2012年02月05日

要注意です

昨年末に申し込みをしてきた男性一人暮らし。
20代半ばの男性。


直接接したのは重要事項説明の時・・・・・
怪しいなぁ・・・

この田舎でこの年で免許、車なし。
何かやったのかなと思うわけですよ。
都会ならざらにいるでしょうが、田舎ではまず車なしでは厳しいわけですよ。
勤務先も隣の町だし

保証会社の審査に通ったからOKが出たようなんですが。


説明の後に契約金も払ってそのまま入居、
しかし連帯保証人の書類に一部不備があり再提出だったんです。
自分は仕事が忙しいし、車がないのでなかなか実家に行くことが出来ないとのこと。
保証人から直接郵便でこちらに送ってもらうように話をして終了。


しばらくして書類を見ているとこの男性の書類の不備がそのまま。

担当に何回も電話をかけさせたのですが、最初は電話に出ていたのにそのウチ音沙汰なし。
実家にも電話をさせると、とっくに契約者に渡しているとのこと。
その後も音沙汰なし。
1カ月経ってしまいそう。これは夜に訪問か・・・・・
と思ったら封筒が届いた。

差出人なしの封筒だが弊社で渡した封筒なのでピンときた。
開けたら案の定彼だった。
これで一件落着・・・・・・・・・と思ったら、


その封筒は宛名だけ書いて、切手を貼らずに投函されていた


ちょっと、いやかなりムカつきました。
大家さんへはちょっと約束事にもルーズなので家賃が入らなければすぐに連絡下さいっていったけれど。
担当と話をすると、予約を入れた後もなかなか申込までも時間がかかり、
申込、契約まで日がないという無計画というか気ままというか・・・・
私だったら一旦白紙にしますけどね。
または申し込み後相談して決めますけど、保証会社さえ通ればOKみたいなところがあって、
そこは実際に会っている我々がアドバイスしなければならないわけで・・・・


ま、要注意だな。


滞納したらすぐに出してやるぅ。ってなかなか簡単には出来ないんですけどね。


posted by 日本花子 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

冬の到来

皆様、タイヤ交換は終了しましたでしょうか。


ワイパーも替えましたでしょうか。

私まだです。
まだ頑張るかな・・・・・屋根から落ちる雪の音を聞きながら、雪が道路に積もっていませんようにと祈りながら眠りに就く花子でございます。



この季節になると、
冬期間のみ駐車場を借りる方が増えます。

冬期間だけ電車での通勤通学なんですね。
12・1〜3・31まで。
今年は4月も降雪がありましたけど大体そんな感じです。

とぅるっとぅるっの路面にいつも以上いや3倍もの渋滞ですから電車で行ける所なら電車の方がはるかに気が楽です。
今年は、高速道路が無料なので高速道路mありかしら。
高速道路は融雪剤バンバンですから一般道路より走りやすいです。
でも、きっとI.Cできっと混みますもんね。


たまに冬期間だけお部屋を借りたいというかたもいらっしゃいます。
繁忙期に重なるので微妙なんですが、ヨシとする大家さんも中にはいらっしゃるので借りることが出来ます。


「冬は怖いですもんね〜」と話をしていると、
上記のお客様の8割は

冬に事故ってます。

とぅるとぅるん♪とすべってガシャ〜ンとやっています。
その後はトラウマになり安全な方法を選んでいるのです。


分かる分かる。


私も若かりし学生の頃、
ピッカリンコの上り坂の道路で(怖かったからスピード全然出していなかったのよ30`位)、
小刻みに尻を振りだしたと思ったら、だんだん大きくなってしまいには対向車線にはみ出し歩道を駆け上がり、その先の小学校のブロック塀に激突したことがありました。

・・・・・・その時初めての4駆の車だったのですが、4駆って止まらないで何処までも走るんだ、こえ〜〜〜〜と思ったことがあります。

そういえば数年前のピッカリンコの道路で半回転した時も、上り坂だったわ。

ピッカリンコの上り坂は要注意だわ。
きっとアクセルの加減なのよね。


ということで私も限りなく冬は臆病なのです。
気持ち分かるわ〜〜〜〜


ということで、冬場に事故っている人は案が多いのねん。と思った今日この頃。
来て欲しくないと思っても確実に来るようなので皆様お気をつけ遊ばせ。

冬は遠出は全くしません。
なぜならどこに行くにも峠を越えなければならないので。


やだなやだな。
posted by 日本花子 at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

奇術クリエーター

え〜私不動産屋の人間でした。


今も不動産屋の人間です。


が、よく見たらここ最近全く不動産系の記事を書いてないことに気づきました<(_ _)>

ということでこの数か月にあったことを・・・・



とある生活保護の方が部屋を探しに電話をかけてきました。
これという部屋の指定があるわけでもなく、生活保護の限度額で入れる部屋は無いかとの問い合わせでした。


な〜んとなく、なんとな〜く、気乗りがしない相手でした。
物件もほとんど無かったので1部屋のみ電話で紹介したところそこを見たいと。
しかし、足がないので迎えに来てもらいたいと。

住んでいる場所を聞くと、確かに遠いが電車使えるじゃん?
という所に住んでおりました。

が、心やさしい花子さんは、現在の住まいの感じを偵察する上でもお迎えにあがりました。
古めの貸家に住んでいました。
ここでいいじゃん、住み替える必要無いんじゃない?と思ったのでした。


必然的に安い部屋は古い部屋が多く、
案内した古いアパートの2階の部屋を大柄な男性が全く気にせずドスドス歩く姿を見て・・・・あ、この人が入ったら下の人が迷惑するなと思ったのでございました。
案の定帰る時に下の方が窓からこちらを覗いていたのを私は見逃しませんでした。


本人の希望はもともと1階でしたし、良いとも言っていませんでしたのでこのまま終了なのかなと思っておりましたら、数日後店に現れました。
一人で来れるじゃん。

『申し込みます』と。


入居審査がありますのでまずは申込書に記入をしてもらいました。
歳の頃は40代前半。見た目は健康そうです。
連帯保証人の所で止まりました。
実家は同じ町中に住んでいるようですが、親族には頼みたくないというか頼めないというか・・・友人でも良いですか?と。
家族間にいろいろなことがあったもようです。
ウチは仲介なのでここで判断出来ませんが、これで断りやすいかなとも思ったり。

