2012年03月31日

うかれポン子東京に行く3

IL DIVOさんに浮かれた夜も終わり、帰る日です。
お昼すぎの新幹線までの時間、今回の目的のもう一つの所に向かいます。


インカ帝国展

テレビで知りました。
ラッキーなことに10日から始まっていましたのでこれ幸いと二日目は朝から向かう予定でした。
朝イチでゆっくりと見る予定で、9時過ぎ間もなくには到着しました。

912.jpg


東京って凄いですね。
平日の朝イチなのに、どんどん人が入って行きます。
しかもレディースデイで女性が安い日だったので女性もどんどん入って行きます。



私、インカ帝国好きなんですよね。

小学校の頃から・・・・小学生の時に親に連れられて行った地元のインカ帝国展で一目ぼれしたんです。
その流れで、ジンギスカンのマチュピチュっていう音楽が好きになって、そこからジンギスカンも好きになって・・・・・結構歌える。(どうでもよい)
machu_picchu_j.jpg

Machu Picchu - Dschinghis Khan レコードバージョンじゃないけれど・・・


ジンギスカン流れで、Berrys工房ってジンギスカンのカバーをやっているのね・・・・・





916.jpg



ワクワクしながら進みます。
このような展示会は、興味がある人同士で見るもので、無い時は一人に限りますよね。

913.jpg 915.jpg
希少な写真撮影スポット。
石の壁のレプリカ。

なんだかんだでゆっくり2時間堪能しました。


いざ、お土産と思ったのですが、お土産はイマイチでした。
マチュピチュの写真とかポスターは無く、みんな画だったのがザンネン。
黄金のレプリカ置物でもあれば買いたかったのに。


918.jpg 917.jpg
いいもの見せてもらったぜ国立科学博物館。

2時間後の上野公園は人がモリモリしています。
動物園にもモリモリ人が向かいます。

凄いな東京。

公園はちゃくちゃくと、桜祭りの準備です。
919.jpg

この時は、開花も間もなくだなという気配でしたが、やっと今日開花し始めたようですね。
でも、いいな。
こちらは、今日現在もまだ雪マーク出ています。


その後はまっすぐ東京駅に向かいました。
時間の余裕はあるので近場でショッピング。

早めのランチ。
デパートっちゅう所は、高いですなぁ。
921.jpg
味はおいしゅうございましたが。高い上にビールも頼んじゃって・・・これで2000円位払った気がする。


その後は、ショッピング&お土産購入。


帰る日は、3月14日。くしくもホワトデー。
大丸東京店の1階のお菓子コーナーは、男性客で一杯です。
ものすごい男性の数です。
お菓子やさんにも、ハンカチコーナーにも・・・・男性があふれています。

そこを避けてお土産探しです。

東京って、本当に人が多い所なのね。とつくづく思った一場面でした。



今回の東京は比較的すべて無事に過ごすことが出来ました。
靴ずれを起こさないシューズも成功だったのでしょう・・・挫折せずに歩けました。


次に東京に行く時には、HOOTERSに行くんだ!(byぶっかれ)
Evernote 20120331 214720.jpg ← Evernote 20120331 214711.jpg




posted by 日本花子 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うかれぽん子東京に行く1

例のOnepeaceも65巻まで2度読み制覇し、
現在Youtubeで再度視聴している花子でございます。
2度読んで、2度同じ所で泣いた(声出た)花子であります(笑)


しかし、このくそ忙しい時期にはまってしまったもんで時間が足りません。
そんな中、先日東京へ行ってまいりました。

IL DIVOさんに会いに。ぶふふ。


忙しいこともあって今年はなんの予習もせずに向かいます。
前回は既に公演した方の情報でなんて言っているか準備をしていったのですが、全く思いつかず。
赤いペンライトも持たずの旅でした。

出発するに当たって悩んだのが上着。
なんだかんだ言いながらも毎朝雪が積もっているこちらに比べて東京はどんだけ暑いものなのか。
妹に聞くとダウンの人もいるしいろいろだよ。
ということで、薄手のダウンで出発。
一泊二日なのでたいした着るものはもたなくていいのですが、
万一向こうで震災にあったら・・・と考えると多めにしたり、カイロ入れたり・・・

地元より、東京で震災に会う方が怖いものです。



朝早く新幹線にのり、ゆるりゆるりと進みます。
お得な旅行パックにしたので、到着時間もあり、朝早くのゆっくり新幹線しかありませんので、
3時間以上ゆらゆらと乗って行ったのです。

飽きた。




東京に行って本日コンサートまでの予定としては、
行きたいお店は一つ。
飲食店が一つのみ。

妹も好奇心旺盛ではないので東京の面白事を意外と知らない。
結構な時間が経ってから妹が、大手門の中の皇居グッズ(?)のある売店が面白かったって言った時には既に時間はなく足が棒になりかけていたので却下です。

