2007年08月05日

やはりこれだけでは終らなかった

以前、こんな記事を書きました。

「聞いた話」
「聞いた話 つづき」

この主人公、宇宙人のお話です。




先日、「チラベルトハウス」の大家さんが来社しました。

大「花子さんよ、この間退去した人が、どうのこうのって話ししてたよなぁ」
花「えぇ。何かありました?」
大「あったも、何も。ひっでぇ野郎だな」
花「一騒動あったんですね」

以下大家話し。



宇宙人に指定された退去の日に立会いに行きました。
一向に宇宙人は来ません。
仲介した不動産屋に電話して宇宙人に聞いてもらったところ、忙しくて行けない。午後でも良いかと行ってきたらしい。
大家さんは、午後は用があって立ち会えなかった。
で、不動産屋が代わりに立ち会って鍵を受け取ることにした。

 ここで、まず思う。
 自分から指定した日時に『忙しいから』と、連絡もなしにブッチギルっておかしくないかい?
もし、予定が入ったら連絡をくれるのが普通の人でしょ。


後から部屋を見た大家さんは、1回立ち会って精算方法を協議した方が良いと判断。
宇宙人に電話した。

 貸家の状況としては、

  ・全く掃除をしていなくて、荷物を運び出しただけ
  ・タバコのヤニで、クロスは、ま黄色。
  ・さらに、焼肉を多くしたのかリビングまでアブラギトギトクロス
  ・クロスが破れ、削れあり
  ・家の外は、全く犬の散歩をしなかったことで糞だらけ。過去に注意をし
   たものの全く改善されなかった。
 
 綺麗に使ったとはいえない状態。


電話にでるなり、

宇「こうやって電話してこないで下さい。こちらは、●●県の弁護士も司法書士の知り合いもいるんですから」
大「???? 私は、アナタが前に住んでいた所の大家の▲▲ですが どういうことでしょうか?」
宇「!!!!あっ失礼しました。勘違いしました」


 これこれこういう訳だから、一度立会いをしてもらいたい。精算のお話をしたい。とのお願いをしたそうです。
すると、自分は忙しいので、もう行けない。(引越し先は、遠くないのよ決して)大家さんにお任せします。と言ったそうです。
 なので、大家さんは、では、お掃除と、畳替えは契約書に書いているのであなたのお金でやってもらいます。それからクロスも汚した所と破いた所は請求させてもらいます。と、言ってその時は電話が終了したそうです。

 宇宙人は、何かトラぶっているのだろうか。もしや購入した中古物件のことじゃなきゃいいけど。しかし、イキナリその言い草はないよね。


立ち会って欲しいとの依頼を任せると言われた大家さんは、補修をして、請求書を送ったそうです。
で、先日、宇宙人からの電話。




宇「こんな、一方的な請求ってありますかッ払う気一切ありませんよ。
まずは敷金を全額返してください!それから、あなたが裁判でも起こして請求すればいいでしょ!全額返してください」


 
 
電話をとるなり、いきなりこんな感じで始まったそうです。


畳替え代を取るのはおかしい。大家でやるものだ。

 契約書(特約)にも書いているでしょ。先日の電話でも確認したでしょ。
 大家さん曰く、特約は特約だが、言い方によっては、大家持ちでもいいかと思ったが最初からこの言い方には腹が立つと言っておりました。


次は、
ハウスクリーニングこそ、綺麗にするのは大家さんの勝手であってこちらに請求するのはおかしい!

 確かにそうかもしれないが、アナタは、掃除を全くしないででていったんでしょ?自分達で綺麗に掃除しましたというなら、分るけど、全く掃除もしないで綿埃いっぱい、換気扇はドロドロではそんなこと言う筋合いないのでは。


そんなの自然損耗だ。裁判では絶対勝てないのだから。

 自然損耗の意味はご存知?丁寧に綺麗に使っても古ぼけていく部分の話でしょう。掃除を全くしないで出て行って、その埃が自然損耗っておかしくないかい?


でも、■■不動産が立ち会った時に、特に悪い所はないね。この辺りがちょっと・・・・言われたくらいだからこんなに請求されるのはおかしくないですか!話が違う!わかりました。明日■■不動産に話します!

 ちょと待て。もとはと言えば、あなたがこの日のこの時間に、って指定してきておいて「忙しいから」と連絡も無く来なかったんでしょ。
で、私もそのつもりで予定していたから、午後に予定を入れてて立ち会えないっていったから、そこの不動産屋が、代わりに鍵を預かっただけでしょう。
 綺麗な状態じゃないから、もう一度立ち会って欲しいと電話したのに、まかせますと言ったのはあなたでしょう。

 アナタね、そうゆうのをいちゃもんっていうんだよ。


宇宙人は、一瞬言葉に詰まったものの、大家さんの話を全く受け入れず、
宇宙語を話し続けたそうです。(わけわからん自分勝手なことね)


気分を害したが、ラチがあかないので、大家さん。
「もういいです。全部コッチで払います。全部返しますよ」

と言ったそうです。


すると、コロッと態度が低姿勢になり、
「いいえ、私は何も全部返して欲しいと言った訳ではなくてですね、ちょっと疑問に思ったのでお電話したわけで・・・・」


ゴネ得でしたね、宇宙人。

そんなつまらない宇宙人にこれ以上関わるより、さっさと切り離して次を入れた方が早いと思った大家さんは切り替えたそうです。・・・・・・が悔しいですね。こうゆうの。
自分の非を認めずに、相手ばかりを攻撃し続け、裁判裁判と騒ぐ。
しかも、自分が起こすのではなく、起こしてくれという。

私が、該当者だったらどうしただろう。
っていうか、敷金を相手の言うとおりに全額返すようなことはしません。
向こうが裁判をしてきたらそれに応じるってことでしょうか。
でも、時間も気持ちも振り回されることを考えると、潔く諦めた方が早いのかな。
でも、宇宙人は、常にこんな手段で切り抜けてきているのでしょうから、もっとパワーアップさせてしまいますよね。
前回の話では、奥さんとその親がパワフルでしたが、旦那もなかなかのもの。
会社や町内会でもこうやって来ているのでしょうかね。

そんなやり方を見ている子供はもっとパワフルなんでしょうね。
ゾッとします。






彼らに捨てられたワンコ(隣の住人に押し付けていった)は、
毎日散歩に連れて行ってもらい、
毛づくろいをしてもらい、
幸せにくらしております。
よかったね、ワンコ。

posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

いまどきの爺

ある程度日が経ったので良いでしょう。ってことで。

とある爺のお話。


お部屋探しをしに来た爺。

隣の県からやってきた爺。

出身は、ズーット西の方らしい。

こちらには、現役リタイヤ後、趣味をやりにやってきたらしい爺。

趣味と言ったら怒られるかもしれん。こっちが本職のような話しをしていた。(半分上の空)

今住んでいる所での用は終ったので、その関連している隣のこの県に居場所を探しに来た爺。


要望は、

●静かな所→よくよく聞くと、静かな場所ではなく、隣や上の部屋の音がしない一軒屋だった。

●書籍が多いので80u以上の建物

●全国的に有名なスーパーが近くにあること。
 →こだわりが食なので、地元のスーパーはイヤ。今のところも、30分かけて大手スーパーに通っているとか。なんでも、品揃えが違うらしい



自分の趣味のお話を、とーとーと話すこと20分。

「は〜さいですかバッド(下向き矢印)」上の空の花子。

まず、物件を見に行きますか。
80u以上の物件というと2LDK以上の貸家ばかり。

案内しながら、
<爺1人での入居って(審査)大丈夫なのだろうか。爺の選んだ物件は審査が厳しい所ばかり>

という、私の心配をよそに、爺は、

3LDKの家を見ては、

『ん〜、どれも帯に短し、たすきに長しだなぁ。なんで皆こんな小さな部屋ばかりなんだ?』

え〜、これは爺のためのおうちではありません。基本はファミリー向けですのでね。
な〜んて話そうものなら、

『わしは、家族はおらん!1人じゃ』

・・・・・・だから、爺のためではなくて、想定はファミリーなの!


