2011年08月22日

石っこぶっかれさん

宮沢賢治は石ころが好きだったから(鉱石とかね)、石っこ賢さんと言われてたそうですが、

ぶっかれも石っこが好きなようです。




今年も出来ました。






尿管結石




腰に鈍痛、腹に鈍痛を訴えたのが1カ月以上前のこと。
時々目に分かる血尿が出ていたようですが、忙しいことを口実にずっと病院に行っていませんでした。
今回で4回目、最近の2回は自然に出たことで慣れていたのでしょうか・・・・


お盆の時に、私に怒られ二日酔いの体で病院に行きました。
「造影剤で見るともう石はないね。でも潜血反応はあるので水を多めに取るように」とだけ言われて帰ってきましたが、
その後の、ホーニョーの爽快感はイマイチだったみたい。
そんな昨日の夜トイレにいったぶっかれからお呼びが・・・・・・



便器の中に潜血が〜〜〜〜〜〜〜!!



血が混じったおニョーではなく、最後に血がタラタラと言う感じ。
さすがにぶっかれさんはがく〜〜〜んとうなだれ。

石っこ、まだあるんじゃないの?
無かったら別の病気なんじゃないの?



今朝は、そそくさと病院に行きました。
そりゃそうだ。



10時すぎ頃メールが・・・・




『石っこ出ました!』石っこの写真と一緒に送られてきました。


私はてっきり、病院で先っちょからなにか器具を入れて引っ張り出したのかと思ったら、
病院からもらった薬を家でのんだ後のトイレで自然に出たとか。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず普通に出したら、すぐに何かがひっかかりました。
水流が一旦途絶え、その後、堰を切ったように再び出ました。
そん時、僕は<石が出た>と感じました。
我が家のピュアレストのトラップの底には・・・・・・普段無いはずの物体・・・・・
それは、隕石・・・・・・・・・ではなく結石を目視。








デタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!

その後割り箸で採取。

もうね、感動だったね。
悪化から急速に晴れ晴れとした気分になれたんだから。


〜〜〜〜〜〜ここまでぶっかれ談〜〜〜〜〜

その後私にメールしたものでした。

ということで、その後のホーニョーはとても気持ちよく、
こんなに開放感があったのだと感じたそうです。


もうすっかりくせになってしまったぶっかれ。

原因は、

●肉、脂っこい物の食いすぎ&野菜不足
●ストレス

だと思われます。
今日病院から石を溶かす薬を1カ月分もらったのですが、もう出てしまった今どうするか問い合わせたところ、出来やすい体質のようだから、肉や脂濃い物を食べたらその薬を飲みなさい。
石っこが出来にくくなるからと言われたそうです。








しかし、ぶっかれは、花火の前にはなんだかんだ起こるのです。
昨年は無かったけどその前は蜂にさされたし・・・・・
Image566.jpg

とりあえず、今年は行く前に解消されました。




石っこ見たいですか?



見たい方はこちらをクリック
posted by 日本花子 at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ぶっかれと高速自動車道

6月20日より、
東北自動車道を走る「中型車」「大型車」「特大車」が無料化になるニュースを知って、

やっとやっとぶっかれの車も恩恵を受けれる〜〜〜(涙)

だったわけです。
普通に自家用車にしか利用していなくても「ハイエース 1ナンバー」は休日1000円の恩恵を受けることも無くひたすらお金を払ってまいりました。

やっと、やっと、やっと、2カ月だけど特別待遇を受けられる〜〜〜〜

と思ったら、なんと「被災証明」があれば1年間は無料で走れる特典が出てきちゃったではあ〜りませんか。
結果、停電になっただけで被災証明がもらえて皆無料で走れるんですよ。(市町村で違うけれど)
おかげで料金所は混雑です。

無料になった分はもちろんNEXCOは国から補填してもらえる訳ですが、どうなの?と疑問を投げかける。そこに税金投入するなら被災地にピンポイントでと思うのです。お金が湧きでてくる訳ではないのだから。

「被災証明」ではなくて「罹災証明」を出せば無料の方が良いのでは?
沿岸までは高速道路を使用して行けないのだから(八戸道、仙台 三陸道くらいよね)特にやる必要はないのではないかと思うのが正直なところ。
じゃなければ東北人全員無料にとか・・・
だって被災証明は、市町村単位なので停電で出るところもあれば出ないところもあるという不公平感もある。

そんな中途半端なのであれば、
当初の災害支援目的の「中型、大型、特大」無料と、罹災証明所有者にするだけで充分な気がします。


なんてえらそうなことを書きましたが、結局、ぶっかれの車が特別待遇受けるはずが皆一緒になっちゃったということ、そしてもらえるならもらいましょうと我々も被災証明をゲットしたということ。

ニュースでもインタビューされていた人が言っていた複雑な気持ちと同じなのである。



posted by 日本花子 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ままごとしたくなった。

自分の為に。
欲しいな。





posted by 日本花子 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

記憶5

地震関連の身の回りの写真です。

揺れの割には、我が家の物は落ちませんでした。
いや、落ちたけれど、中越地震の後にテレビは固定したし、宮城内陸の後に本棚の再固定をしたし、
でも学習しなかったのが押し入れの最上段(天袋?)にいれているぶっかれの「ロッキングオン」150冊以上。
今回も落ちましてね、よくよく見るとその台も重さに少し傾いていた・・・
やっと今回三段ボックスにとりあえず入れてます。
全然見ないから邪魔なんだけどね。とりあえず他に入れるところが無いのでそのまま。

本棚は倒れなかったが、まんが本は落ちていた。
074.JPG

ビデオデッキは捨てようと思っていたから良いのだけれど、
079.JPG

レコードプレーヤーはちょと痛い。直せるかな。今もそのまま。
076.JPG

本が落ちただけだがその後気付いた家じゅうのクロスのひび割れ。
001.JPG 003.JPG 
2階の床が下がったようだ・・・・・・


大家さんのひび割れたアスファルト
018.JPG
この家は水道管も破損。


管理物件は、

097.JPG
床にこんな白い粉が落ちているところは、全て亀裂が入っていた。

007.JPG 004.JPG 017 (3).JPG 023.JPG 120.JPG 


あ〜〜〜〜〜
張り替えたばかりのクロスが裂けた・・・・直したのに4.7の地震でまた裂けた(T_T)
またあるかもしれないので入居が決まるまでほっておいたら、何故かすぐに入りたい人ばかりが申し込んできて大慌てした。

照明はこんな程度で済んだ。落ちなくて良かった。
156.JPG 083.JPG

厄介だったのは地面、基礎のダメージ。

016.JPG 010.JPG
奥のガスボンベが傾いたがホースのおかげで転倒は免れた。
2軒の貸家がお互いこの間の方に寄り添った(傾いたともいう)
そんな貸家の基礎は、

001 (2).JPG 012.JPG
診断すれば危険と言われると思う。
そんな状況だから住み替える?と聞いたら生活に支障はないからと引っ越さないと言う。
一応、ハウスメーカーにも見てもらった。
賃料を下げてそのまま。

しかし、これはねだんだんひどくなってしまって補修。
012.JPG → DSCF1004.JPG →DSCF0998.JPG

よくよく見るとつぎはぎした跡。
以前に下水道工事をした時に普通はやらない基礎を縦にぶった切った跡のようです。
その後ふさぐ時に全部コンクリートではなく、見える所だけコンクリで、奥はなんとダンボール!!
という張りぼて。もちろんこの会社はめでたく倒産しておりますけれどね。
我々が管理するずっと前のことで知らなかったんですけどね。

他の物件のひびは、

007 (2).JPG  041.JPG 038.JPG
この程度。

そうそう、この時の停電で凍結しまくった給湯機の修繕でガス屋さんには大変お世話になりました。
全然「無い!」との一点張りで何もしてくれなかったガス屋さんもありましたけどね。

gas.jpg
8戸中5戸が凍結し水を噴き出したアパート。

4.7の地震以降、
冬の間の落氷が落ちて引っ込んだ屋根
002 (3).JPG

地震で屋根が動いたのか傷口が広がり、雨水が洗面所にダダ漏れ。
001.JPG 002.JPG

保険やさんが見に来るまでに2カ月。
屋根はその前にとっくに直した。そのウチ天井にカビが生えてきたので天井を開けた
DSCF1314.JPG DSCF1313.JPG