ちなみに住み替えの理由は、今の貸家の大家さんと上手くいかずに出て行って欲しいと言われたような事を言ってました・・・・もっと入れたくなくなってきた。

結局は、別件でも引っかかることがあり、大家さんの方でもお断りということでこの方は入居せずに済んだのですが・・・ちなみにこの方が書いた友人。




知ってます。



以前、うちで仲介した生活保護の方です。
足が悪いのに2階が良いと無理行って入り、入居後は音楽をガンガン流したり、怪しい方が出入りしたり役場でもその後調査が入ったりと出来れば出て行ってもらいたかった方です。
結局は、足が余計に悪くなり1階の部屋を所望したのですがうちでは無いと断りどっかに移り住んだ方でした。






なのにその友人の職業は何故か「奇術クリエーター」。
奇術クリエーターって何?
手品師ってこと?初耳です。


しかも勤務歴が20年、年収数百万って・・・・今でも生活保護じゃないの?
生活保護は打ち切られたの?
嘘書いてるの?
働きながら生活保護受けてるの?





断って良かった。



最近危険な生活保護者が多すぎます。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ちょっと悲しい出来ごと

アパートのキャンセルがありました。





今回は、被災者の方でした。
県の借り上げ予定で契約書まで作成してました。


最初の出会いから1カ月位でしょうか。




最近は、何度電話をしても出ませんでしたので・・・・・むむぅ・・・・・やばい感じはありました。




本日夫婦でキャンセルのお詫びに来ました。



夫婦での入居予定で、
探している頃は、お二人とも避難所から出れることでうれしそうでした。
色々吟味して決めた物件でしたが・・・キャンセル。



理由は、


地元の人から「俺たちを捨てていくのか」と言われたからなのだそうです。


その方の住んでいた所は、沿岸沿いの小さな入り江です。
周りは山に囲まれている小さな入り江です。
Google mapで見ると入り江の奥の方の数件しか残っておらずみんな更地になっていました。
そこへの道もいまだに潮によって寸断されてしまいます。
恐らく、水道も通っていないと思います。


その場に住んでいる人はわずかだと思います。
現にこの夫婦もこちらに避難してきています。


とりあえず、2年間こちらに住みながら、地元の様子を見て、向こうにも通いながら先行きを決めようとしてたのに、2年間地元を離れるだけで「捨てていくのか」と言われたそうです。

残っている人から見るとそうなのでしょうかね。
戻ってこないのかもしれないという危機感もあるのでしょう。
町中の人と違って、地域のつながりがより強いのでしょう。
一緒に漁業をしていたのかもしれません。


明日は100か日。
あちらこちらで合同慰霊祭が行われるようです。
そこに行って話をするようですが、結論はその場では出ないだろう。
しばらく宙ぶらりんの状態になってしまうので契約せずにキャンセルしようということで二人で話し合ったそうです。


今いる避難所も6月をめどに出なければならないようです。
今から地元の仮設住宅に申し込もうか・・・そんな感じでした。


次への一歩をここからと決めた矢先に振り出しに戻りました。
私たちの立場からみたら可哀そうにと思いますし、
地元の方から見れば当然だと思うでしょう。

今回の震災が地震のみではなく津波というやっかいなものがついていたので余計複雑なものになっているのでしょう。


以前、行政を頼らずに地元民だけで道路を切り開き復興しているという地区のニュースを見ましたが、そのような集落に住んでいる人は他の所で新天地を、就職を、ということは許されない地域なのかもしれませんね。
一度出たら、戻ろうにも拒否されるかもしれません。




そんな会話をしていて、
とぅるっとぅるっに自分の所でそんな被災にあったらどうですか?と聞くと、「オラの所もおんなじだべな。残ってくれと言われたら残るかもしれないな」と言っていました。



批判されるかもしれませんが、
お互い助け合える集落の絆ですが、
時には足かせになるのもこの絆なのかもしれません。
良くも悪くも一心同体。






話は変わりますが、
体育館のような避難所の方々は当然そろそろ限界だと思いますが、
内陸のホテルに避難している方々の間でも、だんだん差が出てきてギスギスしてきているようです。

車が有る方は、自由に部屋を探し、支援物資をもらいにいき情報を得るのも早い。
車の無い方は、シャトルバスが出る日じゃないと路線バス代が高いので自由に動けない。
バスだと動ける範囲も決まっているし、大量の衣服を持って帰ることも出来ない。
近くに親戚がいる方は、衣服やもろもろの支援を受けられるが、
いない方は、自分で購入するかたまに来る支援物資しか手元にない。
仮設住宅に1回で当選して意気揚々と出て行ったり、素敵な部屋を決めてくるという行動や結果が早い人もいれば、
なかなか抽選に当たらずどんどん取り残されえていく方。
夫婦や家族単位の人は相談して物事を決めていけるが、
一人の方は何でも自分で決定しなければならず不安になってくる。

そんなそれぞれでの微妙な差が出てきて、
新しい所が決まっても、直前までは公表できない、したくない人が多いみたいです。
最近くる被災者の方はみんな口をそろえてそんなことをおっしゃいます。



そんな避難先のある田舎町の混沌とした出来事でした。
posted by 日本花子 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

悲しい出来ごと

先週、『会社を解雇になった』と言って部屋を探しに来た方がいました。

今いる社宅から出なければなりません。

私は、重要事項説明の時に初めてお会いしました。

「おれ、払えるかなぁ・・・」と途中でそんな会話に。
「不安なら、一旦ストップしましょう」
と言い中止にしようと思いました。
しかし、連帯保証人(息子)のその場での説得で契約にいたりました。