次は、忘れていなければ行こうと思います。


思ったほど東京は暑くなかったのですが、
日差しがきつい。
日に焼けている感じがすごくありました。


まず銀座。
いつもの銀座。
お目当てのお店も銀座。

聞いて、聞いて、有楽町駅に降りたって歩いてたら、

『日テレのものですが、少々インタビューしたいことがあるのでお時間良いですか


って声をかけられたの!!
うふふ。でも話すと訛っているし、全国放送されたらファンが出来たら困るので丁重にお断りしたの(*^^)v



お昼時間ちょと前にランチ。
目星をつけていないとお食事処を探すのは結構難しいもんです。
銀座の場合は、迷ったらココ。という有楽町イトシアビルへ。
そこでランチ。
898.jpg 900.jpg



お目当てのお店は期待外れで何も購入することなく、
あとはデパートで、長財布を購入いたしました。
物がいっぱい売っている東京は良いですね。
実物をみて購入出来るのはありがたい。
ネットで穴が開くほどみてもファスナーのスムーズさとか肌触りとかわかりませんものね。


その後神田のビジネスにチェックインし、
もう一つのお目当てのお店へ。

その名もHOOTERS TOKYO

903.jpg

以前ハワイに行った時に偶然入ったお店でしたが、
結構おいしかったのと、おねえちゃんのいでたちが忘れられず、
東京にも出来たらしいとぶっかれの情報。
ぶっかれ行きたがってましたが、私が先に。
事前に調べたところ、女性でもそれほど気兼ねなく入れるって書いてあったので。
さらに、グッズも売っているとのことでTシャツを買ってこいとの命を受けて向かいました。

その事前調査では、Tシャツを購入するとおねえちゃんのサインを入れてくれるって・・・

いる?

芸能人でもなく、普通のバイトのおねえちゃんのサインねぇ・・・いらない。

でもさ、サインのないTシャツの方がダサいっって言われたらどうする?・・・ん〜〜〜〜

とTシャツを購入時にサインしてもらうかどうか結構悩んだぶっかれ。
流れに任せて、サインいりますか?って聞かれたらいらないと答えて、何も言わずにサインしたらいたしかたない。ということに。



中に入ったフーターズは、男性が圧倒的に多く、女性の姿はほとんどなく。
若干引いたが入ってしまったのでしょうがない。
入り口の受付で、6時50分からの予約が入っている席でも良いですか?と聞かれました。

予約しなければ入れない位混んでいるのね。
今日は火曜日よ。
すごいぜ東京。

ハンバーガーと、サンドイッチをそれぞれ頼んだのですが、
どちらもおいしかったのですが、
ハンバーガーの方がおいしかったです。ハンバーグが牛肉の味がして。
ハワイ程のボリュームはなかったですが、それなりに大盛り。
日本サイズなのね。

904.jpg 905.jpg

途中、おねえちゃんたちの踊りも見れてまずまず面白かったです。

どんどん、男性が増えてきます。
5時前なのにスーツの男性が多いこと。

おねえちゃん達は、男性のテーブルにはしょっちゅう行くのですが我々の所にはあまり来ません。
おじさんのテーブルにはTシャツを持っていって品定めしてもらっていましたが、
我々の所にはそんな気配もなく。
ま、お食事に近いので来る用も無かったってことでしょうが。

帰りがけにグッズコーナーにてTシャツを購入しました。

例のサインの件は、何も言われずに包装してもらえました♪
私の前に購入した、男性はサインしてもらっていました!!

どっちが良いのでしょうね。
私は無い方が・・・・・

ぶっかれはこれを着て、新作花火にデビューするそうです。
が、上着を羽織っているので意味無いじゃんという話に。
夏の大曲では着ているかもしれません。
きっと着ているでしょう。
あ、男鹿で着てるかな。

時間も押し迫ってきたので帰路に。
フーターズのトイレ、綺麗でした♪


いよいよ武道館です。
電車も億劫になったのでタクシーにのりました。

「武道館まで」

と話すと、タクシーのおじさん、

「なんだか、イギリス辺りから来てるグループのコンサートだっか?」

と聞かれました。
あ、そんな感じですとのお返事。

なんでももう一組みを武道館へお連れしたみたい。
そこそこのお歳の方だったって言ってました。

で、タクシーのおじさん、「その歌手っちゅうもんは一日何回公演するの?」
と聞かれたので1回のみと答えると、先に乗せた武道館組は4時頃だったとのこと。

早すぎる気もするのですが、ワクワクして早くいったのか、
又は5時からIL DIVOと会って写真が取れるイベントに当たったのかも。

券を購入後にUDOからメールが来ました。
<5万円出せば、コンサートの前にIL DIVOと直接会えて写真を取れるチャンスがあるかもよ>みたいな内容。
会いたいけど・・・・・さらに5万円はどうなのよ。
握手とか、お話とか、写真とか取れるなら安いかもしれないけれど、舞い上がってしまうし、英語も話せないし聞けないし・・・お金もない・・・ということで却下したのですが、きっとそれに応募した方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

いいなぁ・・・・・・


629.jpg
うひゃひゃひゃひゃ。
ブドーカンです!