『3メートルあるわしの机が入らん!』

・・・・・・じゃあ。辞めますか。辞めましょう。イイのないですよ。(心の声)




でも、不思議なことに、こんな人こそ申込もうとする。諦めない。


道中、この爺のお話を聞かされた聞いた。

要約すると、<わしゃ、偉いんじゃ>ってこと。
ある業界では超有名なんだって。
日本発のものをいくつもやってきたんだって。
今やっている、趣味でも名の知れている人なんだって。


でも、私は全然知らない。





わかりました。では、申込書に記入を


・・・・・記入されたのは、名前、現住所、本籍・・・・・以上。

年収は?   教えたくない
連帯保証人は?   今は書きたくない。

それは、困ります。お子様でも誰かいませんか?

『今度の住まいは、この趣味が一段落するまでは誰にも教えたくないんじゃ。教えると、次から次へと来客がある。仕事が進まん。
落ち着いたら、保証人をつけるから。
●●(チョー有名な人。世界的に)でもいいぞ。
今は、だめだ。』


*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*


今、いなきゃダメなのですがねぇ。

『オレという人物を認めないのか!』

・・・・・・確かにそうですが・・・・・・あなたはダレ?

有名かもしれないが、このカタ田舎までは有名ではないのですが。

ここにお知り合いはいるのでしょうか。

『おらん!』

今お住まいの所は、どうやって?

『知人の紹介だ!』



しばらく、(ソフトな)押し問答。


あなたは、2,3年後、私に謝ることになるぞ!


はあ。そんなことまで言われましたが・・・・・・・
何をもとに、この方を信じたらよいのか皆目検討もつきませんが。

数年後、誤りますから、保証人つけて。
又は、緊急連絡先を書いて。


『書かん』


では、お客様を別な方法で確認するにはどのようにしたら良いですか?
インターネットで検索すれば出るとか・・・・・

  お怒り承知で聞きましたよ。
  だって、わかんないだも〜ん。


『インターネットにのるようなバカなことはしない!・・・・・・そうだなぁ、▲▲には名前がのってるな』


・・・・・・・・では、これで申込みますので数日お待ち下さい。
と、なんとか強制終了。

翌日、一応図書館に行き調べてきました。
お名前はありました。
でも、写真がないので本当にこの人なのかはわかりません。


ま、一応申し込みというか、コレコレこうゆう人が申込みたいそうで、▲▲に載っている方なのだそうですが、どんなもんでしょ?


当然OUTです。


丁寧にお断りのお電話入れました。

『あっそ。ガチャ』

で終了。_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_


疲れた。大いに疲れた。




きっと、本当にオオモノだったような気がしますが、

オオモノの方なら、ダンドリつけてきて下さいね。
どこかからの紹介付とか、
居場所を他人に教えない、信用のある保証人を1人用意しておくとかね。
水戸黄門のような印籠を出すとか、


私が知っている有名人は極少なのです。
残念でした。
井の中の蛙でございます。







だから、私から見れば、ただの爺なのですよ。ハイ。



結局、どこに行ったのかしら。
心優しい、融通の利く不動産屋に会っていれば良いのだけど。

posted by 日本花子 at 23:02| Comment(6) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

新緑の季節。ふう。

もう、6月ですねぇ。
すでに、5月が終った気分の私。気持ちは6月です。

6月といえば夏服ですね。制服好きの皆様良かったですね。(何が?)

しかしこの辺りは、6月ってまだ肌寒い気がしますが。
念のためにまだ、ヒーター出しっぱなしの花子家なり。(単なる怠惰?)


6月といえば新婚さんが多い時期。
数組、お部屋探しにいらっしゃいました。
幸せな家庭を築いてくださいね。


そして、意外にも今月多かった、離婚によるお部屋探し。
常にあるっていえばあるのですが、今月は、結婚時にうちでお部屋を決めてくださった方の片割れが、別れの第二の生活の為にお部屋探しに再来して下さった方もチラホラ。


あるお客。
 離婚します。
 夫がお金の管理が出来ません。
 私が部屋を出たら、連帯保証人である私の父も終らせたいのです。
 今月末には部屋を出ます。

 旦那さんは退去せずに残る方向のようです。
 大家さんが認める保証人さんをつけてからの交代になります。新しい方を決めてお知らせ下さい。それからになります。

 その後、やっぱり退去します。
 やっぱり住みます。
 旦那の兄弟が住みます・・・・・
 奥様が退居するのは確実ですがその後が全然はっきりしません。優柔不断なのでしょうか。
 しかし、その意向も奥様からの話で、残るであろう旦那様(今も契約者)から一本の電話も来ません。
 アノ人は、自分で何も出来ない人だから・・・・・・
 吐き捨てるように言った奥様の言葉。
 子供は、旦那様が引き取るらしいのですが、ダイジョウブかな。他人事ですが心配。

 しかし、こんなにコロコロ変わると、1ヶ月前退居予告になるのだろうか・・・・・・
 もし、新しい保証人を連れてこなければ、違約金をとって退居させてください。
 縁を切りたいのは分るけど、お父上をはずしたいのも分るけど、そんな簡単なものではないのよ。



 しかし、この奥様も・・・・・・


 予算3万円代で次のお部屋探し。
 2箇所程、目星をつけてきたようで御案内。
 きっと、この部屋に決めると思います。また来ます
 次に来た時は、物件用紙をもう一度全部見ていったそうです。
 あれ?申込まないの?  ま、よくあることね。
 翌日の、夕方7時頃来社。 帰ろうと思ったのに・・・まいっか。
 ここと、ここ見にきました 
 えっ・・・今からだと・・・・電気がつかないので良く見えないかと・・・・
 鍵も借りてこなきゃならんし。うちの物件ではナイ。
 今日、来るって言いましたよ。鍵を借りておくとも言われました。
 応対した者に聞きましたが、全然そんなことは聞いてないとのこと。 当然、鍵も借りていない。
 どっちが本当かは定かではありません・・・・・
 当社にも限りなく非がありそうなので(とぅるっとぅるっ会社なので)。
 奥様その場にてもさらに、物色中。
 ストップさせました。
 この時間帯では、2件が限界です。他のは後日でもいいですか?
 わかりました♪
 くったくなし
 運よく、鍵もすぐ借りれて御案内。

 って・・・・真っ暗ですが。夜
 大家さんごめんなさい。ブレーカー上げるね。
 懐中電灯では限界があるの。
 
 1件目。
 安いしここに決めちゃおうかなぁ。ここでネコ猫飼っちゃだめですか? 
 ダメです。
 ばれなきゃいいですか?
 (はぁ?!むかっ(怒り))ダメです。それにバレます。隣近所の方がわかりますから、大体連絡が来ます。
 ふう〜ん、そうなんだ。じゃ次お願いしま〜す♪
 
 
 2件目。ここは、ペットOK。ただし、敷金4ヶ月。
 うわぁ、綺麗!ここはネコ飼えるんですよね。ここに決めちゃおうかな。こっちがいいよね、うん。
 その後もしばし物色中。

 ここ●万円に交渉出来ますか?●万円だったら決めます
 え、もう?本気で決めるなら交渉しても良いけど、とりあえず予約入れて一晩考えてみません?それで申込むなら交渉しますが・・・・
 大丈夫です。ここに決めました。
 幸運にも管理会社の担当さんがまだいましたので、家賃交渉してみました。しぶしぶOK出ました。
 では、申し込みを・・・・・
 連帯保証人に相談と、入居日を決めて明日来ます。
 では、予約をしておきますので明日の夕方また御来社下さい。
 (ツメ甘い?)



