2007年04月19日

盗人(ぬすっと)

昨日は全国的には寒い一日だったようですが、こちらは久しぶりのお天気晴れ

天気が良いので、売り物件の土地の写真を撮りにドライブ外出してきました。
遠くの山々もきれいで、所々に桜がチラホラ咲き始めていました♪やっと春がきたようです。

西へ東へ南へ北へ。ほぼぐるっと一周してから、物件資料作りです。
物件資料作りって意外と時間がかかるんですよねぇ。

『賃貸物件』は慣れたので、写真さえ撮ってこれれば、間取図、地図などササッと10分くらいで出来るんです。

『売買物件』となりますと、意外に時間がかかるのですよ。


 まず、地図。これは手書き(マウス書き)なのです。
そこそこベースとなる地図はあるのですが、売り土地の場所って意外とバラバラでその都度一から作成が多いのでこれが時間がかかります。

間違ってもゼンリンさんのを使うわけにはいきませんものね。
怒られる以上の恐ろしい事が起きるのではないでしょうか・・・・著作権の関係で。



次、スキャナで、公図(土地の形が書いてあるもの)をスキャンして該当地を囲んで・・・・

物件フォームに貼り付け。



そして、概要部分も賃貸以上に時間がかかります。

 まず、賃貸もなんですが、最寄のバス停や駅までの時間。
  (花子心の声:これ面倒臭いのよね。この辺りは皆、車移動だからそんなこと気にする人いるのかしらと)
  一応、決まりなので距離を測ります。
 
 次、用途地域の確認。
  都市計画図を見れば一目瞭然なのですが、我が社の都市計画図は陽にあせてしまっており、水色系の色が微妙というか、水色なのか紫なのか、緑なのかが分らない。そして、黄色も白なのか何なのかが分りません。

 だから、確認にも時間がかかるっていうか、お役所に聞かなきゃ分らないというか・・・・・社長!新しいの買って下さい!(By花子の訴え)



 次、埋蔵文化財のチェック。
  わりと大雑把な地図なので微妙な所に位置する売り地は難しい。



 次、設備系。
  上下水道が入っているのか、いないのか、引き込めるのか、何処から引き込むのか、下水道工事計画はあるのか、合併処理浄化槽の補助が出る地域なのか・・・・(分ります?)
  ま、ライフラインはあるのかどうかの確認がこれまた微妙。
 とぅるっとぅるっの書いたメモ書きには「水道 可」のみ。それだけ渡されたってさぁ、だから敷地内に入っているの?引き込みが可能なの?って肝心な所が書いていないわけなのよフガフガダッシュ(走り出すさま)



 次、接道系。
  幅とか、接道方角に悩んじゃったり・・・・
 


なんて悩みながら資料は作られていくのでした。それでも間違っていたりするのよねぇ
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*





と、売買物件ほど時間のかからない賃貸物件でも、一応間取図、地図の作成と写真を撮りに行く手間がかかっているのです。











なんと、なんと、この手塩にかけた物件資料ちゃんをいとも簡単にコピーして自分が作ったかのようにお客様に渡している不動産屋があるのです。
そこを、『盗人(ぬすっと)不動産』と致しましょ。


他社のホームページを見て物件を探す事はあるのでしょうが、これいいなぁと思ったら普通そこの不動産屋に問い合わせるものでしょう?(そうよね、そうよね、普通)

『盗人不動産』はまずは直接大家さんに当たり仲介させて欲しいと行きます。そして、気にしない大家さんはどうぞどうぞとお願いします。「バブリー不動産」に頼んでしますとキッパリ言ってくれる大家さんの場合は、シブシブこっちに内見の電話を入れてきます。


ま、うちが知らないきゃそれはそれでアリなのでしょう。『盗人・・・・』に限らずあることなのでしょう。悔しいかな。

百歩譲って知らなきゃいいのよ。


しかし、知ってしまった日には恨みに変わるわけです。




しかも百歩譲って仲介できるようになった時、なぜ我が社の物件資料を使う!!?
信じられんわぁ。


とあるお客さんが、我が社に来て物件紹介していると

「前の不動産屋で同じ物件を紹介されたんだけど、もっと安かったです」と言って出された資料。

見たことある絵柄だわぁと思うと、配置は変わっているものの、私の撮った写真や、地図がそのまま乗ってますがな。
そして、家賃が安いときた。めまいします。

一応、大家さんにお値段が安くなるものか聞いて見ます「他の不動産屋で○○○円で募集してますがこちらも可能でしょうか」

8割方、『そんな話はしてないし、そこの不動産屋は一度ぐらいは挨拶に来た事があるけれどそれだけの付き合いよ』なんて返事が帰ってきます。ムムム(ーー;)


広く浅くいろんな不動産屋に募集して欲しい大家さんならまだしも、我が社だけしか扱っていないと思っている所の物件もいつの間にかホームページにアップしています。しかも、鍵も預けていないはずなのに部屋の中の写真が掲載されてます。私の撮ってきた写真と瓜二つ。。。。。


許せん『盗人不動産』



うさんくさかったその不動産屋、決定的になった時から、電話で問合せが来ても紹介しません。『決まりました』と言います。
しかし、勝手にホームページから盗まれるんですけどね。