やっと保険や産が見に来たけど、
大工さんが忙しくいまだにこのまま。


手つかずと言えば、もう入居している貸家の納戸の引き弩のパックリ
005.JPG
これね、下はドアと枠がくっついているんですよ。
修繕に思いのほか金額がかかることが分かり保留のまま。
直した方が良いと思うんだけどなぁ・・・・

それほどひどくは無いこの町でしたが、修繕するとなると結構大変で、
修繕に振り回された4月5月でありました。

地震から3カ月。
また微震が増えてきた今日この頃。
6月には起きないという予言と、起こりそうという予言。

放射能が以前は南の方に広がっていたのに、最近は北に広がっているもよう
(ま〜ふぁさんの記事に載ってた。)

さてさて、日本はどうなるのかな。
余生を楽しみたいと思うのだった。
posted by 日本花子 at 10:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

記憶4

間もなく地震から3カ月経つのですね。

凄く昔のような、まだまだつい最近のような。


4月の余震、夜の12時ちょっと前。
比較的、熟睡していたような。

グラ・・ですぐに目が覚めるのはまだ緊張感があるのですね。
うぉぉぉ、強いぜ。
がばっと起き上がりしばし様子見。
強い強い・・・・今回はすぐに電気が消えました。
ぶっかれはすぐに立ち上がり「行くぞ!」と階段の方へ。
私は少し落ち着くまで座っていました。
暗闇で物が落ちる音がします。
前回の地震後落ちやすいものは処置しておりましたので、机の上の本がバサバサと落ちた位ですが。

少し弱まって「それ〜!」と階下へ、玄関へ。
義母と義姉は、寝室の部屋からとっとと外に出ておりました。


またかぁ・・・・・・

その夜は3月と違って暖かかったのでなんとなく楽。

その日の夜も、ラジオをつけっぱなしで、普段着に着替え寝ました。
その日の3時頃、一瞬電気が点きました。おぉ!今日は早かったねなんてうかれポンチで外に出てみたら、一瞬青白く空が数回光って、また電気が消えました。

ぬか喜びでした・・・・・

しかし、今回は電気は翌日にはつきました。
停電になった途端、翌日にはまたガソリンスタンドに列が・・・・そんなに焦らなくても・・・って感じです。

2度目の大きな地震は初回ほど大きくはなかったものの、意外とダメージはあちらこちらに。
賃貸物件では、初回後に補修した裂けたクロスがまた裂けて、
壊れそうだった網戸がすっかりひし形になって動かなくなって、
亀裂程度だったものがぱっくり割れちゃったり・・・・・・
とどめ刺されたものが結構ありました。
ま、わが町はそれほど大きな被害もなく済んだのですが、近隣市町村ではいろいろあるようでした。

この辺りの大きな地震はその後は無いのですが、福島とか茨城とか新潟とかその後何度も大きな地震が来てますよね。
いくら強い建物でもかなりダメージを受けているのでしょうね。
我が家だったら持ちこたえれていないと思います。
修繕って言ったってまた来るかもしれないから最低限のことしかしたくないですしね。

そうそう、我が家はこの冬の豪雪で2階の屋根から1階の屋根に落ちた氷が1階の屋根の一部に凹みをつけました。知ってはいたのですがそのままに。それが、2度目の地震で引っ張られて穴が開いたのでしょうか、その凹みの下にある洗面所が雨漏りを始めました。
雪害ということで保険の申請をしたのが4月の中旬。
しかし、地震の被害調査が忙しくて見に来れないとか。雨漏りはすぐにでも直しますよ!と話をして、洗面所は手つかずのまま。
しかし、天井にカビが発生してきたので天井に穴をあけて乾燥させました。(写真は撮った)
6月に入ってやっと、昨日調査の方が見に来てくれました。
これで、直せると思いましたが、今度は大工さんが忙しいみたいです。あぁあぁぁ



4月に入り、ガソリンも通常になり3月に入退去予定だった方々も4月にはみんな出て行ったり、入ったり・・・・以上。
それ以外の新たなお客様は全く無く、修繕に追われた4月でありました。

さらに関東から転勤の方々は、新幹線が開通するころまではだ〜れも来れませんでした。



その頃、仙台市内では、賃貸状況は被害にあった方の住み替えで津波の来なかった地域に人が殺到しているとの話を聞きました。
特需でうらやましいなぁ、と思ったものの管理会社さんは扱っている物件内で、被害にあった方へ紹介を無料でやっているとからしいので、通常のような収入にはつながっていないという話。
それはそれで大変なんだなぁ。
義理の姉のアパートも1階が津波にあい立ち入り禁止。管理会社の不動産屋はほとんどが津波地域に物件があり他を紹介することが出来ないので自力で探してくれと言われ途方に暮れました。
こちらでネットで物件を探して複数の不動産屋に電話をあげましたが、
やはり噂通りで、一般のお客さんの仲介は今やっていないとの話ばかりでした。
きっとホームページの更新なども手に付かない位忙しいんだろうな。

その中でも良さそうな物件の資料をプリントアウトして「仙台行ってくる!」と義姉は向かいました。結果的にはそこの不動産屋では断られたのですが、管理会社が分かりその店を出てすぐに直談判してなんとか、山あり谷ありでしたが部屋を決めることが出来ました。
4月の中旬には引っ越して行きましたが、水も電気も2,3日はダメだったようです。

私の町にも避難者が結構来ているようですが、うちの不動産屋に来たのは数名のみでした。
他の不動産屋もポツポツいる位でした。

おだやかだね〜なんて皮肉めいたことを言っていた4月。
寒さも長引き、桜の開花も遅く、咲いたと思ったら雨続きでイマイチ花見も出来ず、
気持ちが落ちているのか、桜を見てもきれい〜とも思えない桜の季節でありました。

そんな感じで5月に入った途端に、噂になっていた県で民間賃貸住宅物件を借り上げるとのニュースが。
報道のみで、県からも宅建協会からもなんの連絡もありませんが、報道されたことで問い合わせが数件。「そのようですね〜〜でも何の連絡も来ていないので分からないのですよ〜〜」
と言って数日後に、シャ〜ッとFAXが。
県の借り上げ決定と内容が書かれたものでした。

意味が分かりずらいけれど、沿岸に建てる仮設住宅と同じ法にのっとった制度のようです。
2年間は県が借り上げて入居者に転貸という内容でした。
FAXが流れてきた翌日にお一人ご来店。しかも、すぐにでも入居したいと。
よくよく聞くと、別なところを借りて、引っ越しの手配までしていたのに、直前に大家さんが駄目と言ったとかで引っ越せなくなったと。引っ越し業者は明日にもう荷物を持ってきてしまうと。
まあ・・・・それは大変ですなぁ。どこの不動産屋か聞くと、例のテキトー不動産でした。相変わらずだなぁ・・・。

で、すぐに入れる所???
そっからはこちらが大騒ぎですよ。
ここが良いとなってからは、大家さんに事情をお話し、許可を得て、契約書を作りながらも訳分からないことが多く、県庁に何度も電話をかけながらなんとか契約をしました。
その後ミスがあり何度か足を運んでもらっちゃったりして・・・・
さらに、大家さん側で、照明器具、ガスコンロ、カーテンを用意して欲しいとさらりと契約書に書いてあるではないですか。
これ本当?と県庁に聞くと本当と答える。
マジ?と聞くとマジって答える。こだまでしょうか・・・
ということで急きょ調達に走りました。


いやぁ・・カーテン、照明器具、コンロを揃えて初めて分かったのですが、
アパート住まいを始めるってお金がかかるのね。
カーテンなんて、ほとんど同じかと思えば、同じ建物でも微妙に高さが違ったり…
気付いたのが、カーテンレールはあるものの、カーテンフックがついていないとか、
おしゃれなワイドタイプの窓にあうカーテンが売ってないことに店先で分かり愕然としてみたり。
結構大変です。