契約金が無いと言ってたそうですがその時には持ってきました。















その方が、自殺したと連絡が親族から来ました。


払えるかなぁ・・・・ずっと考えていたのでしょうか。


被災地ではないものの、
影響を大きく受けている田舎町での出来事でした。
契約金はどこかの会社から借りたようです。



病気の奥さまを残して逝ってしまいました。
posted by 日本花子 at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

若夫婦

時々起るのよね。記事を「保存』したら消えちゃうって・・・・・seesaaさん。




今日、道路を走っていたら見覚えのある家族が・・・・あ、このお客さん記事にするんだった。




若夫婦がウチに来たのは年末ちょと前。

生活保護。
今の雇用促進を年内に出なければならない家族。


とうちゃん30代前半、母ちゃん20歳だと思った。
子供は生まれたたてと3歳の二人。
半年位前から受給中。


働かないのかい、父ちゃん。
免許が無いんですって。そりゃぁ厳しいのぉ。

でも、送迎付きの派遣会社もあるし、その気になれば有る気もしますがその気も無いんでしょうね。
裕福じゃないけれど楽ちんだもん。


彼らが求める条件は水洗トイレでエアコン付き。・・・・なかなか言うじゃん。


家賃下落の昨今、そんなお部屋もあったりして申込を入れる段階になりました。

彼らは若いし、一応働く気もあるようなので、
保証会社を利用していただくことになりました。
この保証会社は生活保護コースというものがあるのですが、
当人が若いと受給が切れる可能性も充分あるので、
保証会社に連帯保証人をつけるようにしてもらっています。(ちょっと変わったシステム)


連帯保証人の話をすると・・・ちょと躊躇してます。

よくよく聞くと、連帯保証人はお母さんにしたいそうですが・・・名前を聞いたことがある。


数年前にウチで仲介した方でした。

確か、生活保護を貰う為に息子夫婦と離れて暮らすとか・・・目の前にいるのが息子夫婦ね。
あれ・・・・・母さん滞納していなかったかしら・・・・・


「しています」とな。

お母さんの連帯保証人は目の前にいるお嫁さん。
保証会社からの催促にお嫁さんも払っていなかったとか。


じゃぁ、ダメだね。


そこまで無理していれることはないのでお引き取りいただこうとするも、向こうは必至。
知人でもいいですか?と聞いてきます。

知人で良いこともあるけれど審査は会社がやるのでなんとも言えませんね。

まずは、連帯保証人を見つけることを宿題にしてお帰りいただきました。
結局は、知人には皆断られたようです。
結局、駄目を承知で母親を連帯保証人にして申込しましたがもちろん駄目でした。


ということでウチは終了。


後日、他の不動産屋へ行って申し込んだそうですが、
そこでも同じ保証会社を利用する条件がついたそうですが、
何も言わずにまたまたお母さんを連帯保証人にして却下されたようです。


お母さんの入居名簿を見たのですが、
お母さんの他に兄弟が二人ほどいるはずです。
今回の話に一度も出てこなかったのは、同じような環境か、離縁に近いかたちなのかなと思います。
さらにこの地域で、若くて免許が無いというのは、何らかの理由で免許失効したんじゃないかしらって想像してます。

その後、保証会社うんぬんと言われない不動産屋でお部屋を見つけたのでしょうかね。


申込から数週間後、コインランドリーで一服している二人を見かけました。
今日は、ファミリーレストランから出てくる家族を見かけました。


必死に働く気はもう無いのでしょうね。
裕福じゃないけれど、楽ですもんね。
旦那、丸々と太っていたし。



と書きながらもう一組みが来たのも思いだしました。


家族6人で生活保護。
申込者(無職)、母(無職)、兄(無職)、嫁(パート)、子供二人だったような・・・・・
母親だって50代そこそこで皆若いんですけどね。
誰か働けよ。

さらに車が3台。免許は無いが自分名義の車が2台。

こやつも免許取り消し組か?

危険!危険!危険!ですので、保証会社の申込書を書きましたが提出する前にお断りをしました。

この家族・・・・・・数年前にも来たような。
その時は皆働いていたけれど、勤めて数日。
会社の名前も良く分からない、住所も当然分からない感じ、連帯保証人は兄でしたが兄が滞納経歴があり審査に通らなかった人たちじゃない?!

名前も覚えていないし、書類も破棄しているし、今回直接応対していないからなんとなくなんですけど。
ここでも過去に記事を書いた気がしますが見つけれませんでした。
でもきっとそうだと思う。


っていうか働けよん。
役場も苦しいんだから、若い人は半年ごとに見直しとかもう少し本人達が働かなくっちゃ!と思うような支給の仕方は無いのですかね。


税金でこの人たち・・・・と思うとちょと癪なんですけど。


何か明るいことないかなぁ
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

働けるだろぅ・・・難しいかぁ

そんな生活保護の方が最近多いです。

ちょっと前は60歳を越えた受給者の方が多かったのですが、
最近は20代〜30代が多いです。

健康体そのもの。
働こうと思えば働けるよね。と思う。

でもよくよく聞くと結構びっくりすることも。


先日来たお客様は、
20歳ソコソコの女の子。

きっかけは、メールでの問い合わせでした。
何回かやりとり後に来店。
じゃ〜ん。


・・・・・・・・・



いでたちが、
若干ロリータ系。
メールで保護受給と聞いてましたので、へっ?!と思ったわけで。



数件大家さんに断られながらもここなら大丈夫かなと言うところでお申込み。
年配の生活保護の方は保護受給が無くなる可能性も低いので身元引受人がしっかりしているかどうかが判断基準ですが、
こうも若いと、いつ受給が無くなってもおかしくないので通常の審査をしました。
保証会社さんもつけてもらいます。
連帯保証人さんもつけてもらいます。

が、下妻ちゃん(格好から勝手に)のバアイ、
保証人に出してきたお父さんが、最近会社が倒産して無職・・・・あぁぁぁ。
身内で収入のある方がおじいちゃん。・・・・・むむむ。
ということで、二人とも連帯保証人になってもらいました。




実家に帰れば?と思うでしょう?
私もそう思いました。
よくよく聞くと、

お父さんとは離婚して別に暮らしている。そちらにはいけないもよう。
お母さんは今6人目位のお父さんと暮らしていて・・・他人であるお父さんから危ない目にあいそうになったので家を出たと。一緒には暮らしたくない&お母さんも保護受給。



・・・・6人目のお父さん?????