今回は・・・アリーナ席です。
下のフロアです。
でもアリーナ席の後ろの方だったら、2階席の一番前の方が良いななんて思ったりしながら会場に入りました。

うぉおお、ステキ。
人ももりもり。
今回は花道がなくステージのみ。
後ろの方なら全然見えなかも・・・会場スタッフにチケットを見せて案内してもらいました。


どんどん・・・・・・前に行くんですけど!


一番前のブロックなの?!


こちらですと言われた席は・・・・・・・・



前から3列目でした〜〜〜〜〜


はぁああああああ?!!!
もう、どでんびつくり。

しがない片田舎の花子さん、ファンクラブにも何も入っていないのに、
こんな前の席で良いの?????????

Evernote 20120310 094641.jpg


そこに、Sebが来るのね〜〜〜〜〜〜〜と浮かれたがよおくよく見ると、
若干ステージから外れている。目の前には来ないか・・・・
もう一つ真ん中のブロックなら最高だったのに。
一番端っこのブロックよりはいいか。

若干外れた前から3列目。
今年の運は使い果たしちゃったかも。

こんなに前なら準備してきたのに。(何を?)

907.jpg


周りは、熱狂的な人が多く、
事前にIL DIVOに会ったと思われる方々もちらほら。
お一人で来ている方も結構多いものです。


あ〜いよいよ始まります。
お隣に来たレディは、カルロスファンなんですね。
バッグからスペイン国旗を出しました。

あ〜私は何も準備していないぃぃぃ。


つづく。

908.jpg
posted by 日本花子 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

うかれぽん夫婦神奈川・東京に行く3

3日目は最終日です。

家に夕方の5時頃には帰りたい・・・・・歳とるとこうなります。若い時は最終便でも良いかと思ったりしましたが、無理はしません。
ということで滞在時間はお昼まで!

本日の予定は、


スカイツリーを見る!

それだけです。


おいしいバイキングを食べ、荷物を神田駅に預けようと思ったら、あ〜た、甘かった。
大きい荷物用のコインロッカーは既に満タン・・・・・・
しぶしぶ、浅草まで持っていく。
浅草駅では、コインロッカーの数も多いので入れることが出来ました。
いざ!!スカイツリー。

朝一番なのでそれらしい人も結構いましたが空いていました。


あ~~見えてきた〜〜〜〜〜ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ

お上りさん全開。
業平橋駅にて下車。いずれとうきょうスカイツリー駅になるらしいですが、そんなに大きくない駅です。っっっがっ、

トイレがステキ!

個室も多く、便器も新しい、タイル?ガラスブロック?・・・忘れたのですが、壁も素敵だった様な。
ここは新しいうちに利用しておくべきです(笑)


ここの業平駅は、スカイツリーの裏側なんですね。
駅を出ると人の波が左右に分かれます。線路沿いの右方向に歩いていくとずっと裏側です。あれ?
でも、記念撮影スポットもあったのでそこでコテコテ記念撮影しました。

しかし、でっけ〜〜〜カメラに収まらない。
テレビで地べたにはいつくばっている人を見ましたが確かにそうでもしないと収まらないと思います。
104.JPG 107.JPG

106.JPGこの記念写真はいらないな・・・

108.JPG

では、表に回ります。
人が多いです。
スカイツリーと川(北十間川)を挟んだ表からの眺めです。

バリバリ建築中です。
働く男はステキだわ。NHKの特集を思い出しました。もう少しで完成の時の地震、ちょっとの誤差をも規則してやり直す・・・苦難の連続だったようで。

118.JPG 112.JPG 122.JPG

フェンスに貼りつく。
117.JPG 120.JPG

しかし大きいな。マジマジ見るほど高さとでかさを感じる。123.JPG


この道路沿いにはセブンイレブンがありました。
125.JPG
店員さんが、何度も自転車で「スカイツリーグッズありま〜す」と往復していたのでせっかくだから寄って見る。
結構いろんな種類がありました。・・・・・・が高い!!!!!
スカイツリーのペットボトルのお水を2本買おうと思ったが1本400円もしたので1本のみにした。



他の物も結構な値段がしました。


スカイツリーインフォプラザにも寄って時間は10時ちょっと過ぎ。
ちょっと早いよね。
浅草までそれほどの距離ではないのでグダグダ歩いて浅草へ向かうことにしました。
127.JPG
あのオタマジャクシの方向ね。


