2012年09月29日

第86回大曲花火大会を終えて5


8月25日(土)18:50

舞いあがれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

美〜しく〜〜〜〜〜〜〜



O(≧∇≦)O


今年も始まりました〜〜〜〜〜〜〜〜

胸がワクワクします。
念願の煙だらけのナイアガラは今年は無事に見れました。

いいないいな、花火ってやっぱりいいな。
じ〜んと感動する花子です。
前から3段目は足場を組んだ所なので、
前の席の方が立っても全然平気なんですが、思いだしました。
目の前の単管が邪魔です〜〜〜
少し下がるとちょうど花火のところに単管が来ますので、
食い付き気味に単管の間から顔を出すように見ます。

7番ゲートという端っこなのですが、

割物は目の前で上がります

最初の割物が目の前、頭上であがるとやっぱりその大きさと振動にびっくりすると同時に
やっぱり割物よね〜〜と思うのです。
よ〜く分からないくせに、いっぱしの批評はします。

あ〜丸が崩れた。
あ〜星が少し残った・・・・・
採点はしません。


今年は、花火大会の前にテレビで見た、山梨県の山内煙火さんの和火にこだわった花火に大変興味がありました。和火っていいよね〜和火好き。
肉眼で見るとすっごく素敵なのに、カメラを通すとその繊細な所が半分も映らないので映像ではイマイチニなってしまうのが残念です。

実際もやはりベリーベリーステキでした。
と思ったら内閣総理大臣賞受賞。やっぱりね、私が見込んだ通りだわ(笑)



肉眼だと3倍以上は和火で埋め尽くされているのです。
キレイだった〜〜〜〜

スポンサーさん提供のしかけ花火も一昨年位から2社でタッグ組んで上がるのですが、
これもやはり地元の花火のフィナーレを軽く超える規模の花火です。
前はスポンサーさんの名前やイメージを前面に出していたのですがやらなくなったのは、NHKさんでも放送出来る様にするためなのでしょうか。
これはこれで良いけれど、コカコーラさんのシュワシュワとか凄く好きだったんですけどね。

ロト6やtotoで大金が入ったら、男鹿の花火と大曲の花火に大金を寄付します。
男鹿なら名前を呼んでくれると思うけど、大曲ならどうなんだろう・・・・
スポンサー提供花火で上げてくれるのかな(うひひ)

風が微妙でだんだん煙がかぶってきてしまったのが残念です。



時計を見ながら、そわそわし始めて約10分。
皆様お待たせ!てへッな感じで来ました来ました。

大会提供花火

待ってたよん
凄く待ってたよん


あれですね・・・・知っている曲で打ち上がる花火っちゅうのは、
サビが分かるだけにワクワクもひとしおですな。

あの桟敷席幅めいいっぱい使った花火、
終わりかと思うようにババババと上がったと思えばまだ続くという豪華さ・・・・・
やっぱり大会提供はいい!

映像はYouTubeでお探し下さい。





しかし、今までで花子&ぶっかれ一押し大会提供は、
第81回のBEAT OF PASSIONです。
曲も好きだし、
半分ずつ違うものを上げるとか、上流から順番に上がるとか、低い方であがる花火のバリエーションの多さとか・・・構成でもすごく驚かされた花火だったと思います。


今回の映像を載せないのはどうかと思うけれど。


今年も割れんばかりの拍手と声援を差し上げましたよ。



これが終わると大会も終わりに近づいてきます。

後半の業者様もすばらしくって・・・1カ月も経過すると細かいところは忘れてしまうものですね。あはっ






とうとう終わりです。
割物30連発の時間です

割物・・・・素敵です。
さびしい感じと割り物の振動が一緒に胸に響きます。
そうして、秋田賛歌を一緒に歌います。


なんですか、今年の私の席の周りの人は皆歌っていた?
スピーカーから流れる津雲さんの声以上に周りから合唱が聞こえて感動もひとしお。
本当にみなさんの声が聞こえたんですよ。
いやぁ、鳥肌立ちましたね。
いやぁ、すんばらしかった。





打ち止めも上がってしまいました。
本当に花火は終了です。



しか〜し、


しょげてる訳にはいきません。


お礼をしなければなりません!(^^)/~~~



我々も涙を拭いて立ちあがります!(←うそ)

バージョンアップしたぶんぶん棒(長さだけね)は長さが倍になったので数は半減。
一人1本です。

ひやぁ、まぶしい。
これなら、まん前に花火師さんが来なくても見えるでしょう。
みんなで音楽に合わせて前後に降ります。

にぎやかに歌った〜コンサ〜トが終わり〜るんるんるんるんるんるん・・・

案の定花火師さんの列はまん前まで来ません(涙)
しかし、右手の方から3,4人の花火師さんが現れました。
気持ちはソコ!!

今年もありがと〜〜〜(^^)/~~~


まあしかし、思ったより明るく、
桟敷の下を通る人が見あげていきますわ。
中には写真を撮って行った方も(笑)
我々を撮ってどうすんでしょう。勢いとは怖いものです。


高い所からみるこの時間帯の会場は何度見ても圧巻ですよね。
すごく好きな時間です。


あの圧巻な景色は動画に撮りたくなりますよね〜〜〜


いよいよ全てが終わってしまいました。
はあぁぁぁぁ。
早かったなぁ。
あっという間だったなぁ。


脱力感が襲ってくる時間でもあります。
桟敷席の周りは人混みで全く動きません。
びっちりです。


けんちゃまも最後にあいさつに来てくれました。
「なんじゃありゃって位、目立ってたよ〜〜」って言いながら。
「撮影してくれました?」
「もちろん」

けんちゃまからの映像が楽しみです(*^^)v
送ってくれるんかな・・・・・・。



そうそう、お隣の席はカップルさんが二組。
お知り合いのようではなく、1枡を半分ずつ購入してシェアしているような感じでした。
その方法も良さそうですね。

で、お隣のお二人の座布団は、土浦の花火座布団ということを見逃しませんでした。
花火好きで全国回っているのかなとも思いましたが、
お隣の感想が、
割物や、大会提供での会話が、大曲は初めてかなと思いました。
じゃあ、きっと最後の割物から、ぶんぶんにかけては驚いたでしょうね。
うちらがやり過ぎの感はありますが。

土浦の花火も感動しましたが、
大曲も良いでしょう?そう心の中で話かけてました。
感じが全然違いますもんね。



冷静になり帰路をみると、
階段方向はみっちりですが、
目の前の通路は動きがあります。
階段を諦めて、桟敷から飛び降りて移動することにしました。

しかし、金谷橋方面に比べて姫神橋方面はえらく混んでるんですね。
端へ端へ歩いていくと、土手に上がるスロープで完全に止りました。
よくよく見ると、姫神橋の上の人がいっぱいにならないように規制が入っています。
ひえ〜〜〜〜
結構待ちました。

やっと動いてものろのろのろのろ。
道が狭いって大変。
橋を渡り終えると人々は四方八方へ散り散りになります。
それでも、団体さんのバスがある方向でもあるので人はぞろぞろです。


はぁ・・・・やっと到着です。
時間にして既に11時30分過ぎてます。

日帰り組のオリーブちゃんはすたこらさっさと順調に帰ったみたいで12時30分頃には帰宅した模様。
あんまり我々と変わらないです。



今年初めてです。

キャンプサイトに到着して、酒盛りもせず、反省会も全くせずにほどなく全員が床についたのは。
それほど、身体と心のダメージが大きかったのです。

posted by 日本花子 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大曲花火大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292630222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。