一時期、毎日のように店に購入しに行っていたのですが、
毎回サイズを見ながらう〜んと悩んでいると、必ず「あの〜スミマセン」と店員に間違われる。

着てる服が違うでしょうに。私もカートを引いているでしょうに!
いつもありがとうございます。と先日、レジのおね〜ちゃんに言われました。

5月のはじめ頃に入居した方からは、「まだ赤十字の電化製品はこないかね〜3週間以上経つけれど」と言われるものの、
それに関しては全くノータッチなんですけど。

赤十字からは電化製品6点セットが支給されます。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、電気ポットだったかな・・・
それの納入が2〜3週間かかるとかで、それをまたずに入居した人はそれも無いままの生活です。
衣服などは支援物資でそこそこ有るようなのですが、入れる棚とかは購入しなければならないし、鍋、食器、洗剤、ティッシュのこまごまも用意しなければならないのですよね。
会社に余っていたカレンダーなどは喜んで持って行きました。
他に欲しいと言われたのが町の電話帳でした(タウンページ)。右も左も分からないので。
NTTの電話帳は?と聞くと、固定電話を引いていない方には配布しないとか(なるほどね)。
店の中を探してちょっと古いけれど数年前の電話帳を差し上げました。

先日、赤十字第一弾トラックが来たようですが、北海道から来たトラックなのだそうで、
運転手さんが場所が全然分からずに苦労していたようです。そうつぶやいていたらしい。

車が流された年配の方は、歩いて回っていたら腰痛が再発して自転車を買ったとか。
バスが充分ではない田舎町では確かに移動が大変ですよね。

生まれて、育った街を離れて全然知らないこの町で暮らすってすごく勇気がいることなんですけれど、なかなか良い場所だなぁって思ってもらいたい気持ちもあります。
どうすればよいのかまだ模索中。

今は友人の親がやっている、かなり個人的な支援の応援をしているだけですが、義捐金とか時間のかかるものではなくピンポイントでの支援(不公平でしょうが)をとりあえずしております。

もっぱらまた地震が来るとのうわさも流れていますが、
常に心構えはしております。

一旦ここで追いつきました(追いつかせましたので)記憶は終了ということに。

あ、そうそうここでお目にかかっていた方は海外へ避難していきましたYO!
別な大きな事情もあって海外に行ったのですが・・・放射能も一因のようです。

そうそう、土日が休みでは無くなる業界の知人は、大曲の花火の頃はきっと病気で欠勤になる予定です。(なるようにすすめました)

そうそう、今、私のIL DIVOも私の為に来日中(笑)
テレビで見る彼らはやはりステキです。
セブさん、ウルスさんの頭に白髪をはつけん。お互い歳をとっているのね〜なんて。

とりとめない感じですが・・・・一応終了。

あと1回、関連写真でも乗せましょうかね。
あまり凄いものはないですが・・・

posted by 日本花子 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

記憶3

電気が通ったのは、地震後3日目だったかしら。
4日目にかかろうとする真夜中でした。
我が家は、会社の中で一番遅かったのです。
1日以上遅かったのです。
周りが、お風呂に入ってさっぱりした顔をしていたのに、私はねっとりしていたのです。
暑い時期じゃなくて良かった。

でも3日目でつけば早い方だったんでしょう。

真夜中に電気がついた時は、家じゅうで歓声が上がりました。
皆、各部屋から出てきました。

電気が通ってからがまた大変でした。

お風呂にも入り、電子レンジが使え、冷蔵庫も使えてすっきりしたのですが、

その後に待っていたのは、
ガソリン給油の大行列でした。

私はラッキーなことに当日に満タンにしたのでしばらくは大丈夫ですが、
不安が不安を呼ぶのか町中のガソリンスタンドには全て大行列が。
店が開店するのかどうかも分からないのに列が。

そのうち、開店するスタンド情報がツイッターや、メールで入ってくるようになりました。

あっちの店は10Lのみだって、
あっちは20Lのみだって、
こっちは2000円までだって、
あそこは会員のみ・・・・・いろいろ入ってきました。


ぶっかれの車も満タンでしたが、通勤距離があるので1週間もしないうちに底が見えてきたようです。
ぶっかれの会社の車にも、ぶっかれの車にも支障が出てきました。(緊急指定されている車は給油出来たようですが)
その後会社を二日ほど休み各自自分の車に給油する努力をすること。
それから出社みたいな流れに。

当初は開店していなかったのですが、4,5日目から開店し始めたスタンドがありました。
有名メーカーのスタンドではなく、風の噂で北の方から名前も何も書いていない真っ白のローリーが毎日供給しているらしい。
しかもそこは給油制限なしなので満タン給油が出来るとも。

我が家の近くのスタンドでしたのでぶっかれはそこに並ぶことにしたようです。
夜の9時に並びました。スタンドまでの距離300m。
その位置なら翌日に給油可能でしょう。
しかし、3月も半ばを過ぎたのに、寒い上に豪雪。
アウトドアグッズてんこもりのぶっかれは、ストーブ、電気毛布、ポータブルテレビ、水、カップラーメンを持ちいそいそと、半ば目をキラキラさせながら列に並ぶために向かいました。
待っている間エンジンをかけれませんからね(ガソリン無くなる)

国道4号線での車中泊が許されたのもこの時ばかりでしょうね・・・
真っ白に雪をかぶった車。
私は見にも行きませんでしたが、翌朝には2キロ以上の列が。
仕事に向かって間もなく10時前には給油できたメールが来ました。

123.jpg

なんだかんだ2週間はこの行列が続いたのではないでしょうか。
私が並んだのは、もうそろそろ大丈夫じゃない?と思われる頃で、
夕方でもまだ開いていて5台位しか並んでいない時でした。
翌日からは全く列が無くなったのですが・・・・・


足りなくなると買い占める人間心理が働くのか、
並ばなくても良い人が結構いたと思います
年配の働いていない人。おうちで大人しくしていればガソリンは減らないのに買い出しの為に(小屋に野菜もコメもあるだろう)、町中のパトロールの為に(誰も頼んじゃいない)、Fullから少し針が欠けたから、並んでみたい・・・・こんな人がいなければ列も少しは減ったんではないでしょうか。

何時間の並んでいざ給油したらすぐにバン!(満タン)なんていう人も。
仕事で使用する人、被災地に行かなければならない人・・・いろいろな人が並んでいたと思います。

学校の先生でたまたまその日は内陸にいたが勤務先は沿岸。向かわなければならないが、ガソリンが無いので2日かけて満タンにして被災地に向かったという話も数人から聞きました。


この列に平気で割り込みする人・・・すげぇむかつく。
制限に対してとか、目の前で売り切れになりスタンドマンに逆切れする人、土下座させた人も。
家や店の出入り口も気にせずに割り込まれないように詰めてしまう人。
いざこざもあちらこちらにありました。

一方、しばらく仕事休みと言う方も多かったのか道路には見たことない位の人が歩いていたり、自転車をこいでいたり・・・・
各アパートに一気に自転車が増えたのもこの時でした(退去時置いていくなよ)。


ガソリンが通常に戻ったことが生活が平常に戻った日と言っても過言ではないと思います。

あれ以降、ガソリンが半分切ったら満タンにするように心がけています。
携帯も帰ったらすぐに充電するように心がけています。



しばらく不足していたのは
納豆、生理用品、生魚、缶づめ、インスタントラーメンとかはしばらく棚が空いていましたね。
刺身食いたい〜〜とか納豆食いたい〜〜とかなった気がする。

コンビニは棚が埋まるまで結構かかったと思います。


一方仕事は、繁忙期もストップし、おだやか〜な日々とは行かず、

給湯機の凍結騒ぎ、
建物点検・・ひび割れ、修繕依頼(といっても業者も動けないので電話のみ)
火災報知機対処などなんだかんだ問題が起き続けてましたね。

火災報知機なんですが、規模がちょっと大きいアパートでは火災報知機(本体)が部屋の中に設置されているところがありました。
隣の部屋でずっとアラームが鳴っている連絡が。