途中、素敵な看板を。
128.JPG
どんな部屋か分からないけど、つられて部屋の内見したくなるわよね。



浅草までの要所要所で振り帰ってパチリ。
飽きるほどスカイツリーを撮りまくりました。

歩きながら、お昼どうする?
東京駅で食べる?(さっき朝ごはん食べたばかりだが)
旅行中はこの飲食店が決まっていないとかなり悩む。

129.JPGアサヒビールタワー・・・
これってジョッキの形をしているのね。
今まで手前のウン●風モニュメントしか見てなかったんだけど、後ろの建物はグラスの中のビールだわ。若干汗ばんでいる私には、ビール呑め!としか見えません。

130.JPG
東京に行ったら見あげないとね。


ビールの誘惑に負けず橋を渡ると皆が後ろ方向に向かって撮影して見る。
振りむくと・・・・なるほど。

136.JPG
アサヒビールタワーとスカイツリーが一緒に見える。


138.JPG浅草はスカイツリーの何倍もも人でごった返している。
雷門でみ見る?
モリモリの人込みと一緒に向かう。
141.JPG

この人込みに中へ入ることにうんざりした。


ぶっかれがここで言った。


お昼は、『神谷バー』にしよう!


来る途中に神谷バーの看板が目に入り、並んでいた人も目に入った。
以前から電気ブランを神谷バーで呑みたかったんだ!と思っていたことを思い出したようだ(笑)
思い出せて良かったね。

神谷バー

開店は11時30分。
現在11時。30分は待たなければならないが特に他に用もないし、
都会だから並ばなければ入れないかもしれないという危機感で並ぶ。

143.JPG

145.JPG 146.JPG
1丁目1番地だ。


電気ブラン発祥の店。
それを飲むために並ぶ。
行列の年齢層はかなり高い(笑)
147.JPG
並んでいる最中に知らない人に聞かれた。「何の列ですか?」

神谷バーって言って電気ブラン発祥の店ですと教えたら、興味なさそうに行ってしまった(笑)

神谷バーは、1階がバー、2階が洋食、3階が和食を出すお店らしい。
当初は1階のバーにすんべ、と言っていたがショーケースのメニューやずっとぶっかれが考えて2階の洋食だ!と言ってオープンと同時に2階へ。
前の列の常連さん風の人はほとんど1階のバーへ消えていった。
昼からバーか・・・

2階はまだまばらであるが・・・わりと短時間で満席になった。
最初に入った人たちはほとんどが常連さんのようで、お水をもってっくると同時に注文していた。
皆、当然のように電kブランを飲んでいた。


我々も負けじと電気ブランセットなのかな、電気ブランと生ビール(中)を頼んだ。
かわるがわるに呑むらしいのです。
生ビールは高くて中にしたのですが、来てびつくり。

148.JPG
中と言ってもこの辺りの大に匹敵する大きさです。

かんぱ〜い!

上手い!!
電気ブラン強い!甘い感じもあるがおいしい。
それぞれ3杯ずつ呑んだのかな。
結構酔ってきた。ぶっかれは更に饒舌になっていった。

お食事も頼んだ。
149.JPG 和風ハンバーグステーキ

150.JPG ビーフシチュー

151.JPG メンチカツ

みんな美味しかったよ。

新幹線の時間まであと40分というところでお店を後にした。
会計を終えてびっくり、お昼を過ぎたこの時間は階段から店の外まで行列が出来ていた。
並んでて良かった。

外の神谷バー売り場で電気ブランとグラスををお買い上げ。
 




その後は、余裕をかましながら東京駅へ。
お土産を購入し、母親とお別れです。母親は速い新幹線に乗ります。
うちらの方が10分位早く出発して、到着は30分位遅いと思った。

そこで、ぶっかれが電光掲示板を見て、あれうちらの新幹線って・・・・・
はっ?

私またまた出発時間を10分遅く勘違いしてました

ゆっくり別れをするつもりが、発車まで5分しかないことに気づき大慌て「じゃあね、バイバイ!」と走りながら別れ、なんとか新幹線に乗り込んだのでした。
ギリギリだったあせあせ(飛び散る汗)

ということで、売店でゆっくり飲み物やお菓子を購入出来ず、息を切らして家路へと向かったのでした。あ〜あせったあせあせ(飛び散る汗)

新幹線の時刻は、二人で確認しようね。

あ=びっくりした。


以上、うかれた旅もつつがなくではなく終了したのでした。



そうそう、東京に行って思ったのですが、

122.JPG
こうゆう看板や旗って少ないのね。
私の方なんか、「がんばろう東北」「がんばろう●●」とか「ありがとうみなさん」みたいな旗や工事看板や、ステッカーがいたる所に。運送系のトラックにはほぼもれなくついているのでやっぱり現地とは違うんだなぁって思いました。