 翌日、私が出社する前にその奥様来社したようで、その時居た者に、
 昨日のところキャンセルしてください。そして、1件目に見た所に決めようと思って。そこ△万円になりますかね。なるなら申し込みます。夕方また来ますのでもう一度そこを見せて下さい。
 と言って行ったようです。
 il||li _| ̄|○ il||li
 昨日、イヤな予感しましたがアタリ。
 そんな気楽に申し込みしないでよ。しかも家賃交渉までしてるのよ。 あんなに念押ししたじゃない。
 あなたはいいけど、うちの会社の信用というものも駄々崩れよ。
 しかも、また値段交渉せぃって?!
 ネコをこっそり飼うんじゃないでしょうね。 
 夕方案内時にはクギを刺しておかないと。
 
 夕方の案内時には、二人で来ました。オトコと。
 夕方の案内は私ではなかったのですが、後から聞くと彼氏のようだったそうです。ふ〜ん、もう次のヒトがいるんだぁ。へぇ〜 

 結局このお部屋に決めました。審査OKでました。
 うちは、客付け側になります。向こうから来た契約書には、太字で『居住は1人のみ。同居は不可』と書いてありました。
 説明時には私も念押ししました。当然『ペット不可』もね。

 そして鍵の引渡し終了。
 その日の夕方、私が居ない間に彼女から、
 車もう1台止めたいがいいか
 との電話が入ったそうです。当然×。
 1人暮らしでしょ。会社の車をもってくるような職業じゃないし。
 即、彼を連れ込むわけ?
 
 
 この人・・・・・・・・・・・・(ーー;)

 この夫婦、どっちもどっちと見ました。(会社内全員一致意見)
 トラブルメーカーにならなきゃいいけど。
 
 

 皆様、幸せな家庭をお築き下さいませ。m(__)m
posted by 日本花子 at 22:54| Comment(8) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

むかついた、あ〜むかついたっ

今日の午前中の出来事です。フンガフンガダッシュ(走り出すさま)

今日入居予定のお客様がおりました。
おばはん一人。(私もおばはんですが棚に上げときましょ)


先週の金曜日に、とあるアパートの看板を見て電話してきました。
電話をとった、<とぅるっとぅるっ>が案内。←担当ね。

職場に近いアパートを探していたようです。
案内すると、他にもないかと聞かれましたので、少し高くなるがここがあると伝えると、高いなら見なくても良いとのことだったようです。


店に来て、申込書を書いてもらいました。
今は遠方に住んでおり(でも、県内)、今度こちらに就職するのでアパートを探しているとのこと。



入居日は、22日から。
  ・・・・・・・随分急な話ね。
車はありません。免許証ありません。
  ・・・・・・・免許もないのね。この田舎な県内でね。
保険証、今日はもっておりません。(身元を証明できるものはありません)
  ・・・・・・・ふ〜ん
就職先の名前、住所わかりません。(派遣会社で、実勤務先はこの辺り)同行していた人材派遣社員さんに記入してもらいました。
  ・・・・・・・本当に就職したの?
連帯保証人?!なんで付けなきゃならないのですか?
  ・・・・はぁむかっ(怒り)
  ・・・・・しぶしぶ、県外の娘を記入。
畳替えをしてください。
  ・・・・・・・最初に、この状態のままだからこの価格なんですよ(かなり安い)と聞いたでしょ。
(畳替え)絶対してください。
  ・・・・・・・本当に入るんでしょうねぇ。これから週末なのよ。畳屋さんやってもらえるかしら。


大家さんのOKもなんとか出て、その場で、重要事項、契約書を作成&説明しました。
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…





そして、本日。
電話電話
「はい、アンバブリー不動産です」
「あのぉ、おばはんですが・・・・・今日行けなくなったんです」
「今日、いらっしゃれなくなったということですか?」
「いえ・・・・・あの・・・・・そちらに行く事が無くなりまして・・・・・・契約をやめたいと思いまして」
「へっ?キャンセルということですか?」
「そうゆうことです。大変申し訳ありません」
「少々お待ちくださいね、今契約書を確認しますので。
『保留』*・゚゚・*:.。..。.:*・゚*:.。. .。.:*・゚゚・*

「お待たせしま・・・・・・
「ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(無音)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
もしもーし、もしもーし」(ーー;)

一旦電話を切り、今度はこちらから掛けなおしました。


「どうもすみませんでした」
「先ほどの件ですが、入居日当日のキャンセルですので、賃料の1ヶ月分、それから当社で契約書作成料をいただきたいと思いますが」
「え?困ります、そんなの払いたくありません」
「困りますと言われましても、こちらも畳替えを急いでお願いして入居できるように準備しているんですよ。困るのはこちらもなんですが」
「でも、困るものは困るんです!」ガチャ! プ〜プ〜プ〜プ〜

はぁ?途中で電話切ったよ!このおばはん。

怒りゲージ MIN ■■■■■■■□□□ MAX (("o(-"-;)プルプル



再度電話。
プルルルルル〜プルルルルル〜プルルルルル〜プルルルルル〜プルルルルル〜プルルルルル〜プルルルルル〜・・・・・・・・・・・

今度は無視かよ。


ごめんなさいで済めば、警察はいらないんだよ!~(-゛-;)~
 (ちょと違う?)




すぐ掛けても出ないだろうと思い、しばらく時間を置いてから掛けることにしました。




ドタキャンってさぁ・・・・・ハア
疲れるし、困るけど、理由や謝り方によっては穏便に済む事もあるじゃないですか。大家さんの情状酌量によって違約金なしになったり。大家さんが貰わないなら、うちもタダ働きしてやるよ「(´へ`;なんてことも。



でも、このおばはんは許せません。
自己チュー過ぎます。
しかも、電話の途中で切るなんて。切られた事なんて初めてですよ。
大の大人がやること?!

怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX o(`Θ´)○☆パンチ


ドタキャンより、その行為に物凄く腹が立ったのでした。


昼過ぎにもう一度、電話しました。
ナンバーディスプレイではなかったようで、今回は出ました。
落ちついて、冷静にお話しました。って、さっきも冷静にお話しましたけど。

すると、
「払えばいいんですね、払えば」ガチャッ!プ〜プ〜プ〜プ〜

またもやおばはん、逆キレ&電話切り。


ゆ、ゆるせん。ワナワナワナ

( -o-)/☆ビシ! ~(#ToT)アウ!


即、請求書を作って郵便で送りました。
果たして、おばはん払ってくるのかしら。


いい大人なのにこんな対応しか出来ないなんて。50歳過ぎたおばはん。
派遣会社さんにもこんな感じで断ったんでしょうか。
よく分りません。
こんな人に育てられた子供ってどうなんでしょう。余計な心配してしまいます。




やっぱり、急ぐ契約にロクなことはありません。

むかついたので、愚痴っちゃいました。









posted by 日本花子 at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

先月のお客様

今日から『ぶらり車中泊の旅』に行って参ります。
今年は、南下致します。


さて、3月の余波が、全く無い4月。
客層もガラッと変わり、いつものアンバブリー不動産でした。

こんな方々来ました。


とある高齢のご老人のお部屋探し

 生活保護を受けているご老人(男性)が、娘さん(嫁いでいるので別居)と来社。上階の入居者が変な人なので新しい部屋を探しています。
 上階の入居者は、偶然にも我が社で仲介した男性(これまた生活保護者)。確かに変わったところがあったような・・・・でもそんなに変な人だったかしら。

 ”夜な夜な念仏を唱えてうるさいし気持ち悪い”

そうです。

が、が、このご老人かなり耳が遠いのです。娘さんが我々の間に入って、耳元で怒鳴るようにかなりの大声で話さないと聞こえないのです。
この方に果たして、2階の念仏を唱える声が聞こえるのでしょうか。
と、思いつつお部屋をご紹介。今住んでいるお部屋よりかなり程の悪いお部屋ですがここで良いとの予約を入れてお帰りになりました。生活保護者ですので、お部屋の変更は、役場の許可が必要です。話をしているのかと思ったら全然話をしていないとのこと。
役場の許可を得てきてくださいと伝えました。

 あんなに耳も遠いのに聞こえるのだろうか、歩くのもままならないあのご老人、果たして1人で暮らせるのだろうか。毎日隣の隣の町から娘さんが様子を見に来るようですが、とっても不安にさせる人です。

翌日、娘さんから、「役場ではダメと言われました」とあっさりキャンセル電話あり。
やっぱりね。まず役場(スポンサー)に打診しないとね。

なんかよく聞くと、昔、住んでいた近くに宗教施設があり毎日念仏が聞こえてきたとかで、それが耳にやきついているようなんです。
2階の人ではない・・・・・みたい。
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

1人暮らしより、そろそろ施設に入った方が良いのでは?