停電中にバッテリーで作動していたのですが、数日の停電でバッテリーも消耗してしまいそのお知らせの為にアラームが鳴り続けていたようです。
空室の所はボタンで止めれました。
入居中の部屋にあるものは、入居者がいろいろやっても収まらなかったのでバッテリーを引っこ抜いて放置してたと後から聞きました。電源が入るとアラームが鳴り続けるので(火事があっても鳴らないってことよね)

いずれも築十数年経っているもので、バッテリーも古く、通電後も充電できないのかバッテリー交換が必要になりました。

このタイプの火災警報器って面倒くさいですね。建設屋さんが選んで設置したのでしょうから、
全く分からない大家さんばかり。定期的に点検していればまだ連絡先が分かるものの、定期点検していない建物も(違法でしょ?)
管理物件にはなかったのですが、何度も出動させられました(4月の地震の時も)


この地震の後、ぶっかれの会社は地鳴りが聞こえるようになり、
地震が来るのが分かるようになったそうです。
それはそれで身構えれるから便利なんでしょね。怖いけど。

3月の末にはガソリンが手に入るようになったので若干、本当に若干の方が移動しました。
公務員さんは見事に玉砕。
全てキャンセルになりました(涙)
事態が事態なので、全額お返ししましたよ。
家財保険や、保証会社の保証料も全部(保険屋も保証会社も返してくれたんですよね)。
お客さんに返金した振込手数料分マイナスですが・・・それ以上のダメージをみなさん受けておられましたからね。

4月には少し遅れて移動があるかなぁと思った矢先の4月7日の夜にまたあの地震でした。
あっさり停電。

またかぁあああああああああ。
posted by 日本花子 at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

記憶2

あの日の地震は一つでは無く、3,4箇所でほぼ同時間帯に起きたようで・・・だから時間が長くて、何度も強くなったんだ・・・・・


3.11 
わたわたしているうちに暗くなってきました。

001.JPG 007.JPG

物は落ちましたが、思ったほどでもなかったのですが、
至る所のクロスに亀裂が入りました。


ところで、この不便な生活の中でもラッキーなことがありました。

我が家のラッキー1
・反射式石油ストーブを宮城岩手内陸地震の後に購入していました。反射式ストーブとファンヒーターの2本立てで普段から使用しておりましたので暖については問題なし。

ラッキーその2
・地震の数日前に、給湯機の灯油がすっからかんになってしまい空焚き状態に。急きょそこの灯油タンクと、ついでに暖房用灯油タンク(我が家には二つある)にも補てんしてもらっていたのでその後の燃料不足も大丈夫でした。

ラッキーその3
・二日前に、我が家のぶっかれコンロを最新のテーブルコンロに交換していたのです。
最新式のコンロには「勝手に炊飯」機能があり、さらにガス屋におねだりして炊飯用鍋をプレゼントしてもらったので停電でもコンロに貼りつくことなくノータッチでおいすぃご飯を炊くことが出来ました。

ラッキーその4
・毎年大曲に行っているおかげで、電気、水道の無い生活でも大丈夫なだけの備えがあったこと。
ランタン、懐中電灯、ヘッドライト、電池でも見れるテレビ、昨年の大量ぶんぶん棒に入れた電池他電池各種・・・・・薄暗いものの各部屋での灯り、情報は手に入れることが出来ました。
また、ぶっかれの車にはサブバッテリーが搭載されておりそれで携帯の充電、最後にはコードを引っ張って居間のテレビを見ることが出来ました。
(それで、初めて惨状を知った)

ラッキーその5
・前日の私の車のガソリンがすっからかんになり当日の朝に満タンに給油出来ていた

ラッキーその6
・昨年の秋のコメの収穫時にたんまり購入していたので、人数が3倍になってもコメには困らなかった。

等々・・・・・確かに不便ではありましたが、それなりに過ごすことが出来ました。

窓から見る外は真っ暗。
どこの家からも明かりがもれません。
もちろん道路も真っ暗。
たまに通る車のヘッドライトのみです。


その日の夜は、ラジオはずっとつけていました。
余震もひっきりなしにありましたので、パジャマに着替えることなく、ジャージ、トレーナー、靴下、さらにコートを着て、ポケットには携帯をしのばせ、枕元には災害グッズを詰めたバッグを配備。
・・・・・・・でもいざという時持ち忘れるんだなぁ。

義母は持ち忘れるので斜めがけバッグをかけたまま寝てたそうです。

その日の夜のラジオは何が流れていたんだっけ・・・・・あまり覚えていません。
余震の地震情報と、沿岸の津波の情報、壊滅的ってなんだ・・・・・・


ぐすり眠ることなく翌朝を迎えました。

明るいってステキ。


さて・・・・・・どうするか。
とりあえず会社に行くか・・・・・・ということで行ってみた。



交通量は限りなく少ないです。
近くの踏切は、遮断機の棒がありませんでした。
電車が止まると遮断機の棒をはずすんですね。


会社に行ってまずは後片付け。
さて、どうすんべ。
電気が無いので何一つ出来ません。
電話もならないし。
今、何を言われても何もできませんし・・・・・・帰るか。

なんてもたもたしてたらお一人ご来店。
管理物件に入ってる方でした。

電話が繋がらないから来たわ。
家の周りに地割れが出来て、液状化になっているの。
今は何も出来ないと思うけれど伝えておくわね。

と言い放ってどっか行きました。


帰り際にその貸家、というか貸家の前と大家さん家に寄ってみました。

016.JPG

あららら、確かにやばいかも。
小さな液状化現象が至る所で。
道路と側溝の間に隙間も。貸家の基礎にもクラックがビビビと。


大家さんに報告報告。
ピンポ〜ンの前に、敷石が真っ二つに。

げげげ、大家さん家もです。

018.JPG
敷地内のアスファルトも真っ二つ。
ここも口がパクパクしたそうです。
話をしていると、
「うちは水が止まっていないけど水の量が凄く少ないの・・・・」
まぁ、それは大変と裏に回ってみると、水道管破裂でしょうか、こんこんと水が湧いています。
昨日から・・・・・・
そりゃぁなんとかしないと。
貸家より大変だわ。

一か八か水道業者の携帯を知っている人に電話。
奇跡的に繋がりました。
地震発生の夜から仕事のしっぱなしだそうですが、
緊急を要する所には行きますとの話で午後には来てもらうことにしました。

後ほど聞いた話ではここの修理代は役場で出してくれたそうです。


ここの被害は、2度目の余震でさらにひどくなり、先日やっと終了しました。
耐震補強となるとものすごい金額がかかってしまうので最低限のもの。
築年数が築年数なので。
また大きな地震が来たら契約の消滅(建物が用をなさなくなる)かもね・・・・・
一応、修繕と賃料値下げでおさめました。


この後は家に帰りました。
なんだかんだと日も暮れてさびしい夜がまたやってきました。
「ちびまるこちゃん」をやっているかも・・・と姪っこの淡い思いの為にテレビを電池でつけましたがやっているわけも無く・・・・・あの津波の映像を見ました。

息をのむ凄さでしたね・・・・
津波って初めて見た。
数年前にスマトラ島沖地震の津波の映像も見たことは見たのですが今回ほどいろんな映像も目にしませんでしたので良く分かりませんでした。

よく映画でみる津波って、サーフィンするようなザッパーンという大きな波が来る感じだったのに、
今回のは海の水があふれて流れ込む感じ。
しかも真っ黒な水が・・・・・

しかも北は北海道から南は千葉まで・・・・・広範囲です。
初めてのことです。
やっと全体像が見えてきて、はっとしました。
義姉が仙台の蒲生地区に住んでいることを。
おもいっきり津波が来たところです。
しかし、全くメールも電話も通じません。
でも、なんとなく生きてる気が皆していたのでした・・・結果生きておりました。
きっと死ぬはずはないと思ってもいなくなった方も大勢いるのでしょうね・・・・・・