→→毎回籍を入れているわけではなく、彼氏のようです。
が<お父さんとお呼び>とお母さんに言われているのでお父さんがいっぱいいるみたいです。
籍を入れれば保護受給外れるもんね。普通に働いている男性だったら。
その辺も若干きな臭さあり。


という感じで実家には戻りたくないというか戻れないというか・・・


ただ、本当のお父さんとおじいちゃんは負い目があるのかちゃんと対応してくれまして、
保証会社と3本立てでなんとか入居の運びとなりました。



添付書類として下妻ちゃんの免許証の写しをいただこうとお借りすると、

がく〜(落胆した顔)



え〜っと、写真が・・・・・セーラームーンなんですけど・・・・・

se-ra-moon.jpg

「こ、これって・・・・地毛?」
って思わず聞いたら、
「いいえかつらです。」って。

「免許証ってかつらでもいいの?」
って聞いたら、
「初回はだめだけど更新の時に持っていくのだから大丈夫でしたよん♪」

・・・・そ、そうなんだ・・・・オバチャンシラナカッタヨ。
この免許証カラーコピーしたい。




彼女は最近文無しになって緊急保護認定になったみたいですが、
ちょと前までは働いてたみたいです。
その後バイトも含めて探しているんだけどなかなか見つからないまま貯金も無くなったと。

その時に、<ちょとやばい仕事だったので足を洗いました♪>
って言っていたから気になってたんですよね。

申し込み後に気になって、
「ねぇ、危ない仕事って何やってたの?」と聞いたんですよね。
そうしたら、

デリヘルです♪うちの所は最後までやらせピーーーーーー

exclamation×2exclamation×2exclamation×2うへぇぇぇぇぇ。
こんな田舎にもあるのかとびつくり。
しかもこんなにあっけらかんと言われたらこちらもどうしたら・・・いやこそっと言われてもどうしたら。

そ、そうなのね。としか。

もう下妻ちゃんには驚かされっぱなし。
話すといい子なんですけどね。


他にもモロモロあって、この不況時、働き場所を見つけるのはなかなか大変だぞって思ったんですが、生活保護だと苦労しなくてもソコソコ生きていけるっ!て楽な道を選んで欲しくない。どっか働き場所を見つけてほしいなぁ。
って思ったのでした。
彼女にそんな話を思わずしちゃったんですが、下妻ちゃんもこのままでは行きたくないとは言ってたのでどっかでなんとかして働くかなとは思いましたが、

無職で住むところも決まり、生活費も入ってくるようになった今、
用事があって電話するとBGMはゲーセンの音。
ま、家の中に閉じこもっていろって訳ではないのですが、
どうなんだろう・・・と思うのでした。

あぁぁ。


その数日後にもまた若干びつくりする保護者が来たんですけどね・・その話はおいおい。



posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

物騒な世の中。審査も大変。

先日の話。


うちで案内したお客様が、大そう気に入ったようで予約をしたいと言いました。


大家さんにお電話すると、「イケイケ不動産」で予約が入っちゃったとのお返事。


ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!


数日前からここを私は押していたのだ。(その時はまだ空いていた)

しかし、お客さんがその気になった時には既に予約が入ってしまっていた。

一応第2予約をいれた。

が、あっけなくイケイケ不動産で、保証会社の審査も通り、大家さんの審査も通り決まった。



|!lil!|(lll´+д+)っ【凹ンデマス…。】|!lil!|


お客様はとってもがっくしきていた。
だから、進めた時にお部屋を見ればよかったのに。
と言うわけにもいかず別なお部屋を一から探す。


しいていえばここかな・・・・・でも家賃が高い。
なんとか交渉出来るお部屋だったので、そこに決めました。

入居申込書を渡して近々持ってきてもらうことになってました。

その翌日、イキイケ不動産からの電話。


「花子さん、フラワーハウス・・・・・・・ドタキャンになったの。」

「どぅえぇぇぇぇ!何で?ドタキャン?」

「そうなの。大家さんお掃除も入れちゃったしあっちこっち直し終わっちゃって・・・・・第2予約だった人入らない?というか入れてちょ。大家さんに怒られるぅぅぅぅぅぅ」

「聞いてみるね」


即、お客さんにメールしました。タイトル<フラワーハウスがキャンセルになりました!>って。

数時間後興奮しながら電話をしてきたお客様。
なんでなんできゃんせるなんですか?!もったいない!!!!
私が入ります!!!!って(笑)


しぶしぶ決めようと思っていたお部屋はまだ大家さんにお話しをしていなかったので二次被害もなく、トントン拍子に決まりました。


そんな、棚ボタ式に決まった日の翌日、


ドタキャンした人が・・・・・・・・・・







逮捕されたことを知りました。




新聞に載ったからね・・・


窃盗です。



契約金を窃盗して都合付けようとしたのか分かりませんが、
後からイケイケ不動産や大家さんと入らなくて良かったねと話をしました。



過去の犯罪歴が無ければ保証会社の審査だって通っちゃうわけで・・・・・



こんな田舎でも物騒な世の中です。




ウチとしてはラッキーだったんですけどね。




あ、でも2回も案内した男がイケイケ不動産からその部屋に申し込みが入ったのも同じ日でしたぁぁぁぁぁぁぁっぁぁ。

ちっ!━━━━━(#`Д´)凸




そうして、鰍オょぼくれんからなぐさめのグッズをいただきました。


DSCF7456.JPG
軍手と満室ステッカー。

もったいなくて使えません。
何の集会にも参加していませんが・・・・やさすぃ書記のたろうさんは私に分けてくれます。

何でご恩返ししましょうか・・・・
また太る元でもいいでしょうかね。。。^m^

posted by 日本花子 at 21:36| Comment(5) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

トラウマってこんなところから始まるのね

明日明後日が過ぎればほぼ落ち着きそうな不動産屋ですが・・・・




今回仲介させていただいたお客様の中に、


新卒の照子さん(仮名)という女性がいるんですがね、



とっくに入居しているんですがね、



いまだに書類が1部足りないんです。






もうね、まともに電話に出たことが無い人でした。



部屋を見て申し込むと言ったのに、

全然来ない。

この時期そんなに長く部屋を抑えておくこともできないのですがね、

担当が何回も何回も電話してましたね。


全然通じない。


キャンセルか?と思ったのですが、


携帯がつながらないので実家に電話すると、


普通に居たりする。   はい?