ゼンリンさんじゃないけれど、花子又は『バブリー不動産』の著作権侵害にあたらないのかしら!パンチ




思い出したらムカムカしてきました。
妙に愛想はいいんだよね。あそこ。



我が社の他にも、特に被害に合っている不動産屋を1箇所知ってます。
数年前、とあるメーカーさんの研修会&親睦会の参加社が、うちと、『盗人・・・』と被害にあったところの3件のみでした。
綺麗に2:1に分かれた親睦会だったらしいですよ。
そのメーカーさんに言われました。



その後は『盗人・・・』来るなら行かないと伝えております。
ハイ。


潰れちゃえ!!と心から思っております。

辛口でした。


posted by 日本花子 at 22:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 会社での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広島には、ゼンリンの許可を得て地図を利用して、売買台帳を作る業者さんがいますよ。
売買の場合、売主が自己申告で作成してもらいます。間取り図と詳細を伝えたら、立派な台帳になりますので、その不動産屋に登録(有料)している業者は、資料を好きなように使えます。著作権の許す範囲でね。
もちろん、条件の中に「案内事前連絡」とか「広告・インターネット掲載不可」とか書いてありますので、参考にします。物件があるかどうか、客に紹介してもいいかどうかは電話で確認します。
新築の場合は売主が出すけど、中古の仲介は複数業者が出す場合もあるので、先着順のようです。
用途地域は広島市のホームページからいつでも印刷可能なので、書類として持ってる人は見たことありません。花子さんところもHPにあるのでは?

で、著作権。当然ですがありますよ、花子さんの会社に。ブログにもHPにも著作権は存在します。
「転載不可」とか「著作権はバブリー不動産にあります」とか書いておいたらいかがでしょう?
Posted by 文月 at 2007年04月20日 16:33
どうも!
Yoshiでございます。

最近「盗人不動産」のわが社へのアタックは
なくなりました。
(私が知らないだけかも・・・・・)

度重なる無礼なやり方にマジギレしたのが
効いたかもしれません。

苦労して作った資料や苦労して媒介いただいた
物件情報をあっさり盗人行為するあの会社への
怒りはよ〜くわかります!!
かんばって!!



Posted by Yoshi at 2007年04月21日 13:37
■文月さん、
へぇ、そんな方法があるんですね。知らなかった・・・・・
ま、でも地図は地道に書いていきます。

用途地域はわたしの所のお役所HPに図面が載っていないんですよ。(そうですよね。←同郷の皆様へ)

>「転載不可」とか「著作権はバブリー不動産にあります」

そんな方法もあるのね。ふむふむ。全部の写真につけてやろうか。しかし、盗人の為につけるのもしゃくだわ。


■Yoshiさん、
おぉ、初コメントありがとうございます。
そして、いつもお世話になっておりま〜〜す。

Yoshi不動産さんがやられたことは、露骨にひどい事件でしたもんね。あれなら、がっつりも言えたのでしょうが、うちは、リアルタイムな決定的な証拠が浮かんでこないんですよね。限りなくクロに近い感じ。

今後も、絶対自らは近づきませんですことよ。
Posted by 日本花子 at 2007年04月21日 20:20
潰しちゃえ!!(笑)
こういう汚いとこって、どうして生き残るのでしょうか??

不動産ではないのですが
やはり写真やら文章をぱくられた方が
その会社に抗議をしたそうですが

「たまたまじゃないですかぁ?」と言われたそうです。
なのでアクセス分析でIPやらを出して提示したら削除されたそうですよん
花子さんもいかが?(著作権花子とサイト内に書いておいてからですね)

そうそう・・・お引越ししましたです(・∀・)はや!
Posted by yus* at 2007年04月28日 12:11
■ yus*さ〜ん・・・・じゃないよね、 yua*さ〜ん、お帰り。

お子ちゃまも大きくなられたようで・・・あの突っ伏し寝姿からは一回りも二周りも大きくなったんでしょうね。

やっぱり盗人はどんな業界にもいるのね。
PC上っていりいろチェックが難しそうよね。
やはり積極的自己防衛が必要かしら。

またまたヨロシクね♪
Posted by 日本花子 at 2007年04月30日 21:08
似たような、同業者というのはやっぱりいるんですね。

私のエリアにも他社の取り扱い物件を勝手にHPにUP
(しかも、いい加減な価格をつけて)したりしている
業者がいます。
同業者は、その人とは一緒に仕事しないのですが
一般の人はその辺がわからないので、依頼に行くようです。

その業者は、先日免許権者から2weeksのバカンスを
もらいました。でも、蛙のツラになんとやらのようです。

そうそう、10月からバカンス履歴とか国交省のHP
で公開されるそうですね。
Posted by maru at 2007年05月03日 10:20
■maruさん、

バカンス・・・ステキな呼び名ですね。
そんなのくらっても一般の方の目や耳に触れることはないですもんね。
テレビでニュースにでもならなければ、お構いなく仕事できますもんね。そうゆう輩は。
多少の事ではへこたれない精神があるからバカンスくらうようなことできるんですもんね。


はぁ、是非是非早く公開してもらいたいもんです。
Posted by 日本花子 at 2007年05月06日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39318057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。