為の部屋紹介依頼来てたけど。
計画的だわね。





退去後にお部屋を見せてもらいました
わりと・・・・・・わりと・・・・綺麗かな。
お掃除でなんとか行けるかな。
という感じでした。


向こうの社宅代行の担当者とお話している時に、<では、敷金清算の為に先に見積書をお願いしますね>

へっ?
敷金預かっているの?


ち、ちなみにおいくらでんの?

各部屋3カ月分でした。そんなに?

お〜〜〜〜い大家さ〜〜〜ん!修理代もらうどころか結構返さなければあきまへんで〜〜〜〜

この話を大家さんにしたところ、
「わしは返したくな〜〜〜い!!!!」
そりゃそうだ。
予定よりも早く返された上に返金だ。しかも1棟分なので結構な金額であーる。

大家さん、一刻も早く契約書を探してください!
何か書いてませんか?


結果、事前の打ち合わせの時の原案は見つかったもののお互い捺印したものは行方不明。
しかもその原案には鉛筆書きで違約金がどうのこうのと走り書きがしてあり、
余計必要じゃんってことになりました。


結果、向こうの社宅代行さんにFAXいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全くもって普通の契約書です。
期間内解約の一文字も書いていません。

向こうの方が何枚も上手です。
全国でやってきているのでしょうから。


ざんね〜〜〜ん、大家さん。
あ〜だこ〜だしているうちに、契約の時に仲介したという方を見つけて一緒にお話ししました。

怪しいブローカーみたいな人だったらと思いましたが、
普通の良くしてくれる方でした。
しかし、不動産屋でもなんでもない方です。
その時の話し合いでは違約金の話も出たのでしょうが、出来上がった契約書に関してはちゃんと目を通していなかったと思われます。
そうして、そんな大きな会社は途中で解約しないだろうという思いもあったのだと思います。

今回の話を聞いて、「敷金なんか返さなくてもいいだろう!!あの時一括借り上げするって言ってるんだから!!逆に足りない分もらえるんじゃないのか!!」とまで言ってましたが、
契約書のどこにも書いておりません。
普通の賃貸借契約です。

「じゃあ、敷金精算で全部屋をクロス替えしたってことで返さなければいいんじゃない?バブリーさん頼むよ」

こ、困ります。それは不動産屋として出来ませんよ。
かかった分しか請求できません。
相手も不動産屋ですし、怪しいってすぐに分かりますよ。
この契約書からは普通にしか清算出来ませんから。


その後他県にいる設計士さんともお会いしましたが、設計士さんも違約金貰えるんでしょう?
なんて言ってました。
きっと、口頭ではそんな条件でていたのか、こちら側の人がみんなそう勝手に思い込んだのか・・・・今となっては不明です。
会社に文句の電話をしたって、そのころの担当者は、もう居ませんとなるのでしょうし。




そんなこんな大騒ぎをしましたが、先日普通の敷金清算を終えました。
そうして、立地場所もあるので結構安く貸し出しております。

このアパートが増えたことでこの大家さんの空室率がまた跳ね上がりました。

そうして、ピロリ菌を殺したはずの私の胃がまたキリキリ痛んでおります。


一括借り上げするから建ててくれ!そんな話は超慎重に。
ご用心。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな大家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。