キャンセルのあった直後、現お部屋の大家さんがたまたま来社。

”今度お部屋が空くので客付けして欲しい”とのこと。

もしや、念仏おじいさんかと思い聞くとその通り。
たった今キャンセルになって退居しないと思いますよとお話してあげました。

退居未遂に終ったものの大家さんちょっと憤慨中。

この念仏お客様、実は1ヶ月前に仲介不動産屋に退居連絡をしていたそうです。(気の早い。なら先に役場に打診しようとは思わなかったのかしら)

が、その不動産屋が大家さんに伝えるのを忘れていて、昨日、「忘れてましたが、退居するそうでう」なんて連絡してきたそうです。

一言の誤りもなかったちっ(怒った顔)フガフガッと怒り心頭。

この仲介業者には、他にも被害に遭っている大家さん。

裁判所による強制退去目前の巷で有名な滞納者をずさんな契約で入居させて、後はのらりくらりで逃げまくりしているとか。


遠い親戚だから頼まれてお願いしてたけどもう絶対こことは付き合わん!!と言ってました。

そんな適当な不動産屋は、ココ

業者ならずも、大家さんにまで愛想をつかされ気味です。



あ、時間だ。他にもお客さんいるけどおいおいに。

では、行ってきます。(*^_^*)
posted by 日本花子 at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

家を建てるって・・・2

ちょとむか〜し、あるところに、お家を建てたい家族(主に母と娘)がおりました。
このお家は、嫁いだ娘夫婦のお家です。主にお母さん主導でした。

この家族、1円でも安く家を建てたい願望の強い家族でありました。

この母親の家のすぐそばに、『売り地』、バブリー不動産屋の看板が立っておりました。
『ここがいい!』と思った家族は、会社へ広さ、面積、価格を問合せ、予約をいれました。その後何度も何度も費用を聞いて検討しておりました。が、その後一向に話が進みません。
とうとう、その予約を取り消してしまいました。


数ヵ月後、その家族は同じ土地を申し込みに来ました。
今回は、既に土地の所有者と、直に話をつけてきたようです。
ただでさえ安いその売り地を大幅に値下げした価格で話を付けてきていたのでした。

仲介しなくてもいいんじゃない?


その土地は、農業用水路をまたいで入るために、そこの管理機関に毎年利用料を払わなければなりません。農家の人はタダです。
そこで、お母さんの家が農家だったため、お母さんの名義で利用申請しタダで使うとお母さんは決めました。
 

安くあげたいこの家族は、当然仲介料も激しく値切ってきました。

シブシブ、シブシブ、シブシブ応じました。




土地の引渡しが終わり数ヶ月経ったころ、またこの家族がやってきました。『まだ家が建てれない』というのです。
『建築確認がとれない』ということです。


話を聞くと、水路をまたぐ橋の図面が必要で、それは売主さんがくれるとの話でしたが(直接話したようです)それがまだ来ないので確認申請できないのですと。


こちらから、売主さんに催促し図面を出してもらいました。


それから、数ヵ月後『まだ建てれない!』との連絡を受けました。

今度は、水路をまたぐ橋(進入路)の幅が2m強のところを、6m位に広げたそうです。すると、水路の利用申請だけでよかったものが他の機関の許可が必要になったとのことでその書類が出来ないので『建築確認がとれません!』とのことです。

所有者も巻き込んでまたまたすったもんだです。


今まで一帯の同様の土地に既に数件建っていますが、今まで一度もそんなトラブルがありませんでした。





この家族なぜこんなに進まないのでしょうか。



地主さんから小耳に挟みました。


安く建てるために

 水道の引き込み、宅内配管を地主さんへ安く依頼しました(地主さんはそんな業者さん)

 知り合いの基礎屋さんに、安く基礎を頼みました。

 知り合いの大工さんに、1日1万円で建ててやると言われてお願いしました。
 
 建物建材は、それぞれに揃えてもらい払うのですが、クロスや、フローリングなど嗜好が出るものは、近くの大きなホームセンターで安く揃えようと思いました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・それぞれが、安く済むはずでした。
しかし、全てをまとめる人がいませんでした。

大工さんは、あくまでも家を建てる大工さんでした。(建築確認は出せるようですが、それ以上の応用編の知識も無く)指図出来る様な人ではありません。
それぞれの業者もお付き合いがありませんでした。



お家を建てる時は、一つずつ順番に進むわけではありませんよね。
基礎の時に、水道屋さんも入ったりすることもあるわけで・・・その横のラインをうまく話をつける役が、この『素人安くあげたい家族』にはうまく手配出来るはずもありません。


何事もスムーズに進まない(というか、手付かずのまま)、春を迎えた今日この頃。

大工さんは、冬の閑散期だったから1万円でと言ってたが、この時期になったから1万5千円もらうと言われたそうです。



 この家族は今度、進入路の許可を取るのに十数万円かかった。誰が払ってくれるのか。(普通は、数万円)
 上乗せしましたというような気配ぷんぷんの請求書を会社持ってきました。
家を建てられないから、契約を解除してもいいか。
とも、言ってきました。



我が社の、ツメの甘さを感じられます。しかし・・・・・・


自力で安く家を建てる難しさを感じます。



いつかは、建てれるのでしょうか。


家を建てるって・・・・・・・(どれみ☆さんまたまたお借りしましたm(__)m)


おしまい。
posted by 日本花子 at 22:35| Comment(9) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

いろいろあったもんだゎ。

4月1日を過ぎ、加速度的にお引越しシーズンの終盤を迎えた本日、雑務に追われながらもさっさと定時で帰って参りました。

昨日あたりは、集中力の限界ということで早々と8時には布団の中へ。ひたすら爆睡。9時間寝ましたが・・・・何か?


今シーズンはこんな感じでした。

※2度目の出会いがありました♪
  一度仲介をした方で、ここを離れ再びこちらに転勤してきた3件の方が再訪していただきお部屋を決めて下さいました。感謝<(_ _*)> アリガト。
  この不動産屋を頼っての方もおりましたし、以前住んでいた所がお気に入りで、転勤先には若干遠いが通える範囲なので再び同じアパートを捜し求めて来た方もいらっしゃいました。
そんなお気に入りのお部屋に出会うなんて、すんばらすぃーー




※時には、「こんにちゎ(^−^)」とメールを打ってみる。
  以前、こんな記事を書きました
この後お仲間不動産屋さんと話をした時、同じ方がそちらの不動産屋さんともメールしておりました。
すると、「こっちもバンバン顔文字使って返してますよ!」なんて言うものだから、私も改心(?)して、その後に来たメール(別人)に思い切って『(^^)顔文字』入れてみました。さすがに、小文字「ゎ、ぇ・・・」は使いませんでしたが。
 その後、メールでのやりとりが続き、お部屋案内、申し込み、そうして無事契約、入居に至りました。パチパチパチ。
見かけは、まつげバッチリ、アクセじゃらじゃら、ほぉーッって感じだったけど、彼女も彼氏もしっかりして、キチンとお話の出来る方でした。人はメールに寄らないものだわ。実感。
 しかし前記事の彼女の場合は、一時期音沙汰なかったのですが、ココ最近また接触してきました。
相変わらずのメール。しかも、”彼は無職(面接を受ける予定あり)、私は妊婦”なんて告られちゃうと、うーん、うーん・・・・・どうする?
まず、「お部屋見に来て、良かったら相談しましょ」ってところです。まだまだ問題多しだす。



※コンピュータ関係の職種の人はこまかい!