3日目にして母親の確認の為に実家に向かいました。
一昨年にオール電化にリフォームしておりましたのでかなり不便だろうと。
道中の国道はすでにガソリン待ちの列が出来ておりました。
実家の方は、自分の所よりも早く電気が復旧しており行った時には電気がついておりました。
我が家は植木鉢1個が転んだだけというなんとも平穏だったようですが、
土地が揺れづらいというよりは、家が頑丈なようです。
お隣の奥さんが地震が怖くて外に出ると、自分の家はゆらゆら揺れているのに、
我が家はぜんぜん揺れていないと言われたようです。
今回のリフォームの内容には文句タラタラありますが、さすがですS水ハウス。

しかし、暗い所に一人でいるのは心細いでしょうから顔を出したことで安心したようです。

カセットコンロ、反射式ストーブ&灯油、懐中電灯も常備してあったためにそれほど窮地に迫られたことはなかったようです。

やはり備えは必要ですね。

しかし、オール電化は、タンク内のお湯を使ってしまうと、即お湯が欲しい時には大変なようでした。ま半日くらいなんですけれどね。


車のターボを回さないように静かに帰ってきました。
しかし、ガソリンであんなに苦労するとは・・・
posted by 日本花子 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

記憶

被災地ではありませんが・・・・・・


3月11日のあの時間は会社におりました。寒い日でしたね。
入社してから使い続けたパソコンの調子がどうもおもわしくなく、この繁忙期にしょっちゅう固まったり、朝に立ち上がるまで40分かかったり・・・・・ということでこの日おNEWのパソコンが納品されつないでもらっている最中でした。

あっ、地震だ!

と思ったのもつかの間、ゴゴゴゴゴゴと尋常じゃない揺れが始まりました。

うぉぉぉぉっ!

社内中でガシャガシャガシャと音が鳴り始めました。
今回の地震は長いです。
そろそろおさまるかと若干弱くなった後、ブランデーグラスの中のブランデーのように回されます。
それまで自力で耐えていた棚も一気に傾き始めました。
片手で抑え、片手で入り口のドア(開き戸)を開けましたがすぐに閉まってきます。
(この時はストッパーがない戸なんだと思ったが、数日後ドア開きっぱなしになるじゃん、そうだったよなぁそういえば。揺れすぎてすぐに閉まってくるんだと後日気付いた)

揺れに強弱が、いや強、最強の波がやむことなく襲ってきました。

茶碗がガシャガシャと落ちました。

そうして、停電。
あ、消えた・・・・・


でもまだまだ揺れます。
とぅるっとぅるっは一目散に「俺は逃げる!」と言って外に逃げました。


さすがの工事現場もストップ。
建物からは人が飛び出し、
車も前に後ろに横に揺れてます。

自分の感覚は、5分以上。
その後の動画を見ると2分半から3分くらいのようですね。

やっと収まりました。
即、ラジオに電池を入れて情報を聞きます。

前回宮城岩手内陸地震の震源地だった栗原市周辺が震度7?!
もうびっくり。
自分の辺りは6。
うひゃぁ〜〜という感じ。

内陸育ちの内陸在住の私はその頃沿岸で凄いことが起こる、起こっているとは全く思いませんでした。
ラジオでは津波警報が出て高台に逃げるように繰り返し発せられます。
それでも、私はせいぜい1〜2m位なんだろうと。沿岸より内陸の方が被害が大きいのだろうと思っておりました。

間をおかずに結構大きな余震が襲ってきます。
その度に皆外に出ます。

パソコンのお兄さんは(社長)、会社が心配なので帰ります。来週辺りまた来ますと帰って行きました。


そんな中別の不動産屋さんがわざわざ契約書を持ってきてくれました。
郵便配達のお兄さんも「ダイジョーブ」でしたかと郵便を配達してくれました。


・・・・・・・・さてどうする・・・・・・・・・
雪崩を起こした書類や粉々な茶碗を見ながら衝撃の凄さにボー然中。


電気もつかないから暗くなる前に家に帰って片づけものをしましょうということになり、
店の中はそのままに撤収しました。

携帯は全く通じません。会社の固定電話も光のせいか通じません。
外に出て気付きました。
信号もついていません。
交通量の多い交差点付近は大渋滞です。

その頃はメールが時間がかかるものの出来ましたので、母親、義母の安否は確認できました。

家路に向かいます。
冷たい雨だか、雪が降ってきました。


そういえば・・・・地震の時社内には4人いましたが、
誰一人、携帯の緊急地震速報が鳴りませんでした。
私とパソコン屋さんはiPhonなので当然。
残りの二人はDocomoでしたが事前には鳴りませんでした。
揺れている最中に鳴ったのかもしれませんがそれどころではありません。
その後即、アプリの『ゆれくる』をダウンロードしましたが・・・遅いです。
来てから鳴ります。
標準装備を求めます。・・・その流れのようですね。




車のラジオは、津波が来ていることを告げています。
でも、ぜんぜんピンときていない内陸花子。


その頃、東北以外の方はリアルタイムで、各地におしよせる津波の脅威を見てたのでしょうね。
肝心の被災地の全地域はラジオでしか情報が入りません。
ワンセグが見れた人も、バッテリーが減るのに気付きすぐに見なくなったって言ってました。

後日テレビのアナウンサーが言ってました。
全域が停電になったことは知っているので誰もこのテレビを見ていないと思う、けれど津波からの避難や情報を伝えるしかなかったって。


家に戻ると、義妹一家も揃っていました。
なんでも姪っこが我が家に一人で留守番をしていたのだそうです。
大泣きの最中でした。



義母・・大手スーパーで買い物中。大きな揺れがきて真っ先に一人置いてきた孫が浮かび、買い物中のかごをその場に置きヨタヨタと出口に向かうと、店員さん方が空いた買い物かごをお客様一人一人に渡し、危ないのでこれを頭にかぶって下さいと言いながら周ってたそうです。
すごい、社員教育です。
 でも揺れがおさまる前に車に乗って家までかっとばして帰ってきたそうです。

ぶっかれ・・見積もり調査で隣町に。車に乗った所で強い揺れ。
異様な揺れにおののいたぶっかれは、道の端ではなく建物が倒れてきても良いようにT字路の真ん中に止めて、ラジオのボリュームを上げて外に飛び出す。
近くの建物からよろよろと出てきて電信柱にしがみついた父さんを危険だから自分の車まで連れてきて二人で様子見。
でも動揺していたぶっかれは、車のドアを開けて片足突っ込んでみたり、ドアを閉めてみたりおちつかなかったみたい。(家の建具がゆがんで開かなくなるのが頭の片隅にあったみたい)

母・・スポーツジムに居たらしい。終わってお友達とお茶中のこと。2階にいて揺れ始めたそう。
外に逃げてとのスタッフに導かれ階段に向かうも、階段の揺れにおののきしばし様子見。
手元に鞄があったから全部持ってきたけれど、いっしょの友人は驚きすぎてなにも持たずに外へ。
別な友人はすっぽんぽんでサウナに。
スタッフに逃げてと誘導されるもすっぽんぽん。バスタオルを巻いてと言われてもそれで外へは抵抗あるので自分の洋服を探すも何処にもない。なんとかその辺にあったジムのジャージを着て外に出た。自分の洋服は、他にサウナに入っていた人がびっくりしすぎてその友人の洋服まで全部持って外に出てしまったことが発覚。