何故携帯に出ない?
意思確認をすると申し込むという。

数日後に来店したものの申し込み内容に不備がありそのまま申し込むことができない。
では、これとこれの書類を持ってきて。「はい♪」


との返事をするもまた連絡が途絶える。

何度電話しても携帯には出ない。

何回も電話しても出ないのでまたまた実家に電話すると、


卒業旅行に行ってる  はあ?


行ってもいいが、
次の住まいを確保しなくても心配ではないのか、おみゃぁさん。



帰ってくるという日を待って、

電話電話。


さすがに今度は数度で連絡がつき、

足りない書類を送ってもらい、

なんとか審査が通った。



最初の予約の日から約1カ月ほど経過。

入居したい日までわずか数日前の話。



なんとか、
入居日に契約。


その時に新たに出た書類の提出。
すぐに持ってくると言ったが、
また来ない。


何回か電話しても一向に電話に出ない。



またもや実家に電話すると、


また普通に居た  


今度は逆に、『部屋の汚れで気になるところがあるから写真を撮って欲しい』と言ってきた。


「日曜日の午前中は部屋にいるのでその時にお願いしたい。その時には書類も渡します。来る時電話を下さい」



と照子さんから言ったのに・・・・・・



言ったのに・・・・・・



言ったのに、何故電話に出ない?


日曜日の写真撮りから何故か私の出番になった。

午前中30分おきに電話をしているのに、

何故出ない?



部屋まで行ってみたが、いない


うそつき!!!!!




夕方も近くなった頃、
やっと電話が通じて、
「すみせ〜ん♪20分後位には部屋に戻りますので来て下さい」


はぁ?!



そうして訪問すると、さすがに居た。

そうして気になるところの写真を撮った。

では書類を・・・・・


「すみませ〜ん♪実家に忘れてきました♪」


”_| ̄|○”ハァハァハァ   なぐっていい?



「水曜日には必ず持っていきます♪」



当然持ってこない。


当然電話にも出ない。


"o(▼皿▼メ;)o"プルプル



何故電話に出ない!!!

何故留守電にもしていない!!!

何故折り返しの電話をしてこない!!!


用件は分かっているだろうに!!!!!



照子さんが約束を守らないからしつこく電話をしているんだよん。



4,5日前にやっと電話が通じた。


「行けないので今日郵便で送りました。ご迷惑をかけてすみませんでした」



これでやっと終わる・・・・・・・と思ったのに、



郵便はまだつかない!


郵便事情、そんなに悪くないだろう。
どっから郵便を出したんじゃ、照子さん。

こっから東京に出したって翌日には届く。

一応3日待ったが、お主の郵便物は届かんぞ。


また電話。電話。電話。


一向に出ないまま、4月に入っちゃったじゃない!



(`Д´)ゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!



そんな新入社員を雇った会社さん、ご用心。
彼女は平気でウソつきます。



で、毎回毎回、同じメロディーが流れてきます。
もう、うんざり。

言い曲なのにさ・・・・・





思春期に〜少年から大人に変わる〜〜〜〜〜


早く大人になれよ(`A´)




この曲もう聴きたくねぇ。(お口が悪くなりました)
posted by 日本花子 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

行方不明

年末ですね・・・・・

やっぱり来ました。

すぐ入居したい


あっさり、お断りした・・・・・・かったんですが、

今回はバックに行政がついていて断れない
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*



即、即、即入れてくれ〜〜〜とのご依頼。




入居申込書を見ると、

ここの人ではなく一文なしでここに流れ着いた感じの人でした。







OUT、OUT、OUT!!


です。
でも役場の人がついてきて、生活保護で家賃は役場からって言うんで、
でも本人30代でまだ若い。
いつ生活保護が切れるか分らないので、保証会社は利用させていただくことに。

町の不動産屋さん管理物件だったので、頭を下げてお願いしました。
契約書も迅速に作ってもらいました。





で、翌日。

来店時間。


電話。


役場の人でした。


「実は・・・・・・行方不明なんですよ」


はぁ?


「今旅館に住んでいるのですが、昨日から戻って来てないらしいんです。」


で?


「もしかしたらキャンセルになるかも・・・・・違約金発生しますか?」


う〜ん、なんとも言えないので確認しますね。

せっかく住む場所も決まり、とりあえずは保護で生活出来るというのに何故に行方不明?
うかれぽんちになり、飲みすぎてその辺りで寝ちゃった?


などいろいろ考えながらも、町不動産さんへ電話。


すみませ〜ん、昨日の申込の人行方不明なんだそうです。キャンセルになるかも・・・・・スミマセン


「へっ?・・・・・・・・(笑)(笑)(笑)(笑)・・・・腰砕けましたが?!」



ですよね。すんません。
町不動産さんもあまり乗り気ではなかったので、違約金なしで済みましたが。



結局、週が開けてやはり見つからずキャンセルになりました。
役場の人も疲れたでしょうね。
すぐに住めるように、布団や家電を買ったりしていたそうなんですけどね。
それも旅館の部屋に置きっぱなしでいなくなったそうです。



ε=( ̄。 ̄;A フゥ…



きっと、この町は途中だったんでしょうね。
でも一文無しになって駅かどっかで寝てたら保護されてそのまま役場に連れて行かれちゃった。
流れでこのままでいいかなと思ったけどやっぱり・・・てことで消えちゃったんでしょうね。


との推測を話したら、<その通り!>と言われました。あっそっ。





このような流れ着いた人、緊急保護の人はうちの不動産屋に流れてくる事が今年多かったんですけどね、

その前に緊急宿泊先になる<とりあえず旅館>なる存在を今年初めて知りました。

宿泊代は、生活保護になる予定なのでその支給から引かれるのだそうです。だから一刻も部屋を探して住まわせたいそうです。

前回このような人を入居させた時の署名の住所欄・・・・・・・
<とりあえず旅館>を書きましたけど。
だって、住所不定だし、生活保護支給決定書の住所も旅館内だったし・・・・



いずれにしろ、この町に住む予定のない人で保護された方は、

生活保護の申請ではなく、

行きたい場所へ行くための電車代をもらってください(そんな制度があるらしい)


いずれにしろ、税金なんですから!!!!