  m(__)mそれ関係の方がいらっしゃったら先に謝っておきます。弊社に来た人だけですから。
細かいというか、神経質というか・・・・ざっくばらんな花子としては、そこまでケチつけるか・・・・・・なんならその物件はやめたら・・・・と喉まで出掛かってくること数回。そんな人の入居申込書の職業欄はかなりの確率でそっち関係。
この手のお客様の対応がまだまだニガテです。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…



※携帯に出ない、掛けなおしてこない人はルーズだった。
 入居日当日になっても音沙汰なし、電話の一本も入りやしないハラハラドキドキもんの人がお二人いました。
どちらもお部屋案内予約をしておきながら約束には来ない、携帯に着信を入れても掛けなおしてこない(留守電にもならない)人たちでした。
約束をブッチしてその後も何も無しなら(腹立つけど)後追いはしません。が、この人たちは、諦めた頃に現れるのでした。
そうして、お申込。とんとんと審査クリア。
 しかし、今度は入居期日が近づいてきてもその後の音沙汰なし。
 電話をしても出てくれないし、折り返しの電話もなし。うわぁ、申し込み後のドタキャンは勘弁だぁ(>_<)。
2、3日前にやっと連絡がとれ意志の確認をすると、必ず入居しますと言う。しか〜し、入居日当日もあっさりブッチ。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

1人は、翌日の夜7時にやっと来社。
もう1人は、3日後に来社。
ちゃんとした所にお勤めの方なんですがね。普段の仕事もこうなのかしら。


後日談。
その、3日後に来たお客様、先日の1日に雇い主より電話が来ました。

「4月イッパイで退居します」

ちょ、ちょ、何が!!

実はこの数日前にこの入居者の雇い主から一本の電話。
「彼がお宅で部屋を探していたと聞きましたが、何処に入居したか教えて下さい」
よくよく聞くと、ここ2、3日会社を無断欠勤しているそうで、携帯に電話しても全く出ないというのです。この場合、教えていいの?いいような、悪いような・・・その後、弊社から彼に電話をして、着信をみた彼が電話をしてきたので、”雇い主が電話欲しいって”と伝えました。

そして、4月1日。
結果彼は、その会社を懲戒免職になったのでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(>_<)
その辞令(?)の発表の場で、こちらにも迷惑を掛けれないということでお電話して下さったそうです。

_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

ちょっとちょっと、あんたにさぁ大量の時間をかけ、神経をすり減らし、仲介料まで一部サービスし、入居希望日も、申し込みから2週間以内のところを1ヶ月先まで延ばしてあげる交渉したのにぃぃぃぃぃぃぃ。

その後、管理会社へ、『4月末退居』とFAXをシャーッと流しました。
もちろん、管理会社から『エイプリルフール?冗談きついよね』という電話がかかってきました。
当然よね。新築物件&3ヶ月かけてつい最近やっと満室になった物件だったもので・・・・ごめんなさい。


まだまだ、読みが甘いなぁと自己嫌悪。
でも、入居審査に通ってしまうと、怪しいと思ってもなかなか弊社でストップは掛けれないんだよなぁ。


※この田舎では、もう新築物件も満室にはならない!
  そうなんですよ。今回、私、初経験。新築物件にもまだまだ空きがあるなんて。立地条件が少しでも難あり物件は満室になっていないし、家賃の高い物件はガラガラ。
昨年までは、新築イコール即満室だったんですけどね。
そうゆう人は、ここ数年のうちに納まるところに納まってしまったのか高額物件には人が集まりません。
 っていうか、新築物件は軒並み同じ位の価格帯。だから何十戸もお部屋が出ても客層が全部かぶっちゃっているわけで。
設備に、エアコン2台付けなくていいから、サンルームなくてもいいから、あと1万円安い新築物件があれば即満室なのにな。
 新築時に賃料が比較的安いと、十年近く経ってもそのままの値段でOK。むやみに家賃を下げる必要がないと思うのです。
 だって、だって、今回、新築なのに誰も予約が入らないから、既に1ヶ月フリーレントや、礼金ナシにしたり、・・・・家賃も下がってしまったものまで・・・・ガクガクブルブル((;゚Д゚))

大家さん、ハンコ押す前に一回は不動産屋廻りした方がいいよ。あ、でもはっきり言ってくれるか分からないけれどね。聞き方だよね。




どう思う?今シーズン。
まだまだ、不況よね。ここって。

posted by 日本花子 at 22:20| Comment(6) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

即ぅ、大丈夫ですぅ

同業者の皆さん、忙しくなってきました?
うち?うちは、ボチボチですね。
大忙しでもなく、閑古鳥でもなくというところですか。

我が社のホームページは、携帯閲覧対応ではありません。
が、携帯サイトでも見れる不動産検索サイトにも情報ののっけてもらっておりますので全部ではありませんが、情報の一部が見れます。

意外と携帯で見る方って多いですよね。
私的には、携帯だと時間がかかってあまり見ることはありませんが。


しかし、我が社ホームページを見ての問合せより、人気携帯サイトからの問合せが多いのも事実。
あなどってはいけませぬ。






先日、携帯サイト経由で問合せがありました。


メールでのやりとり希望でしたので、メールで返事を出しました。



質問内容は、「いつから入居できますか」「初期費用はいくらですか」
ということでした。

「即入居可能です」「●●万円です」・・・・懇切丁寧に御返事いたしました。










翌日その方から、またメールが来ました。









<とゆう事ゎ契約時に必要な額ゎ約●万くらいとゆう事ですよね?あとゎ月に家賃、水道光熱費だけで大丈夫ですよね?あと退室時ゎいくらくらいかかりますか?>








*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*





1回では、読めませんでした。
みなさんは、大丈夫でしたか?




こちらは、お仕事ですが、お客様はそうではないですからね。
ま、しょうがないんですけど。

初めてだったもんで、ビックリしましたわ。わたくし。


携帯からのメールの方は比較的話し言葉感覚のメールは確かに多いのですが、最初のあいさつもなく、『ゎ』使いとは・・・・・

私が採用担当ならば即不採用です。
って、採用試験への問合せではないんですけどね。


もちろん、気にせずに(気にしているけれど)、大人のお返事を差し上げました。




その後、数回やりとりしております。その内の一つに、








<私ゎ、成人なんですがぁ、やっぱり、保証人は必要なんですかぁ?>







・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*






気持ちとしましては、




成人なら成人らしいメールをせよ!







そうして、




安い物件&初期費用の安い物件&1部屋に二人で住みたい&即入居したい&保証人付けたくないというあなた、




私ゎあまりぃ入れたくありませんのぉ











会って見れば、イメージ変わるかもしれませんが・・・・




現在継続中案件ですたらーっ(汗)



posted by 日本花子 at 22:24| Comment(8) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

し わ す

皆さん、お忙しそうですね〜〜
うち?うちはどってことないわ♪公私共に。

周りのだ〜れも、ノロちゃんにかかってないし、予定も、ほどほどのつまり具合。クリスマスクリスマスにときめくわけでもなし。
IL DIVOさんくらいかなぁ揺れるハート


同業者の皆様、
そろそろこの時期特有のお客様、いらっしゃってます?

今年のうちに出て行け〜〜!!と言われ、
・超即入居可能(今から!!!みたいな)物件を探して歩くお客様。
・どっかでなんとか契約金分位を用立てて、ニコニコ現金即払います!みたいなお客様。
・お部屋選びの基準は、家賃のみ。家族4人いても、1部屋でいいです!安ければ。(貸主のことなんてお構いなし)
・急いでないそぶりを見せながら、いざ申込の段階で『せっかくだから』と2,3日後を指定してくるお客様。
・扉を開けたとたんに、お部屋の中も見ずに掲示板にある物件を指して「すぐ契約したい」と言ってくるお客様。


用心しているんですけどね。


客:扉を開けたとたん、「安いアパートどんなのある?」

花:「一番安くて25,000円です」

客:「もっと安いのはないの?あ、俺じゃなく頼まれたんだけどね・・・1万円くらいのとか・・・・」

花:探しもせずに、相談にものらず、「ありません。」


こんな分かりやすいタイプならバサッと短時間で斬りますが・・・・

言葉巧みな人が多いのも特徴ですよね。
普通のお客さんのそぶりで、お部屋も案内させて、申込時の日にちは年明けで申し込んでおいて、大家さんの了承が通ったあとに、理由をつけて結局即入居・・・・しょっぱなから家賃滞納始まる感じ。





うちはですね、多分まだ来てないと思いますぅ。

しかし、先週末は怒涛の入居ラッシュでした。
しかも、即入居希望者が3組も・・・・・

やばい?