そうそう、放射能の問題ですが、福島から避難してきた人がカウンターを持っていて、あちこちはかっているようなんですが、
「ここは、全くどこにも無いですね〜震災前と変わりないんじゃないですか?」って言ってました。
ということで意外と私の所は汚染されていないようです。
隣町の不動産屋でもお客さんにそう言われて引っ越して聞いた人がいるって言ってました。
posted by 日本花子 at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

うかれぽん夫婦、神奈川・東京に行く2

途中なんやかんやありましたがその2です。


海老名市の翌日は、戸塚区へ。(横浜市戸塚区なんですね。今知った)

ここも、坂が多いですね。
バスに揺られながら昇って降りて昇って降りて・・・でした。

都会のような途中に田舎もありながら、やっぱりでも都会だと感じた神奈川県。
予定より時間オーバーの親戚宅訪問。

今回の旅行で決まっていたイベントは、
昨日の結婚式と今日の午前中の親戚宅訪問。


時間が上手く絞れなかったので全くのノープランでした。
あ、明日の午前中だけは決めてたけど、二日目は全くのノープラン。
せっかくだから神奈川県の観光巡りをしたいのだが、距離感も時間もちんぷんかんぷん。


前日の夜にやっぱりコテコテの、『鎌倉の大仏』と『江の電に乗って江の島』じゃない?という話というか私の一存。

鎌倉の大仏を一度も見たことが無い私。
中学校の修学旅行は函館。
高校の修学旅行は京都奈良でしたので。
(行ったとしても京都奈良はほとんど覚えていないが・・・)


混むよ〜〜〜と妹の弁。
都会だもんしょうがないじゃん。ということで決行。


フリープランの困った所は、目的地に行くのは良いが、お食事処を決めれないこと。
iPhoneで調べるにもちょとイマイチ。
やっぱり『るるぶ』位購入しておくべきだったかしら。
でも半日の為にはね〜〜〜



DSCF5718.JPG
鎌倉の大仏さんへ向かう駅から既に激混み。ホームにいた人全員が一度に乗れなかった。
山手線でも体験したことのない満員電車を江の電で味わうとは・・・・

江の電って単線なのね。
駅ですれ違うようにしているのだ。
DSCF5719.JPG
大仏さんのある駅は長谷駅。
鎌倉じゃないんだ。ふふ。

鎌倉の大仏さんまでは、人に道を効かなくても良いくらい大勢の人&全く動かない車の渋滞。

暑いね神奈川。
汗が出てきたよあせあせ(飛び散る汗)


やっと大仏さんに



DSCF5722.JPG

会えた〜〜〜〜
こってこての記念撮影を撮り、


DSCF5731.JPG
悲哀の大仏さんを撮り・・・・ここの中に入れるんですね。
長蛇の列と有料だったので素通り。


さて、この後どうする?
なんかお腹すいたよね。
(既にお昼は過ぎている・・・・・)

まず駅に戻りながら考えるってことで、途中にお店でもあったら寄る?
なんて呑気な事を言いながら帰ってきましたが、どこも大混雑の飲食店。

他の御寺にも寄らずに駅に戻ってきてしまいました。
せっかくだから海でも見て行く?
と駅を素通りして海まで。


ほ〜ここが由比ガ浜なのね。
DSCF5732.JPG 地震雲?その後何もないからただの雲ね。

DSCF5733.JPG
砂浜&視界が開けている海って憧れるよね〜
視界の狭い海を見ることの方が多いし、リアス式海岸って砂浜少ないのよね(砂利)。
サーフィンしてる、ヨットに乗ってる。
へ〜〜〜〜
こんな海のそばにマンションとかいっぱいあるんだ。
津波が来たら逃げるとすればあのビルねなんて想像。






急激に腹が減ってきた!!!
もう我慢できない!!!!
死ぬかも!!!!


という衝動に追われた私たち。


手っ取り早く道中のお店で遅いランチを。
まったく大仏さんには関係のないお店で食べました。(ザンネン)


腹も落ち着き、このまま東京に行くのもちょっと早いかな・・・・
江の島まで行ってみる?
江の電で鎌倉まで帰るのも凄く混むよね。
ということで再び江の電で江の島へ。

乗って良かった。



だって、「江の電に迫る住宅街と海を見る」ということが出来たのですから。


すごいよね。
家の塀がすぐそこだよ。
不思議と線路向きに門があるんだけど、裏にも門があるのかしら。
え〜駐車場の出入り口もこっちにあるってことは、線路を渡って出入りするのかしら・・・
道路もこうやって走るの?
こえ〜〜〜
優先道路の色が変わっているからめったに車がはみ出ることはないのでしょうが、
車だって常に後ろを見てないと危険よね。
自転車をよけるとかで中央に寄ったら電車にぶつかったとかあるよね。
地元の人は無いかもしれませんが、我々のようなよそ者が運転したら何するかわかったもんじゃない。