今年はもっと来たんだよね・・・・・つづく
posted by 日本花子 at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

何処が言っていたんですか?!

まだ年末には早いのに・・・・・・・・・・・・・・・・


恒例の年末の怪しい方の物件探しの出足が早いようです。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*


年末のアヤシイ人とは・・・・・

滞納が続き年内中に出て行け!!と言われた方でして、



傾向として、

1.年内中入居
2.饒舌
3.意外と高い家賃を言ってくる(でもだんだん下がる)
4.約束を守らない(来るといった時間に来ない、電話に出ない・・)
5.でも粘る

な感じの人と、

紙袋二つくらい持って、今すぐ入れる所を・・・という分りやすいタイプの人がいます。


昨日来たおじいさんは、ミックス型かな。

「ここで一番安い物件はいくらですか?」

から始まりましたが、
生活保護斡旋指定業者(自称)のウチとしては、
生活保護の方でこう言ってくる方も多いので、はいはいと聞いていると、保護者上限の家賃よりもず〜っと安い物件をお探しでした。



それ以下の物件はありません。


むう〜〜〜この時期にか・・・・・・・


深追いしない方が良さそうだなぁ。



粘る相手でしたが、無いモノは無いのでおひきとり願いました。







そして、本日またおじいさんが来ました。

無いって言ったじゃん。


「やはりないですか?」   無いです。




「・・・・・・でも、あちらこちらの不動産屋を廻ったのですが、無くて・・・バブリー不動産に行けと言われましたので・・・」






はぁ?





残念ながら無い物はないのです。


今日も粘る相手に本当に無い物はないのでお引取り願いました。




どこの不動産屋さんでしょう、バブリー不動産に行けと言ったのは・・・・・


いくら、安い物件がてんこ盛りの弊社でも、
先々月から、生活保護者入居強化月間(自称)の弊社は、めぼしい物件が流石に無くなってきましたのよ。

現に、今日の生活保護の方は、別な不動産屋さんの物件への客付けですから。
(急ぎでの入居でごめんね、ごめんね〜)




それにもともと、それ以下の物件はありませんので!!!!!

posted by 日本花子 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

ちょと忙しくなってきた

生きてますよ〜〜〜
元気です♪

競争に負け、お客を取られ取られしながらも、
なんとかお客さんが増えてきた今日この頃。

今週末でしょうか勝負は。
昨年ほど忙しくないのは、気のせいかしら。



今、1日おきに来ている女の子。
2歳の子供と、臨月に近いお腹で、
結婚予定の人に裏切られ、今住んでいるアパートは先日退去させられた女の子。
(結婚予定者の家に入る予定だったらしい)

即入居可能の安くて、初期費用の安いお部屋を探しているけど・・・・・
「水洗トイレ」ははずせないらしく、なかなか絞れません。

って、

今、何処に住んでいるのでしょうか。
はたして、彼女に保証人はいるのだろうか。
はたして彼女は生活費はあるのだろうか。
間もなく子供が生まれたら、しばらく無職よね。
って、今も無職っぽいが・・・・・・

深く考えるのはやめよう。
申し込みの時に考えよう。
審査は、大家さんだから。

多分、厳しいよな。
保証協会利用かな。
実家に帰ればいいのに。帰れない事情もあるんだろうなぁ。

なかなか新生活、転勤者の今時期のお客様が来ませんが・・・・・
これも、ウチらしいのでしょう。
あ、新「生活保護者」を決めたんだった。


アッチにも書いてきました。
花子お悩み相談室
posted by 日本花子 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

振り返ってみる事にしました

※その2も追加しました♪最後尾までずずずぃっとお進み下さい。

※その3も追加しました♪最後尾までずずずぃっとお進み下さい

※その4も追加しました♪最後尾までずずずぃっとお進み下さい


12月になりましたので、
自分のブログに登場しましたお客様のその後が分るものを振り返ってみることにしました。






道先案内人は、この二人。








花さん.JPG 花火師その1 花さん。

菊さん.JPG 花火師その2 菊さん。










前回の案内人はこの3レディでしたので、
6.2-4.jpg

今回は、男性陣でいきますの。
大した案内人でもないですがね。ほほほほ^m^


その1 ←クリックどうぞ。

その2 ←クリックどうぞ。

その3 ←クリックどうぞ。

その4 ←クリックどうぞ。
posted by 日本花子 at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

ちょっと、うれしかったこと。

先日、アパートを探しに来た女性がいました。

じっくり、ホームページを見て
ここに決めるぞ!という意気込での来店でした。
そうすると話は早い、早速見ましょう。
ってことでしたが、一応他に2物件も合わせて御案内。


車にのせて運転して間もなく、
彼女が、

「あれ?この曲って・・・・・・IL DIVOじゃないですか?」


って言ったのよ〜〜〜〜(ToT)
うれすぃ〜〜〜〜〜

地元で、説明しなくても分ってくれた人は、彼女が始めてでした。

「IL DIVOを知っているんですかるんるんるんるんるんるん

「えぇ。4人組のイケメングループとか。でも、どの声が誰だかわかりませんけど」


充分、充分よ〜〜〜〜。花子、うれすぃ!!!ぴかぴか(新しい)
曲を聴いただけで分るなんて、あなたはエライ!!!