姪・・義母に買い物に誘われるも一人でいると断り、まったりジュースを飲みながら再放送のドラマを寝そべって見ていた。くつろぎすぎで靴下まで脱いでいた所に、『緊急地震速報』がテレビから流れた。
何っ????!!!!立ち上がりとりあえず子機を手に取り居間のサッシの方へ向かった途端、ものすごい揺れにひっくり返った!ヤバイ!と思い台所に向かいテーブルの下に隠れるが、揺れのせいでそばにあった食器棚の扉が開き、中から食器が落ちテーブルの下に落ちてきた。さらにテーブルの上の花瓶が倒れ水をかぶった。
もう駄目!と思って台所のサッシからよたよたと外に出ようとした。縦揺れのせいか、二重サッシの鍵は全てラッキーなことに外れていたので裸足ですぐに外に。
外から見た我が家はわかめのように波打っていたそうで・・・やばいと何故か揺れで一人で開閉中の台所のサッシを抑えに戻った。抑えているうちに頭上にあった物干しざおが頭に直撃。(ちゃんと輪っかの中に入っていたのですがその頃は横揺れになっていたんですね)もう駄目・・・・と思い途方に暮れて駐車場にたたずむ姪っこ。
揺れがおさまり、家の中に入りこぼれた花瓶の水だけは拭き、また放心状態で台所の前にある台に座って子機だけ持って泣いているところにママが超特急で駆けつける。
安心した姪っこはその後1時間泣き続けたらしい。(義母も間もなく到着)
鍵も開いたり、物干しが落ちたりしたのはきっと仏様が早く建物から離れろとのお導きで、守ってくれたんだろうねとの我々の想像。


その後聞いた話。
・栗原在住のお掃除やさんはその時うちで頼んでいたお部屋を掃除中。即 外に出てテレビで情報を見たら自分の所が震度7.こりゃ大変と、荷物そのまま帰路についた。電話が通じないので30分後にメールで帰りますコールが入った。部屋を出たすぐの陸橋にすごい段差。ここでこんなに被害が出ているなら自分の所は・・・・国道はトロトロ。裏道を通り割と早く半分位の所まで来たが、自分の家に近づけば近づくほど状況が悪くなる。
道路はズタボロ、車やさんのガラスは割れたり、外壁倒壊がそこらじゅうに。
全員無事だったものの、電気、水道は1週間以上止まったまま。
エコキュートは軒並み倒れ(固定しているのに)、瓦屋根の家で柱が若干弱いところは建物が壊れたりと至る所の建物が赤紙を貼られているそうです。
4月の余震でとどめをさされた建物も結構あるそうです。
津波が無かったので全国放送では全く放送されておりませんが、新幹線もその辺りの復旧工事の完了待ちです。

・美容院のお姉さん・・・店には10人位いたそうですが、まず危険だから外に出て、おさまったから中に入り、また余震が来たから外に出て・・・さて頭が濡れている皆様停電ですので乾かすことが出来ませんってことで濡れたままさようなら。パーマ中の方はいなかったが染色中がお二人。
とりあえず、若干残っている給湯機のお湯と、ポットにあったお湯を薄めて洗い流し、足りない分は水で染色剤を流しました。シャンプーはどうするか聞くと子供を預けている方もおり、自分で家でシャンプーをするとその中途半端状態でお帰りになられたそうです。

・解体現場にいた解体屋さん・・・解体の足場ってもともとぐらぐらしているので多少の地震でも気にならないようであんなに揺れてもひょいひょい歩いていて・・・現場監督に早く降りてけろ~~と叫ばれてやっと降りてきたそうです。

・大家さんA・・・自宅にいたのですが、あまりの揺れに外に出ると地面にピキピキと地割れが。
門から玄関まで敷いてある置き石も真っ二つ。車庫へ向かう舗装部分も亀裂が入りパクパクと開いたり閉じたり・・最後は重なって終了。増築した境目がヒビだらけ。


・友人の夫・・・古めの鉄筋コンクリート造の建物が勤務先。最初は近くの書棚を抑えていたが、プシュ、ぶは〜と柱から白い粉が噴き出したのを間近で見てしまい、ダメだと一人で外に逃げたそうです。崩れませんでしたが。


間もなくメールも何も通じません。
送信すら出来なくなっていました。


そんなそれぞれの3月11日。

結構揺れている瞬間を動画に撮ってる人って多いんですね。
Youtubeで検索するといっぱい出てきます。
東京もすごく揺れたんですね。
車の中でも凄い揺れだし・・・私にはそんな余裕なかったな。


続く

posted by 日本花子 at 16:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

あれから2週間です。

みなさんこんにちは。
花子です。
間もなく地震の起きた時間ですね・・・・

やっとこさっとこ2日前にネットが通じました。

こちらは、徐々に通常に近い生活をおくりつつあります。
内陸に住んでいることもあり、大きな被害も無く多少の物資不足なだけです。

今では当初大変心配してくださった方々の方面が原発がらみで不安が大きくなっているのでは。
日本の半分が今回の震災の影響を受けているのですね。
今回の震災で被害にあわれた方、お亡くなりになられた方心からお見舞い申し上げます。

現在は、いつもと違う繁忙期に追われております。
この間の記事はおいおい書くとして、
今日は、皆様にいただいたコメントのお返事を。



あ〜!あ〜!あ〜!
花子さ〜〜〜ん!!!!!
良かった〜、生きてた〜(;_;)
メルアド知らないし、停電ひどいみたいだし、とってもとっても心配しておりました。

不動産業者も修理依頼とかで大変なんだろうなぁと察しておりました。
ホントに良かった、花子さんと皆さんが無事で。
通常に戻るまでいろいろ大変でしょうが、応援してます!
Posted by きぃ at 2011年03月18日 23:11


きぃちゃん、生きてます。そう簡単には死にません!と言いたいところですが、
今回は、そう思っていた大勢の方々が一瞬の津波にのみ込まれてしまって・・・運が良かったということなのでしょうね。
修理は山場を越えました。
部品が底を突いているので入ってくるまでは直せません状態が続いていると言った方が良いかもしれませんね。
まだお湯が出ないところもあるんです。


>>我が家に親戚が集まっているので普段三人の我が家に九人がひしめき合っております
え、大変じゃん。

詳細、教えてんちょ。
Posted by 元町愛 at 2011年03月19日 00:40


元町愛さん、一昨日まで大変でした。
そのうち5人は被災者じゃないんですけどね(苦笑)
我が家3人が体力的にも精神的にも限界を悟ったのか帰って行きました。

家族ですらこうなのに、避難所の方々は本当に助かっても精神的に参ってしまうのを痛感しました。

義姉は仙台で被災にあい、部屋が流され本当に避難してきています。
仙台での部屋探しも、不動産屋は自社管理物件の入居者さんの対応で精いっぱいで一般の人には部屋は紹介できないと言われ続けております。
義姉の部屋の不動産屋は、津波地域の物件が多く自力で探してくれと言われたそうです・・・
部屋を探した時にかなり理不尽な対応もされてへこんでいます。
事情が事情なだけに仙台での部屋探しは困難を極めております。


ごぶじでしたか、良かったです。
ものは買えていますか?
Posted by たろう at 2011年03月19日 06:06


たろうさんも水道関係でテンテコマイなのですよね。
一斉に発生したものだから本当に緊急なところからしか行けないし、
人員、燃料、部材もままならいのでしょうね。
私の町の水道業者さんも地震発生日からずっと休みなく働いているそうです。
ものを買えない間に3キロ弱やせました。
どんだけ食ってたのかやっと分かりました。
私にはこれくらいでいいんです。


花子さん!!!
とってもとっても心配してました!!!
よかったです。
ホントによかったです。
更新もされてないし、もしかして…と何度も頭をよぎってました。
無事でよかったです。
ホントによかったです。

私のブログで、花子さんに呼びかけをしようかと思ってました。
もしも見てくれたら、コメントもらえるかと思って。
今ここをのぞいて、安心しました。
無事でなによりです。
不自由な事も多いだろうけど、ホントに無事で嬉しいです。
Posted by kotako at 2011年03月19日 08:36


kotakoちゃん、ご心配おかけしました。
最近、読み逃げしていてごめんなさい。
この通りピンピンしています。
このうれしい言葉を糧にがんばりますよん。
ダイジョーブ、ダイジョーブ。