しばらく後ろを等間隔で走っていた車はこの電車を撮影していました。

面白かった。


DSCF5749.JPG
江の島です。
すぐの売店でまずひっかかりお土産購入。
あとどこで売っているか分からないからね。


江の島までの道。

え〜〜〜〜おいしそうな飲食店がいっぱいある〜〜(涙)
「生シラス丼食べたかった〜〜〜」ぶっかれ談。

もうちょっと我慢してくれば。
でも分かん無かったし、その時江の島に来るって決めてなかったし。

やっぱりノープランは駄目ね。
行くか行かないか分からないけれど目星をつけないと。でもな・・・・・

江の島までは時間がないので止めました。
手前の道路でUターンです。
次は来たいね。

DSCF5751.JPG
スカイツリーの先端に似てない?

DSCF5753.JPG
津波が来たら逃げる場所は左に見えるビルだな。
海の近くに行くたびに周りを見るくせがつきました。はい東北の私。



帰りは、江の電ではなく『湘南ロープウェーイ』で帰ります。
宿泊用の荷物は、戸塚駅のコインロッカーに置いてきたからね。

ロープウェイも面白かった。
山を昇りながら、眼下には道路と住宅街。
おもしろ〜〜い。



田舎もんは窓にぴったり張りついて外を眺める。
隣のガキんちょと一緒(笑)




その後、横浜でお食事でもって話だったんだけど、
普通の遅いランチでお腹がいっぱいの我々はそれは無くして、妹に分かれを告げ東京へ向かったのでした。


今日の宿泊は、神田駅近くのビジネスホテルです。
ビジネスも最近のは結構素敵なのね。
朝のバイキングも素敵だったし。

ただ・・・・・失敗が一つ。
お部屋に入ったら・・・・・・・・・あ〜〜〜〜〜


ダブルベッドだ〜〜〜Σ( ̄ロ ̄lll)


ツインをとったつもりが、ダブル。
予約した控えを一応確認。・・・・・・・・ダブルで予約しちょるよ、私。



ダブルって、眠れないよね。
隣の寝返りで目が覚めるし、布団をどっちかがもっていっちゃうし。
疲れた東京で、睡眠は大切なのに〜〜〜〜。
部屋を変更できるか聞いてみようか・・・・・と思ったけど、速効でトイレを使っちゃったよ〜〜〜〜(涙)


自分のおっちょこちょいを恨みながらこの日はダブルベッドにお互い背中を向けて寝たのでした。



その夜の食事は、ぶっかれが行きたがっていた「王将」へ。
行った時は2階席は空いていたのですが、間もなく満席。
王将っていっつも混んでるよね。

そこではたらふく呑んで食しました。
おいしかった。
次に東京に来る時も王将でいいよね。

スタンプカードを帰りにもらったんだけど、あと一個スタンプつけば満タン状態でした。
さっき外で待っていた人にあげてくれば良かったね。
我々は次にいつ来るか分かんないし。
(きっとそろそろIL DIVOが来ると思っているが)

欲しい方にプレゼントします!!・・・・・と思ったんだけどどっかにやっちゃった。てへっ。




そうして、ほどなく眠りについたのですが、
やっぱり熟睡出来ない!!!!
そして私は、端に寄りすぎてベットから落ちた!!!


次は必ずツインだ!!



つづく
posted by 日本花子 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

うかれぽん夫婦、神奈川・東京に行く1

不動産の話を書くと言っときながら、早速話がそれていいですかね。


先日の連休、歳の離れた従姉の結婚式に参加してきました。
場所は神奈川県海老名市。

海老名市ってどこ?みたいな感じでした。
わりとギリギリJR東日本の場所でした。

田舎だよ〜〜〜って言われてたけれど、田舎と言っても神奈川県。
こちらほど田舎じゃないよね〜〜。


初めてはやてにのりました♪
すげっ!
今は早くTOKYOに着くのね。
母親は別な少し都会の市からなのでより早いはやてでビューンと我々を追い越しTOKYO駅で待ち合わせしました。


さらに横浜駅で歳とった妹に迎えにきてもらってその後はおんぶにだっこ状態で海老名市へ連れていってもらいました。

相鉄線にのって海老名へ。
途中大きな会社の工場がいっぱいありました。

・・・・神奈川県って山の多い県なんですね。平らなところは海の辺りしかなくてあとは結構な起伏のある土地柄のようなイメージが。
だって途中の景色は、あんな斜面にぎっちり家が建っているではありませんか。
雪が降らないからこんな坂道を昇っていけるのよね。
土砂警戒区域だっけ?そんな感じの区域も結構ありそうな・・・
と初めて見る神奈川県の景色を堪能しながらどんどん景色がのどかになっていきます。
終着の海老名市へ到着。