でもね、
一組は、短期間(冬場のみ)という入居者だし、

一組は、就職が決まってすぐ住まいを探さなければならない人だったし、

もう一組は、・・・・・・・・・
今の住まいが今度更新で、更新すると家賃が上がるので安い所を・・・という家族でした。
花:「急いでます?」
客:「いいえ、あればいいけど、なければ待ちます」

と言ったくせに、毎日のように探しに来て、初めて来てから4日で決めてその4日後には引き渡しです。


もう、疑いの目でどこかにボロはないか探しましたが、

契約者は、20年以上一つの会社に勤務、奥様は準公務員みたいなお仕事です。
いつものごとく、審査って言ったって第6感なワケですから、怪しいような怪しくないような・・・・・
字も綺麗だし・・・・・(関係ない?)
断る理由もないし。

ということで、3組バタバタと入居致しました。

何事もありませんように!と言う感じです。ハイ。
posted by 日本花子 at 13:00| Comment(7) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

狙い撃ち・・・バキューン

車で運転中、
道を譲ってくれた相手に手を上げて挨拶したら(/( ̄^ ̄ )、『親父くさいからやめなさい』と、東京のOLさんに言われた花子です。それからしてません・・・






1ヶ月ほど前、一組のご夫婦がお部屋探しに来社されました。

我がバブリー会社にはあまり来ないタイプのおしゃれな夫婦でした。
奥様は、「ゆうこりん」を大人にしたような、可愛綺麗タイプ。
旦那さんは、トラッド系(古い?)、東京の爽やか男性風味(分かる?)でした。
思わず、なれないものでこちらの気が引けます。


条件は、
『出来れば駅に近い事、できれば追焚風呂がついている事、できれば洗浄機能付きトイレがついている事』でした。


んー、この時点で全てがあてはまる物件はありませんでした。
駅近くがないのよねぇ。


「ホームページ毎日見てます」って言われ・・・(ドキッ・・・更新サボってたよ(汗))、自分達でも数件ピックアップしてきていました。
ので、その数件をご案内。

この奥様、可愛い人で、
「アパートなら、下に人が入っている2階がいいよね♪その方が暖かいんでしょ♪」
「プロパンガスより都市ガスがいいよね。安いんでしょ♪」
倹約家なんだけど、がっついていない言い方。
面白い(*≧m≦*)ププッ。


車中、あれこれ世間話。
実は、別な町で大家さんやっているそうです。(兼業大家)
へぇぇ、ちょっと身を引き締め。

「騒音問題」の苦労話などで盛り上がり。




物件案内すること1時間。『これッ』っていう、物件はなかったようです。

駅近くは、あきらめるか〜モード。
そうですねぇ・・・無いもんは無いですからねぇ。


「雪が降る前に引っ越したいんですよぉ。また来ますね」


てことで、決めずにお帰りになりました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



||||||||/(≧□≦;)\|||||||オーノー

  



私としたことが、あんなに会話が弾んだのに・・・・・・





名前も、連絡先も聞いていなかった・・・・・・・


_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_



とぅるっとぅるっ部長がこんな事を仕出かした日には、花子怒りむかっ(怒り)が振ってくるのですが、自分でやったことってわけで・・・・・・・ご内密に^^;


まっ、また来るよね      強がり






・・・・・その数日後。
貸家のオーナーさんから一通のメール。

「12月初旬に、ピカイチ貸家が退去になります。ヨロピク」

なんですって!!!

ここは、駅近く、追焚機能付お風呂あり、洗浄機能付きトイレの貸家なのです。


||||||||/(≧□≦;)\|||||||オーノー

でちゃったよ。あの夫婦にはここしかない!
でも、人気物件。知らないうちに退去して、知らないうち入居している物件ですから急がないと決まってしまいますがな。あせあせ(飛び散る汗)


彼らは、次にいつくるのかっ。
待つしかないのかっ。
あーーーーーーー花子のバカッ。バカッ。



もんもんしていると、

ひらめき  思い出した!

「ホームページ毎日見てます」

そんな言葉を思いだしました。これしかないっ!!





我が社の物件検索の中には、「更新記録の新しい順」というのがあります。
よく見る方は、まずこれで探すはずです。

その日、数件あった物件登録の一番最後に『ピカイチ貸家』を更新しました。そうして、コメント欄にこのように入れました。

駅近く、追焚風呂付き、お申し込みは急いで!!

彼らにとどけ〜〜〜〜エイッ「更新」

念じましたよ、彼らのためだけに付けたコメント。
彼らが見れば、ピンとくるはずです。





3時間後、電話電話
「はい、バブリー不動産です」

「あの〜、ホームページで見たのですが、ピカイチ貸家はまだ空いていますか?」




奥様からのお電話でした。

「ホームページ見たら、<申し込みは急いで>って書いてたので、急いで電話しました♪」

彼女のハートをがっちりGETしましたよ。

「待ってましたよ。お客様ー(長音記号1)気持ち届きました?うれしいでするんるん

ってことで、即予約を入れました。
そうして、翌日ご案内して、トントンとお申し込みまでいったのでしたわーい(嬉しい顔)


後から旦那様からも、「このコメントって、見れば見るほど俺たち向けのコメントですよね」
と言われました。

花子、
狙い撃ち 見事当たりました☆★コングラッチェ☆>w(^0^)w<☆コングラッチェ★☆


こんなこともあるのね。
posted by 日本花子 at 22:29| Comment(12) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

心に残ったコ・ト・バ

まだ、汗が滝のようにしたたり落ちる季節晴れ、貸家にお申し込みいただいたお客様がいらっしゃいました。


0歳、2歳、3歳のお子さんのいるファミリーでした。


3回ほどの下見、契約後も新築だったために2回ほど入居前の準備(光回線工事、設備説明)で立ち会いました。



5回も会えば、お子ちゃまたちとも打ち解けてきます。

このお子ちゃま、もともと人見知りせず、2回目には既に私の姿をみると駆けてきてくれます。わーい(嬉しい顔)



長女てん子ちゃんは、火垂の墓に出てくる節子のような女の子。


夏に放映したドラマ『火垂の墓』は最初から号泣しました。(ToT)ぶっかれとともに、翌日は目が腫れてしまった・・・


てん子ちゃんは(仮名ね)、本名も最近には珍しい、名前に「子」が付き、髪型も節子風、超プリティな顔立ち。そうしてちょっと、いたずらボンズ。



そうそう、子供って、慣れてくると必ずこんな言葉で呼びますよね。

「ねぇ、ちょっと来て〜〜」

意外と早く覚える言葉の一つでしょうか。



プリティてん子ちゃんも、同じく私を呼ぶときは、
「ちょっときて〜〜」でした。



3回目に会った時は、別れ際に泣いてくれたてん子ちゃん



4回目には、な・なんと!!


「ねぇーー新しいおねぃちゃ〜んちょっと来て〜〜〜!!!」


☆⌒v⌒v⌒ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪



あーた、30代末期に突入中の私をつかまえて、お・ね・え・ち・ゃ・んですと。

あーた、’「ザ・ドリフターズ」はやっぱり「荒井注」でしょ’の時代の私に、母親指導もなく、おねえちゃんですよ!!




今でも、思い出すとにんやり(*≧m≦*)してしまう心に残っているコ・ト・バでするんるん

ありがとう!てん子ちゃんぴかぴか(新しい)

posted by 日本花子 at 22:05| Comment(7) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

後だしはイカン!