花子さん、ご無事でなによりです。

詳しい場所等も伺っておらず、『東北地方』とだけ認識しており、非常に心配しておりました。
弊社は千葉にありますが、それでも一部では震度6弱のため被害もあります。
どこにいっても物流は滞り、不便さを感じておりますが、被災地の方を思えば、我慢の範疇です。
仕事柄、物的被害にも風評被害も多く、しばらくの間は仕方がありません。
こんな時だからこそ、自分には何ができるのか?と問い、考えるだけでなく行動したいです。
Posted by よっしー at 2011年03月19日 10:32


よっしーさん、千葉も結構な被害を受けているんですよね。
東北の被害ばかりが映像で流されているのですが、津波も受けたし、地盤沈下とかも起きているのですよね。
こちらはライフラインはすっかり戻ったのですが、今朝のテレビでは、千葉県では、水道、下水道がままならない地域もあるようで・・・

>こんな時だからこそ、自分には何ができるのか?と問い、考えるだけでなく行動したいです
そうですよね。たまたま被害の少なかった現地に近い我々が何を出来るか・・・考えたいと思います。


ご無事で何よりです。
勝手に心配しておりました。
普段とは違う生活で大変でしょうが、
無理をしないでくださいね。
Posted by りんりん at 2011年03月19日 12:48


りんりんさん、はい無事です。
2週間はあっという間のようで、余震が来るとついこの間のように思えますし・・・
道路を走る車も増えてきました。
4月に入れば3月に来る予定だった繁忙期がくるかもしれません。


ご無事でなによりでした。今までのブログ内容からお住まいは海岸エリアではないと思っていましたが、更新がなかったので、もしやと。
今回の大地震で亡くられた方の大半は大津波の被害者ですものね。
東電のせいで私のところは、これからです。
頑張りましょう。
Posted by しゅうちゃん at 2011年03月19日 22:20


しゅうちゃんさん、はい、私内陸も内陸、ど内陸です。
東電さんは大変ですね。
それこそ、「事件は会議室で起こっているんじゃない!現場で起こっているんだ!!」的なことがすごくあるんだろうなとニュースなどを見て感じています。
東電さんに限ったことではないんですけどね。


御無事で何よりです。

花子さんは今回の被災地に近いのではないかと心配していました。

先日、うちの奥様の会社で救援物資を送るルートが確保できたので段ボール1箱送りましたが

テレビには映らない、物資も届かず、略奪が横行している地域もあるとの事ですので花子さんも気を付けてください。

こんな時期ですので、お体を大切にしてください。
Posted by あくい at 2011年03月19日 23:11


あくいさん、ご心配ありがとうございます。
スーパーも毎日開店するようになり、限りはありますが食材も増えてきました。
その日の分をそお日に調達するというシンプルな生活・・・これもありなのかなと思っております。
この震災で軒並み退去が遅れております。
皆まだ自由に動けないので、退去されてもハウスクリーニングの手配が出来ません。
現地に行く燃料をなんとか確保してやってもらった所もありますが、洗剤等の在庫が無くなれば次はいつ来るのか分からない状態のようです。
3月も末なのに、まだまだ朝は氷点下。雪も降ります。
インフルエンザも再燃してきたようです。
健康第一につとめたいと思います。


ご無事で何よりです。気になっておりました。
不動産屋さんはこういうとき大変でしょうね。
少しでも早く元の生活に戻れるよう、お祈りしています。
Posted by NASA at 2011年03月21日 12:48


NASAさん、被害が少ない地域ですので最初のうちバタバタしてましたが凍結、クロスの破れそんな程度で済んでいます。
これからは被災された方への住まいの提供・・・これも行政の方針が出そうで出ないし、大家さんへ協力していただくことも増えていくのかなと思っています。
今までもでしたが交渉事が多くなりそうです。


皆様お気遣いありがとうございます。

ゆかちゃん、よりちゃん、けんちゃま、みえ吉ちゃん、バニスターさん、イガイさん、お京ちゃん、久光さん、はまみさん、トコさん、歌川&つれちゃんさん(順不同)携帯の電波がピピっとつながったときにバババと入ってきたメールにすごく励まされました。
ありがとうございます。
その他のご訪問いただいて下さった皆様ご心配をおかけしました


3月はもともと更新頻度がより少なかったんですけどね。
落ち着いたらボチボチ更新していきます。


なんか、泣けるんだけどがんばるぞ〜と思える記事をツイッターで見つけました。
知っている方も多いと思うのですが・・よろしければご覧ください。
私は何度も読み返してがんばるぞ〜〜と気合入れてます。

日本すげえええぇぇぇ!!!(地震に関する心温まるツイートや記事のまとめ)
posted by 日本花子 at 14:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

こんばんは、花子です。

今だにネットが繋がらない我が家。
NTTに聞いても時期は未定と。

iPhoneからの投稿です。

今回の地震で6強でしたが内陸に住んでいるために津波の被害はなかったので大きな被害はなかったです
ただ我が家に親戚が集まっているので普段三人の我が家に九人がひしめき合っております(笑)

不動産業界はストップしてます

ガソリンがないので引越し業者が動けず退去も入居も期間未定の遅延状態です
お客様もあぶらが無ければ無理に探しにも来ないので静かですが電話はひっきりなしになり続けます

三月ですが、まだ氷点下になるので地震後の数日の停電で軒並み凍結&破損
こんな時期なので、修理部品や新品商品が手に入らず地震後お湯が出ない人も結構いらっしゃいます
凍結して給湯器から水が吹き出していることを気付かない人も結構いると思います

そんなこんなでバタバタは変わらずです。
ガソリンは貴重なので自転車で回れる所は回っています

空室の部屋でリビングが大きめの部屋は今回の揺れでクロスが裂けている所も・・・・
クロスの工場も仙台で流されたらしくしばらく入らないとか

次に入る時は高くなるはずとも言われてます。

あ〜いろいろ悩み多しです。

でも私は、元気です。

メールをいただいた皆様ありがとうございますm(_ _)m
読んでいただいている皆様元気です(((o(*゚▽゚*)o)))

被災地の一部ではありますが、ダメージは少ないので応援するがわになろうと思っております。
posted by 日本花子 at 19:53| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

バレンタインディ

今更な話題ではありますが、

石持ちぶっかれは義理チョコを今年は7個もらいました。
(石・・・結石。先日お尿といっしょにからんころんと出ていったそうです)


ビール、ワイン、チョコ・・・それほど多くは無いもののまだ残っています。

そんな時に贈るチョコは、『生チョコ』系が多くなりました。
御多分にもれず私も義理チョコは『生チョコ』

・・・・・あれですね。
1個2個なら生チョコおいすぃですが、

・・・・・・あきますね。

義理チョコといっても実際チョコを貰ったのは4箱。
それだけなのになかなか減りません。


ぶっかれは、甘いもの好きです。
チョコもまんじゅうも、パフェも。
でもなかなか生チョコに手が届きませんねぇ。

お口が庶民なんでしょうね。
ま、私がBIGなLOVELOVEチョコをあげてしまったのもありますが、
それも昨日賞味期限が過ぎていることをしりあわてて皆で食べました。




これね、おいしかったです♪
実は、ぶっかれがなかなか手を出さないうちに私先に2個ほど味見してました。
味が4種類あるのですが、どれもうまい。
このクッキーとチョコの組み合わせがうまし。
で、おいしいから食べてよ!!と昨日勧めたのです。
で、食べたら『うまい!!』とむしゃむしゃしてました。
真っ黒なパッケージのハードさに比べて、お味のやわらかいこと。
ホワイトデーのお返しにも販売しているようですね。

普段は手を出さない金額ではありますが、年に1度くらいはという商品でした。

で、話がそれましたが、
基本庶民口。
生チョコがあるのにぶっかれが毎晩のように食べているのはコレ。






マ〜メマメマメのでん六さんのチョコピー(あれピーチョコか?!ま、いい)
近所のスーパーでいつも98円、2個買うと180円。
毎週まとめ買いしてます。
二人の時は二人でむしゃむしゃ。
一人の時もむしゃむしゃしてます。
冬の間はなぜか食べたくなるようで。暖かくなると同時に食べなくなります。