そんな、ステキなあなたの為に、
私、頑張って案内しちゃうわよ〜〜〜〜

やる気マンマン。フガフガッ。




・・・・・・しかし、その日は決めれませんでした。
理由は、あっちに書いてきました。


決まらない新築の間取

ということで、土曜日にまた来てくださいます。
他の不動産屋さんも回ろうとしたけど、バブリーさんで決めちゃおうと思います。ですってグッド(上向き矢印)

素直に信じて待つことにしまっす。

単純花子でした。
posted by 日本花子 at 22:34| Comment(9) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

年末に向けて

雪が解けるかと思ったら、
さらに上乗せ&とぅるっとぅるっ。
あ〜やだやだ。

寒いし、すべるし。
で、今シーズン、長靴デビューしました。
ブーツより、長靴の方脱ぎ履きがしやすいですよね。
チャックあげなくていいし。
この冬は長靴で過ごそうか。


12月に向け、早々と怪しいお客様が出始めました。
おたくのところはどうですか?
いかにもという人はまだですが、
どうも怪しい。

客1:契約金足りないけど何とかならないか。礼金なくしてくれたら入ってやる。 入ってやるって、入らなくて結構

客2:今の住まいは隣の市。勤務先も隣の市。そして、契約金がちょと足りない。  なぜ遠くのここに来る?

客3:どうしてもここのアパートに入りたいが、12月10日までお金がない。それまで、押さえてくれる?又は立て替えてくれない?  そんなことはしたくない。お金が貯まるまで待ちなさい


年内に、滞納者は追い出したい、借金取りは回収したい諸々の事情で追い出される、逃げてくる人が増えます。
ウソかと思ったら、ホント。
今年は、なんか出足が早いような。そんな人も計画的?
敷金、礼金、仲介料なしのアパートもついこの間まで3部屋空いていたのにあっという間に満室になっていたし。


あ、何かあったらUPしますね。
今のところは、まだ気配のみなので。



今回は、聞いたお話。
老舗不動産の強さが分ったお話。

明治不動産 おぉ!(驚)
posted by 日本花子 at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

初めての分譲マンション

昨日は、シャツのボタンを掛け違えたまま、アパート案内。

今日は、片方のソックスが裏返しのまま1日過ごした。

ヤバイヨン、ヤバイヨン。
何か注意力が欠如しているヨン。


冬間近だからかしら。
今朝、ぶっかれ車のフロントガラスが凍りついていました。サブっ



で、お話跳んで、

初めての分譲マンション

です。お跳びください。ジャ〜ンプ!!
posted by 日本花子 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

敵か味方か中立か

最近ですね、髪(hair)がですね、決まらないのです。
もともと決まらないのですが、
人生初めて位の長さなんですよ今。(貞子ほどではないが、一般的にはセミロング位)

だから、ボワッとなりがちな髪も髪自信の重さで少しはペタ〜っとなっても良いのにと思って、

高〜いシャンプー&トリートメントなんぞ使ってみるわけですよ。
で、すすいでいる時はすご〜く気持ちよい肌触りで、とぅるっとぅるっなんですが、乾くと、あれ?ほえ?って感じなんですよね。


最近、気付いたのですが、
私の髪・・・・・・・・天パってますぅ。
Σ(T□T) Σ(T□T) Σ(T□T)

真っ直ぐサラサラストレートの黒髪だったはず・・・・・
今、内側の髪がち、ちぢれてる〜〜〜〜〜〜〜Σ(T□T)

どうりでサラサラ『天使の輪』が出来ないわけだわ。

母親が、天パ。
父親は、猫ッ毛。  だから現れてもおかしくないのですが、
今まで、強情なくらいの直毛。
パーマもまともにかからない剛毛でした。
だから、だから、ショックです。


あぁぁぁ、『天使の輪』よカムバ〜ック!!


年取ると、こんな症状が出てくるのね(ToT)



ってことで、全く脈絡ないですが、
あっちにも書いてきました。
お読み下さいまし。



敵か味方か中立か
posted by 日本花子 at 22:20| Comment(7) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

年収400万円で家は買えるのだ。

右の、桟敷席購入カウントダウンが、キリの良い300日なもので、何か記事でも書こうかなと。

何の関連も無いんですけどね。

お仕事ネタを昨日書いたので、リンクしてみましょ。←手抜きじゃぁぁぁ


スマッチさんのところで、
「格差社会拡大中。年収400万円で家は買えるのか?」というテーマが提起されましてそれについて、

「一言お願いします!」と懇願されましたので(←ウソ)
書いてみました。

しかも初めて、トラックバックなるものをしてみました。
初た〜いけ〜ん!
って騒ぐほどのことでもないのですが、あっさり出来ました。
というか、トラックバックはこうする!という解説を読みながらでしたけど。

結果として、この辺りでは

買えます!

ってことです。
物価が安いのでしょうか。
物価っていいますが、おそらく競争が激しくない田舎ではそんなに安くないのではと思います。
不動産関係は、べらぼーに安いですがそれぐらいじゃないですか?
家だって、車だって寒いから、寒冷地仕様じゃないと駄目だし。
冬の暖房費はかかるし、夏だってそこそこ暑い。
生活費はけっこうかかるんです。
激安店なんてないし・・・・・
さて、何が安いのか・・・・・

家賃、固定資産税・・・・・・野菜ですかね。
野菜は、直売所がいっぱいあるし、時期にはもらい物で充分足りる。
でも、それぐらいしか浮かばん。
あ、遊ぶ場所がないからそれにお金がかからないのかな。
ブランド店もないし、映画館もない、コンサートもあまりない、
きっと娯楽が少ないからだ!!!