まだ、マイブームが冷めない私(だからブームは間違い!)は本日午前中いっぱいかけて玄関掃除を致しました。

午後は、ゆっくりPCタイム・・By雑然としたまだ手付かずの部屋で(汚





10月15日(日)は、アノ日ですね。た、た、たくけんの試験日じゃー!
頑張ってね、○○さん、△△さん、■■さん、知っているだけで10人はいるぞ!

では、問題exclamation
○か×か

宅地建物取引業者が建物の賃借の媒介を行う場合の宅地建物取引業法第35条(でた!35条)に規定する重要事項説明について。

 当該建物について建築基準法に基づき容積率又は建ぺい率に関する制限があるときは、その概要について説明しなければならん!

 敷金の授受の定めがあるときは、当該建物の借賃の額のほか、敷金の額及び授受の目的についても説明しなければならないのだ!

答えは、最後!(平成10年問題より♪)





では、本題。

最近、特に多いこの手のお客様。『条件後出しお客』

一応、物件紹介の時に条件は聞くわけです。

‘4万円までで、車2台で、戸建てで、3部屋あればいいなぁ、水洗なら尚良し’

最近多いパターン。

しかし、そんな物件は常に満室です。
ではでは、少し予算を上げて・・・

かといって、最近の戸建て人気で常に品薄でございます。

やっとこさっとこ探してご紹介。
案内なんかも入ると、2時間弱かかったり・・・・・

客「ここがちとイマイチだけどここにしようかな・・・」

花「ありがとうございます!」m(__)m

客「で、ここなんだけれど、犬飼ってもいい?」

花「はっ?・・・・・・・ダメです」

客「実は犬がいるんだよね〜〜(^^ゞ」

花「・・・・・・・・ここはだめです。既に問合せ済みです」


こんなお客様の多いことよ(涙

ペットに関しては、最初に言いましょう!

最重要条件であります。後出しで言われても、良いですよ♪なんていえる条件ではありません。

探す方も、少ないのを知っているから後で言ってくるのかもしれませんが。
最近は、ペットを飼いたい人が増えているので一応大家さんには一通り聞いております。
飼えれば、その物件の、大きなセールストークになりますので、大アピールしております。

だから、ペット可と書いていないものはOUTです。

今までの2時間は何だったの〜〜ってなります、お互いね。
最近、午後3時頃にはなんとなく夕方モードでお部屋を案内する時間も短くなりました。


先日は、犬がいる。でも、ペット可能物件なければ実家に預けれるからという方がおりました。
で、ペット可能物件は無かったので不可の戸建てを紹介し申し込まれました。
10月1日からの契約にしたいとお客様が言ったのに、お客様が忙しくて中旬からとなりさ、日付を変えて契約書を渡しましょと思ったら、



実はネコ猫もいます



はぁ〜〜?何を今頃、のたまわれるのですかむかっ(怒り)ですよ。

この物件を正味1ヶ月も押さえ続けて今頃それはないよ〜〜

一応、大家さんに、ネコが壊した分は全部借主持ちとかなんとか特約付けてだめか問合せましたが、×でございます。

もう〜〜

この件は、直接私はタッチしておりませんので、いつものイライラ度は低いものの、大家さんにも申し訳ないし、予約が入っていなければ、紹介したいお客さんも来てたのにexclamationと軽いお怒りモード。

それこそ、全てゼロの、イチからやり直しでございます。




お客様〜〜言いづらい事から言いましょうね〜〜お願い!!

それなりの、対応致しますから。

後だしは良い方向に転ばないことの方が多いのよあせあせ(飛び散る汗)


以上。











答えはココ!
posted by 日本花子 at 15:10| Comment(11) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

どこに行くのでしょう

一晩中吹き荒れる風に、思わず外に出て確かめてみた私。
音の割には、そうでもない風。(ボロイ家&ガンジョー花子)
テレビのような風の中で傘をさしてみたいと思った花子でした。

先日の貸家探しのお客様。

条件 1.3部屋以上
   2.2階建ての貸家
   3.家賃予算というより、最初に掛かるお金が22万円までの所・・?
   4.車が3〜4台

茶髪(金髪に近い)の若い女性でとってもプリティな赤ちゃんを抱いた方でした。

初期費用22万円までというと、家賃は5万円以内・・・にしてもちと変な条件。

車3〜4台というのも、厳しい条件であります。3〜4台というあいまいな感も、ちと引っかかる。

数件出てくるうちに彼女が、

「すぐ入れますか?」

・・・・・・(¬、¬) アヤシイ 要注意だわ。

条件はあまり気にせず、数件の大きめの貸家をご紹介&ご案内。

案内中にもう少し探りをいれますか。

・住むのは、4〜5人。義母、夫、自分、子と、義兄も一緒に住むか別れるか今検討中。
・車3〜4台というのは、1台は動かない車があるがすぐ処分できない。いずれは処分するモノ
・12日には、今の住まいを出なければならない。急を要する。

・・・もっと(¬、¬) アヤシイ。

一通り案内後、申し込み用紙を貰って帰りたいというので、もう一度書き方を説明しながらもう少し探りを入れる。
で、わかった事は、

・引越し先が決まっていたが急遽キャンセルされた。
・今の住まいは12日に必ず退居するように言われた

実は・・
・義母が自己破産して5年目
・夫が自己破産確定間近
・今の住まいは、滞納による追い出され

ヤバイよね。


OUTですね。

自己破産すれば、借金はなくなります。生活していけます!(ウルウルもうやだ〜(悲しい顔)

っていうか、すでに払えてないから自己破産に至ってるわけで・・・
仮に、家賃は払えるとしても生活態度も心配だわぁ・・・・

連帯保証人の他、保証協会に通る事を一応条件として帰っていただきました。
もし、このファミリーを入居させてトラブル起きれば、当然のようにわが身に降りかかってくるわけで・・・


お客様、お断り〜〜

ということでこちらでは打ち合わせ終了。

翌日、夫と一緒にご来社。旦那も金髪&カチューシャ&光沢入りジャージ(文字入り)。顔はイケ面。
見た感じ、やっぱりOUTだな。


一応申し込み用紙を記入して持って来ました。
保証会社の申し込みを夫の名義で申し込み。奥さんも働いているが、勤め始めたばかりなので夫名で申し込み。

免許証の提示を求めると・・・・・持っていません。  へっ?!

では、保険証の提示を求めると・・・・無くしました。  へぇ〜〜

国保とのことでしたので、確か10月1日に新しい保険証が全員に配布されているはず。つい最近よ!・・・・何も郵便来ませんねぇ。

国保税払っている?・・・・払っています。無くしました。

役場に行けばすぐ再発行してもらえるからそれから来てくださいな。・・はい。


と、一旦引き上げた所すぐ戻ってきて、「やっぱり、私(妻)の名前で申し込みます。」


そこで、出た話。
前の不動産屋でも、ここの保証会社に申し込んで断られたとかあせあせ(飛び散る汗)

ダメジャン。・・・・

「だめもとでの申し込みさせて下さいあせあせ(飛び散る汗)

ハイハイ、やるだけね。ここで、審査が通らない方がはっきり断れるものね。


彼らが帰って間もなく「未承諾」という、審査が通らなかったというFAXが戻って参りました。

ゲームアウト。終了です。

その返信に、第三者の保証人を付けてくださいとのメッセージあり。
この保証会社へは、妻のお兄さんを保証人につけたのですが・・・
一応電話。

花:「もう、再申し込みしませんのでるんるんちなみに、このメッセージは・・・」

会社:「えぇ、保証人さんにも問題ありまして・・」

詳しい事は当然聞けませんでしたがなんと、妻の兄も金銭的問題アリ!とは・・

会社:「申込者が、旦那さんではだめなんですかね」

花:「ええ。免許証、保険証何もない人でしたのでだめです」

会社:「それはダメですね。」


ということで全員が全員OUTなファミリーでございました。

その後、審査が通らなかった旨伝えました。が、2、3回電話きましたね。

「他の保証会社さんはダメですか」・・ここが一番緩いのですよ。しかも、我が社は他との提携はありません。


タイムリミットはあと5日

どこ行くんでしょうね。

楽しければそれでいいとか、自己破産すればチャラになるなんて安易に考えてるとこうなっちゃうんですよね。

信用も失い、回復するには大変な努力が必要となりますです。

どこかで、頑張って暮らしていって下さい。


にしても、保険証ぐらい持ちなさいよ!払いなさいよ!払えなければ相談しなさいよ!