ぶっかれには来年チョコP、ダンボール1箱が良いのではと思います。
というか本人もそれが良いと。


いろいろ考えて選んでいるのに・・・・まったくぅ・・・・
私は、来年でもショ〜コラでも良いくらいおいすぃかったのに。



しかし、なんですね。
世間の働く主婦は、義理チョコをあげるのに悩み、
旦那の義理チョコのホワイトデーのお返しに悩み、
まったくうれしいことないですよね。


ちなみにお返しにはこれの予定。





ぶっかれからのお返し?
自分で選ぶからいいよとお断りして(はなから返す気はないようだが))、
ショ〜コラの5倍のお値段のバッグを既に購入済みです♪
なんだかんだと一番得しているのは私のようです。
posted by 日本花子 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

インフルエンザ

にぶっかれがかかりました。A型のようです。

今週の月曜日からです。
病院には翌日に行きまして診断結果がインフルでした。


私は月曜の夕方から、マスク&寝室別の家庭内別居をしましたので今の所大丈夫です。

ぶっかれは、高熱が出ることも無く、
軽インフルのもようでした。


しかし、インフルエンザの治療って簡単なんですね。

病院に行って、「イナビル」とかいう薬を服用するだけで終了なんですね。
あとは5日間じっとしていれば終了だなんて。


普段の風邪より薬の量は激少なんですね。
それだけ強い薬なのかしら・・・・・・・・



さて、寝室はいつから一緒にしましょうかね・・・・・
あ、もともと同じ布団ではありませぬ。
同じ部屋に寝ているだけです(笑
posted by 日本花子 at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

今日は豆まき

のようですね。

でん六さんのCMの音楽がなんか好き。





でも、謝恩会で踊るならこっちの動画が良いでしょう。
ひそかにK−POP並みの踊りで、マニアックじゃない?

時間も1分13秒で終わるし(笑)
お勧めです。


posted by 日本花子 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

あきたいぬ

やっぱり犬なら秋田犬(あきたいぬ)だなぁ・・・・・



1.jpg


2.jpg


3.jpg

かわえぇ・・・・はーと
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

(いまさら)おせち

いまさら・・・・・・本年もよろしくお願い致しますぅ・・・

今年初の記事です。
あ〜休むとこうもだらだら更新しなくなるのね。


ということで、いまさらおせち。
昨年、清水の舞台から飛び降りた気分で購入したおせち。

おせちといえば結構なニュースになっていましたね。

おせち問題

こんなのが来たらめまいしますよね。
お金が返ってきたようですからまだ良いですが。

私が頼んだのは、これでした。



もちろん、この通りとは思ってません。
だってお重からはみだしていたら重ねれませんからね。
年末は実家に戻るので実家に送りつけました。
じっくり解凍してもらいました。レビューでは、冷蔵庫に入りきらなくて解凍が難しかったというのがありましたが、この北国、廊下などは天然の冷蔵庫化してますので(冷蔵庫以下も多々)その辺に置いておくだけでじっくり解凍できたようです。


じや〜ん
oseti..jpeg

母親はこれが届いたので他にはおそば程度しか用意していませんでした。
もうこれにかけてます(笑)

おっとぉ・・・・若干地味。
ま、しょうがないよね。
素敵な風呂敷(風)に包まれたお重でした。
普段口にしないものばかりなので、見ただけではなんだか分かりませんのでお品書き片手にあ〜だこ〜だといいながら食しました。


壱ノ重
2jyu..jpeg

和食のおせちは比較的苦手なのですが・・・おいしくいただけました。
最後まで残ったのが、<葉つき金柑>
右上の黄身みたいなやつです。
どうも・・・果物系に火を通しているのは苦手。なかなか手が出ません。
おそるおそる口にしてみると・・・・・意外とうまい。
全然食べれるジャン♪という感じでした。
栗きんとんも、甘ったるくなく栗そのものを感じさせるものでした。


弐ノ重
1jyu..jpeg

創作洋風の段。
テレビでは見るけれど、口にはめったにしないものが多く、それこそお品書きと首ったけ。
どれがフォアグラナの?!とか・・・
お肉系は人気でした。合鴨もおいしい♪豚肉のテリーヌパイ包みもおいしい♪ローストビーフもしなくない(しない又はしね 標:かみきれる?筋がはいってない?)
意外だったのは、レバー系がきらいなぶっかれ。フォアグラはきっと食べれないと言っていたのに普通に食べてました。逆に私が欲張っていっぱいほおばったせいか・・・ダメでした。
少しずつ口にしろ!と注意を受けました。 てへっ(ぶりっこ)

ここで最後まで残ったのは・・・プラムの赤ワイン煮と、オリーブのオイル漬け。
プラムはおそるおそる口にしましたが大丈夫でした。
が、オリーブは・・・不評。以前からオリーブの実は苦手でしたが、今回もやはり駄目でした。
これだけは残りました。オリーブはオリーブオイルだけで充分、実は食べなくても私たちは結構ですという結論になりました。(何様?!)


参ノ重
3jyu..jpeg

デザートも入っている洋風料理。
ここのものは一部温めた方が良いと書いていましたので一部温めて食べました。
うまかった〜〜
牛肉のデミグラス煮、鶏のホワイトソース煮、豚のトマト煮込み・・・全ておいしゅうございました。ソースまできっちり食させていただきました。
難点は、お肉が2個ずつしか入っていなかったので、3人でけんかになりました・・うそです。
でも食べれないお肉がありました。3〜4人前なら小さくても良いので4個ずつ入っていて欲しいものです。

ピーマン嫌いの私は、パプリカは食しませんでしたが、それ以外はおいしく食べました。
デザートのケーキも見た目よりおいしかったです。


結果として、広告の写真より地味ですが、
品数や、味や、お品書きには偽りはありませんでした。
これで足りるか?!と思いましたが大人3人では充分な量でした。
非日常的な料理を口にする機会、年に1度はあっても良いなぁと思ったのです。

その前の年は蟹を注文しましたが、おせちって楽だし、いろんな楽しみがあって良いなぁという結論にいたったのです。

ただし、ちゃんとしたお店を探さなければなりませんねぇ
今回注文したものは良いと思いましたよん(^O^)/
posted by 日本花子 at 09:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

来る年

あけまして


おめでとうございます。


本年もよろしくお願い致します




今年は、今年こそ、できれば今年は・・・・やせるぞ


いつも綺麗な身なりにしていたいです・・・あはは。


11.jpg
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

行く年

クリスマスも雪、


大晦日も雪、



鼻が止まらない花子さんは、風邪で年を過ごしそうです。


今年も1年間お世話になりました。

モニター感想文に追われた気もあるのですが、
来年は控えめにしようと思ったのです。


不動産業もやっている仕事も管理業がメインになりつつ・・・・これはこれでハードなんですが
切れながらもがんばりたいと思います。


みなさんお世話になりました。
来年もよろぴくどうぞ。



10.jpg
posted by 日本花子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

今年の年末は、

毎年年末は私に実家に帰っているのですが、

昨年からちょっと贅沢をしようと通販でこの辺ではお目にかからないものを買っています。


昨年はカニをたらふく食べました。


今年は、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、



おせちにチャレンジです!



せっかくだから・・・・・おいしそうなもの。

おせちってあまり好きではないので今まで食べませんでしたが、

今回はチャレンジしてみます。



おいしかったら報告します。

おいしくなかったら・・・・・・家でのみ文句を言うことにします。







残り3個ですって。
私の時は残り15個でした。
posted by 日本花子 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

うひっ

うひっ!



IMG_9178.jpg


5万円を越えたんで銀行に行かなければと思いましたが、600円ごとき全然大丈夫でした(笑)

この後、年末ジャンボとコンビニでシュークリームを買いました。あはっ♪
posted by 日本花子 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

うほっほっほっ!

うほっほっほっ!






うひっひっひっ!!!






うひゃっひゃっひゃっひゃっ!!!






IMG_0483.jpg





この調子で年末ジャンボだぁぁぁぁぁぁあぁぁ!!
posted by 日本花子 at 20:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。