2012年03月31日

うかれポン子東京に行く2

908.jpg

いよいよ始まります。
目の前をオーケストラの方々がステージに上がって行きます。

事前にオペラグラスでステージを見ると・・・・・近い、近い、近すぎます。
これでは顔がアップすぎます。

う・れ・し・い・・・・・ハート


ぎゃ〜〜〜〜〜出てきました!!!!
近い、近い、肉眼でも良く見える!
自分の視力の良さに感謝。

歌声もなんとなく生で聞こえるような聞こえないような
Seb・・・・ちょと太った?

人のことは言えない。

あ、手首にブレスレット(石系)してるるんるん
私も同じようなのしているのよ。偶然ねるんるん
その黒いのとか透明なのとか、ぶっかれのも同じ感じよ・・・るんるん
あ〜こんな所まで見えるのは前列の特権ねグッド(上向き矢印)・・・・と思ったら。脇のスクリーンにもでっかく映し出されていましたたらーっ(汗)
みなさん平等ってことで。


肉眼で目が会うってステキね。
私の方にいたディビットとはしょっちゅう会った気がします。
Sebとは数回。
でもこちら側に結構いたのでうれすぃ。
Sebはイヤホンがお嫌いなのかしら。トークの度に外します。
なんとなく他のメンバーと違って、イヤホンのケーブルが頭に食い込み気味のような気も・・・・

そんな細かいことも見えるなんてステキ(アホ)


ふと周りを見ると、中腰状態でかなり前のめりで一緒に歌う御婦人、
お姫様のように手を前に組んだままうっとりと見つめる御婦人、
ゆらゆら曲調に合わせて揺れる御婦人、
みなさんそれぞれ楽しんでおります。


Sebは今回結構お話しました。
特に長く話してくれた内容は、東日本大震災での被災地へのメッセージ。
英語だったんだけどなんとなく分かりました。
愛は言葉の壁を越えるのね・・・・・

その後4人で「ふるさと」を歌いました。
予習していった方は知っていたのでしょうけれど、全く初めてだった私は感動もひとしお。
実は、震災以降ふるさとを良く聞くのですが、私としてはその曲もあるけれど、そればかりではないんじゃない?と思っていたのですが、
ここでは別。

この4人の歌声は感動しました。
涙ちょちょ切れです。

でもふるさとは、私の反対側のステージの端で4人固まって歌ったのでちょと遠い。
オペラグラスと、肉眼とスクリーンとくるくると鑑賞したのです。
こちら側で歌って欲しかった・・・・・


あ〜でも来て良かった。

最後から2曲目でのSebの熱唱した時の顔が一番素敵でした。

夢のような時間もあっと言う間に終わってしまいました。
近いのに、遠いIL DIVO。
明日も東京公演があるから、町でバッタリ会うことは無いのかしらと妄想。


余韻につつまれながら帰途につきました。

出発の朝に思い出したのでした。
めざましテレビに出たのかしら・・・・今回はバタバタしすぎて全くのノーチェック。
メディアでIL DIVOを見ることは皆無・・・
でも、生で見たから良いことにしよう。

910.jpg 628.jpg

つづく。
posted by 日本花子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | IL DIVO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。