あなた方の、超プリティなニコニコ笑っているこのお子ちゃまが病気したらどうするのどんっ(衝撃)



たいした雨風ではないと思った天気、

物凄い嵐と化してます。台風台風台風

お客さん来ますかね。
posted by 日本花子 at 10:25| Comment(13) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

×家を建てるって?×

記事タイトルに’復活の兆し’のどれみ☆さんのブログタイトルをパクってしまいました^_^;
(お借りしますm(__)m)


最近、土地を買う人の傾向が変わって来ました。
一言でいうと、お金の無い人
が多いのです。

家を建てたい!と思った時には、貯金無し。
でも、今すぐ家を建てたい。

そうなると、銀行へどれ位借りれるのか問合せ。予算が決まると次は、ハウスメーカー探し。家の大体の予算が決まってから、最後に残りの予算で買える土地を探しに来ます。

土地が最初じゃないの〜〜!

そのくせ、希望はとーっても高くって・・・

こちらの相場としましては、高い所で、1坪 16〜20万円。少し離れれば 1坪 3万円はザラ。
ハマダムさ〜ん、すぐ建てれるよ♪)

・坪15万円地区で、どんなに小さくても良いので欲しい。予算は500万円。(ーー;)   

 単純に割ると、30坪。ってこちらにそんな小さな土地はない。

・予算は、800万円まで・・・お、なかなか高予算♪
 南側に道路があって、小学校まで徒歩10分以内。駅までも歩ける範囲ならいいなぁ。広さは100坪はほしいなぁ

 そんなに良い場所で売り地はもう残っておりませんが。
しかも100坪は、ムリでしょう。そんな良い所は、坪20万円するのでは。


・どんなに市街地から離れても良いので、300万円の土地。あと、下水道が引ける所!

 要望低いと思ってる?300万円の土地はあるけれど、下水道はムリ。計画外でござる。ザンネン


そんな、感じである。


いろいろな希望を、妥協しながらも、更に値引き交渉しながらも何とかココ!と申し込みが入り、契約までの打ち合わせをします。
すると、頭金1万円でいいですか?

えっ?パードゥン?

賃貸の手付金じゃないんだから。賃貸でももう少し高いんですかね(うちでは、取っていないので分かりませんが)

じゃあ、1万円で!

_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

土地代金の2割どころか1割すら用意できる人が、今とっても少ないのです。用意できる人は、親が出してくれたりとか・・・

売主さんも、心配よね。


全額ローン、土地代、家代、登記料金、不動産取得税・・・何から何までローンの人が多いんですって。
中には、車のローンも一緒にいれて組んじゃったり・・・
貯金を別にとっておいているのか分かりませんが・・・・
ちょいと心配。

家賃並みで家が建てれるのは本当なのかもしれないけれど、建ててからも、お金はかかりますよね。

4,5年で手放さなければならに人も増えてきているのも事実。

家を建てたい人は、家を建てる時には、勢いも必要なんだと思いますが、いつでも決断できるようにお金の準備もお忘れなく!!って思います。
ギリギリでの計画は怖いわよ〜〜〜

posted by 日本花子 at 17:14| Comment(11) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

なんかさぁ・・

やっと、お客様が来始めた今日この頃、
全て予算3万円代なり。(Oちゃんゴメン、力になれず・・)
新築物件も出始めているが、めっぽう新築物件に弱い我が社。
何しろ、会社の皆さん、新しい情報にはめっぽう弱い。
といいますか、情報に興味なし・・だめじゃん。
怒りゲージ MIN ■■■□□□□□□□ MAX (-"-;)ムム

全然ハングリーじゃないのよね。
きっと、自分の会社のHPで、ブログを始めた事もだれも気づいてないのよね。
お客さんの方が全然知ってます。
今日、「ブログ始めたんですね!」と言われました(*´ェ`*)。(もちろん、これではない)
そんな会社がある一方、
『アパートご案内いたしま〜す』と、いち早く新築情報を得て、B○Wやべ○ツやミ○クー○ーでご案内されれば、ころっといっちゃうわけで・・
町内bP不動産・・・ピンコ不動産になれるのです。
お後は宜しくないようですが、やっぱり客付けはbPです




こんな、我が・・・バブッてない不動産(名称募集!!夜・露・四・苦!!)
でも、時々賃貸メーカーさんが、情報をもらいに来る。
新築を建てる上で、この場所ではどうか、値段の相場、客層の照会・・・
いつも、快く教えてあげる。が、情報は一番には来ない・・(悲)



先日も、ある会社の営業マンが教えて欲しいと来社。
いつも、そこの会社から来る人とは違う、初めてのおっさんだった。
最初から、横柄な感じ・・
対象地区を自分で廻って気になったアパート名を紙に書いてきて、
「○○アパートは、築何年?構造は?家賃は?満室?」
と質問ぜめ。


・・いきなり来て、名刺も出さず、当然教えてくれよみたいな態度に、短腹な花子はちょっと~(-゛-;)~

それでも、分かる物件は教えて上げましたが、分からないものもあると、”なんで知らないの”みたいなことも言われる。
ムカ・・・(-_-メ)
”これは、分からないのね ふっ”

・・全部分かるわけないじゃん。
どこの不動産屋で扱っているかは分かるがそんな人には教えない。



むかむか最中、一人のお客様。
おー、これは助け舟。おっさんには帰ってもらおう。(事務所に、花子一人だったので)
しかし、お客さんを気にするでもなく引き続き質問してくる。

営業妨害なんですけどむかっ(怒り)


お客様が大事モードで、そのおっさんを後回しにして、お客さんに要件を聞くと、

何と間の悪いことに、
「あの、アパートか貸家を建てようかと思っているのですが、相談に乗ってもらっても良いですか・・」

おっさん、聞き逃すわけも無く、今度は私を無視して、そのお客に営業を始めた。
怒りゲージ MIN ■■■■■■■□□□ MAX (("o(-"-;)プルプル

場所、広さ、予算等々根掘り葉掘り聞く。
お客さんも、我が社の人だと思って素直に答えてしまう。
あっそんなに話しちゃだめ・・と思うがなかなか口が挟めない。

そのうち、おっさん、
「アパートじゃなくて、マンションがいいよ。マンションは?私ね、こうゆう会社のものです」と名刺。


名刺もってんじゃん・・うちにはもったいないのね。



お客さんも、そこからはドン引き。
「マンション建てれるようなお金ないですから」

おっさん、「現金じゃなくて、借りなさい。いくらでも融資先見つけるから。借りたほうが・・・・」

お客さん、ますますドン引き。




おっさん帰れビームを出しながら、お客様と話をする。

さすがに、気づいたようだが、「鴨ネギ」お客さんを前になかなか帰りたくないビームも受ける。

でも、負けじとお客様と二人で「おっさん帰れビーム」のダブル攻撃を数回繰り返しやっと、やっと席を立った。

帰り際、「現金はとっておいて、お金借りなさい。私ね、信用金庫にいたのね、そして支店長やってたの

だから何?!それがどうした。
怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX o(`Θ´)○☆パンチ


その一言を言いたかったのね。その一言で「ほう。偉かったんですね、ご立派ですね」とでも言って欲しかったのかしら。

私、そんな事には遜りませんことよ。
全く無視してお帰り願いました。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


天下りではないのですが、似たようなもんですね。
毎日仕事に行ってるだけでもましなのかもしれませんが、
私なら、あなたの会社で建てるとしても、あなたとは契約したくありませんことよ。


今日は、愚痴っちゃいました。あせあせ(飛び散る汗)
















posted by 日本花子 at 23:21| Comment(5) | TrackBack(0) | いろいろなお客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。