書いていて、悲しくなる地域格差。
でも、いいの。

大曲に1時間ちょいで行けるから。
関東から苦労してくる方より、関西から飛行機で飛んでくる方より、
気軽に行けるからね。ふふっ。


ってことで、全く専門的ではない(知識が無いともいう)お話、
私主観で書いた記事であ〜ります。
チラ見どうぞ♪

格差社会拡大中。年収400万円で家は買えるのだ。
posted by 日本花子 at 13:02| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

売れなかった人

花火の合間に、お仕事を♪フンフフン♪


あまりの暑さに、小技。
首、肘、膝に粉をたたいております。
一瞬サラサラになります。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

父曰く、<天花粉てんかふん> 夏の季語にもなっているらしい。
母曰く、<シッカロール> 商品名らしい。
花子曰く、<ベビーパウダー>

子供の頃の記憶をたどり、気持ちよかったよなぁ。
で、パフパフ、パタパタ、ボフボフ・・・・・
首周り、袖口が白くなるが、サラサラスベスベ気持ちイイ〜〜♪
首のシワ、肘のシワに白い線が出来るが気持ちイイ〜〜♪

でも、今日は涼しいぞ。
だから、いつまでもサラサラ持続。
サラサラシートもいいが、コッチの使い心地が私は好きだ。
でも、そのまま外出はできん。のがちと悩み。



今日のお話は、夏休みも終わり、
おすぃごとのお話。
だから、アッチに書いてきました。
クリックしておくんなまし。m(__)m


 「売れなかった人」 
posted by 日本花子 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売れなかった人

えぇ、花火ばかりにうつつをぬかしている私ではありません。
言い切れるのか?!・・・・・言い切れません。




この夏、数件の売買不成立がありました。
いずれも、中古物件の売買案件です。


そのうちの1件は、弊社での仲介ではなく、個人同士で売買の話しが進んで、契約書だけうちで作るというものでした。
売主さんは、弊社でも知っています。
今回売りに出すまでは、貸家としてうちで仲介していた物件ですから。

チョト変わった方・・・・高飛車な方でした。
退居時は、綺麗に使用していましたが、難癖つけてなかなか敷金を返そうとはしませんでした。なんとか中間でコトを収めました。
次を募集して欲しいとの話はなかったので、こちらも積極的には話を持っていかず、2年位空き家になっていたでしょうか。

そんな時、空き家になった後も家のメンテナンスを任せられていた、ハウスメーカーさんが買主を見つけてきて、双方合意の上契約するという話になったのでした。


売主さんは、もともとこちらの方ではありませんが、勤め先がこちらにあり、出身地に戻ることは無いだろうとのことで家を建てました。
が数年前の、不況でコチラの勤め先も閉鎖になり、泣く泣く他所へ行きました。
実家でもなく、勤め先でもないこの町へ戻ってくることはありません。
その時は、すぐに借主がいらっしゃったためにそのままお貸ししました。
途中、売ったらいくらになるかとの問合せがきたので査定。
売主さんの希望価格まではとうていいかないお値段。物件は立派なのでそれなりの値段でも良いのですが、築年数の経過もあるし、そんなに高い物件を購入する人はこの辺りではマレ。
新築を建ててもそう変わらない金額です。


で、今回の売買のお話。
やはり、かなり下げたお値段でした。
契約にこぎつけるまでに間に入っていたのが、ここを建てたハウスメーカーさん。
(建てた後も、フォローするのは分るが、建物管理、購入者を見つけるなど、既に仕事の域を超えていると思うのですが、売主さんからすれば、『当然』のお仕事のようにいいつけてくるようです)



そのうちに、直接電話をしたいとの話しになったそうです。
そこで、直接のヤリトリが。



・・・・・・・・・・その数日後、契約は白紙になりました。








どんな会話があったのか分りませんが、
その時の私の想像としては、買主さんが、あともう少し値段を下げて!とお願いし、気分を害して白紙になったのではないかと思ったのです。(結構そのパターン多いので)




白紙撤回の話を聞いた翌日、一組の夫婦が来社。賃貸物件を探しに来ました。

今回の元買主さんでした。

「ご迷惑をおかけしました」と言われましたが、ウチは今回ノータッチに近いので別になんともないですが。

その時、お部屋を紹介しながら経緯を聞くと、

まず、物件の値段を決めたのは売主さん側。
良い建物だったので購入を決意。
しかし、空き家で汚くなっていたので掃除と、数箇所の破損部分を直してもらえるか聞くと、一切しないで現状渡しとのこと。
そんな条件もあるのだろうとそれもすべて承諾しての購入意志表示。

直接話しをしたいと言ったのは、売主さん側。
 自分は、間に入ってもらっていた方が良かったのですが、直接欲しいとのことで電話。

その電話をかけさせた理由が、簡単に言うと、

こっちは売ってあげるんだから感謝の意を述べよ

とのことだったそうです。
それに、買主の情報も根堀派堀聞かれ、だんだん不愉快になっていったとか。
買主さん側は、買ってあげるという気はさらさらない。
売り物件があるよと言われて紹介されたのに、売ってやるってひどくない?しかも、現状のままだし・・・・

そして、カッチーンと来たのが、
特に売るのはアナタじゃなくても良い。売るのを急いでいるわけではないから
との言葉だったそうです。


そんな気分にまでなって欲しい物件でもないので、

契約は無かったことに

と、その後御返事したそうです。


それを聞いた売主さんは、アタフタアタフタ

「そんなつもりで言った訳じゃない。考え直してもらえないか」

と、ハウスメーカーさんに言ってきたそうですが、
買主さんももう熱が冷めてしまって相手にしません。

結局、買主さんは良い土地が見つかったので、新築を建てるそうです。



きっと、本当にそんなつもりはなかったのでしょう。
でも、プライドや、売ってやるという気持ちはあったのではないかなと思います。
優位に立ちたかったのでしょうねぇ。売り急いでいると思われたくなかったとか。


好きで売りに出す人は少ないわけで、家への思い入れもあるでしょう。
でも、売る、買うとなったら、お互い穏便にすすめれるよう便宜をはからなければいけなかったのではないでしょうか。


このハウスメーカーさんも、
この売主から手が離れると思ってホッとしたのでしょうが、また面倒見なければならないようです。(でも、今回の元買主さんのお家は、このハウスメーカーさんで建てることになったそうです)

こちらからは、ハウスメーカーさんに、このまま無料で家を管理していくのは限界です。管理料をいただくか、手を切る方向でお話をした方が良いと伝えました。


ザンネンだったね。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。