あ〜面白かった。
風景というか建物大好き。

のどかっていってももちろんわが町よりは全然都会です。


では結婚式。
従姉と会うのは数十年ぶり。
20年以上は経っているのでは・・・すっごく小さかったので今の彼女を見ても・・・こんな顔だったっけ?みたいな感じです。
他の兄弟は面影あるから分かるんだけど、お嫁ちゃんは最後までピンと来なかったわ。
でも、綺麗だった・・・・うん。

で、遠い(距離も)親戚状態での出席なので披露宴は気楽なもんです。
余興の心配もないので、充分料理を堪能させていただきました。

お品書というものは無かったので詳細は省略。
みんな美味しかったです。

010.JPG

011.JPG金箔入りで乾杯。

012.JPG海老だ!海老だ!と二人で大騒ぎ

035.JPG肉だ!肉だ!うまい!とまたもや二人と妹と大騒ぎ。

036.JPGこれはがっちり凍りすぎて固くてしばらく食べれませんでした(笑)

037.JPG

さらに後半ではデザートバイキング(?)もあって、
その場で作ったワッフルを。
039.JPG 040.JPG
他にソフトクリームもあったし、フルーツもありました。

何品か写真を撮り忘れたものもありますが・・・・

途中はもちろん
017.JPG
ケーキ入刀。キャンドルサービス(だっけ?)、お涙頂戴のお手紙とかあり3時間位の結婚式は無事に終了しました。
3時間って今は結構長い方ですよね。

飲み物もいろんな種類があって自由に頼めました。
私が、「芋のロックで!」と頼んだところ、ぶっかれに「居酒屋じゃないんだから・・・」とご指摘を受けました。確かに・・・反省。
「芋焼酎をロックでお願いします」と言うべきでした。
ふふ、結婚式だろうが居酒屋だろうが芋があるなら芋ロックでございます。
並々と注いでいただけました。

ところで、ケーキ入刀のケーキって・・・ボソボソなのが多いですよね。



都会のせいか、建物内は全面禁煙で、一服する方は会場を出て建物外にある喫煙コーナーで吸わなければならないシステムでした。
建物の入り口脇にあるので、禁煙はいいんだけど・・こんな目立つ所に一服コーナーは逆にイメージ悪いような気がしました。
建物脇とかのもう少し目につかない方が良いのでは。
我々の参加する披露宴の前にももう一組み披露宴があったようなのですが、そのお客様がみんな若く披露宴中も常に一服コーナーは十数人がたむろしておりました。
会場に空席が目立ったんだろうな。



とっぷり日が暮れて、我々のみ海老名のオークラに泊まりました。
ガイジンさんが多く、すげっ、やっぱり都会じゃんと思ったのでした。
オークラまでの道のりでは、なんてラーメン屋が多いの?ここはと思う位ラーメン屋がいっぱいありましたが、満腹な我々は残念ながら食することが出来ませんでした。


そうそう、それで近くのコンビニにちょっとしたおやつというか夜食を買いに行ったのですが(腹いっぱいのくせに)、そこのコンビニでカップラーメン、ヨーグルト等を購入して帰ってきたのですが部屋で・・・・あれ?箸がない!スプーンがない!
そういえば「お箸は入りますか?」って聞かれなかったよん。

え〜〜〜〜〜〜、都会のコンビニはそうなの?エコ戦略?
こちらでは必ず聞かれるんだけど。
ということで途方にくれましたが、ホテルのフロントに恥をしのんでもらいに行きましたよん。
フロントも若干あわてたようでというかフロントにお箸はなかったようで、間もなく部屋に届けてくれました。一応お金を払おうとしましたがいりませんとのことで・・・・・
さすが、オークラだわ♪といいながらカップラーメンw堪能いたしました。


翌朝はお上品な和定食を食しまして海老名市を後にしたのでした。
二日目は観光の前にもう1件、親戚宅を訪問しに戸塚に向かいます。

戸塚って・・・・内陸なのね。
昔の「戸塚●ットスクール」のイメージで勝手に海沿いかと(笑)あれはオーナーの名前だったのよね。


つづく。

親戚の家は茅ヶ崎なんだそうで・・・結婚のお相手がらみで海老名市だったのですが、せっかくならけんちゃまのいる茅ヶ崎に行きたかったわん。
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

GAO・・・

目覚めれば雨の8月14日。


男鹿も雨かなぁ・・・・・


10時頃にでもトコさんに様子を聞いてみよう(かなり離れているけれど・・・)


と、思った矢先。


「男鹿のHP見ました?! 荒天のため21日に延期になりました。 来週フォーラムあるし身体がひとつじゃ足りませんあせあせ(飛び散る汗)

というメールが!!!


ぐわぁぁぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁぁん。



急いで見る、男鹿の花火のHP。

クリップボード02.jpg


がびいぃぃぃぃぃぃん。ガクゥ━il||li(っω`-。)il||li━リ…


のちにひさみつ氏からも同様のメール。


一応、雨の天気予報だったので、濡れてもOKの準備万端でしたが・・・・・





トコさんとのやり取りの最後に

「豪太くんに宜しく♪」


と言われたので・・・・・・・・・・・・・・








DSCF5128.JPG
<トコさんが宜しくだって。豪太くん>











ではなく、


DSCF5115.JPG
こっちが豪太です。




そう、男鹿水族館へ行ってきました。










この日の秋田県は、

IMG_4343.jpg
大雨。というか豪雨。警報てんこもり。



これじゃぁ・・・・無理よね。
あきらめもつきました。




男鹿の海もIMG_8006.jpg
川からの泥水でこんな。



そこまでして何故に行く?




それはね、



悲しい話。





男鹿の花火のあと家に帰らず泊まろうということで、
お宿を予約していたからなんです(涙)

しかも、3日前に。

雨で延期とかってこれっぽちも頭に無くってですね。

我々二人なら当然車中泊で済むのですが、
お盆の時期なので母親も男鹿の花火には参戦しています。
昨年の帰宅は深夜1時過ぎ。

ですので60代後半の母親には厳しいだろうってことで急きょお宿を取ったんです。


それが、裏目に。
当日キャンセルは、キャンセル料100%。

なら行こう!ってことでこの雨の中向かったんです。

男鹿水族館


・・・・・・遠いですね。男鹿って。
男鹿水族館は特に。
急ぐ旅でもないので一般道を行ったのですが、
午前中に発ったのに、到着は4時。


お盆中は6時まででしたので見れました。
人もまだてんこもり。

おこちゃまわんさかでした。


で、豪太くんは、ここのマスコットなんですね。
知らなかった。
男鹿水族館っていつの間にこんなに立派になったんだろう。


DSCF5084.JPG DSCF5092.JPG

うつぼとぶっかれ(の指)
DSCF5105.JPG

DSCF5117.JPG
豪太くんが、大蛇と戦っている!・・・・・・なんてことはなく、

DSCF5116.JPGタイヤとじゃれる。

彼はホッキョクグマですけど、大きいですね。
こんなのに道端で会ったら、助かりませんね。
DSCF5121.JPG


DSCF5140.JPG
近くまで来ましたが、ちゃんと撮影する前に、
DSCF5141.JPG
おこちゃまでてんこもり。


充分楽しませていただきました。

他には、
DSCF5133.JPG
あざらしとぶっかれ(の指)


DSCF5149.JPG

DSCF5155.JPG

荒れる海を横目に
DSCF5110.JPG

先端まで行きました。


DSCF5159.JPG
入道崎。


到着が6時でしたので、
到着と同時にお店はみんなシャッターを閉めてしまいました。
残念。

ここに来るのは15年ぶりだねぇ。
やはり遠いな。


なんだかんだ楽しかったけれど。

天候が優れないって・・・・・ほんと、楽しみも半減だわ。

どれだけの雨男、雨女が東北に来たんじゃ。もう。

大曲には、
自称、及び他称の雨男さん、雨女さんは来て欲しくないもんだわ。
来ても早めに来ないでね。
川が氾濫して私の席が流されてしまったら、当日晴れても中止になっちゃうから。
当日に来てください。


今回の雄物川はなんとセーフだったようねゞ(´Д`q汗)+・.

花火が近くなると良く見るHP(皆で監視しよう!そうして、雨乞いしましょ)
posted by 日本花子 at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

ようこそエジプトへ(聞いた話7)

その6


行った訳じゃないから・・・・・
書き始めなきゃ良かった。ぶつぶつぶつぶつ・・・・・



昨日は、超メジャーなピラミッドを見学。

今日も、超メジャーなツタンカーメンです。


昨日の宿泊先は、

グランドピラミッド(カイロ)

9.22-3-2.JPG 9.22-7-2.JPG
なかなか良さそうじゃない。



では、カイロ市内観光です。

9.22-9.JPG
バスや電車はやっぱり一番前よね。
若い頃は一番後ろが良かったけど、
観光するなら一番前よね。



ツタンカーメンさんがいるという、考古学博物館へ。

9.22-24-2.JPG

この建物の前にある池の蓮の花がきれいだったんだって。
9.22-29.JPG 9.22-26.JPG

同じような写真が10枚もありました。

ツタンカーメンの写真は流石に撮れないようでした。
いや撮り忘れたのか?
館内の写真は一切ありませんでした。
他の方の旅行記にはバンバン載っているが。



ので、






代わりに










DSCF1312.JPG


こてこてのお土産シリ〜ズ。(ツタンカーメンの置物)



続いて、モハメド・アリ・モスク

9.22-10.JPG

9.22-15.JPG 9.22-16.JPG 9.22-17.JPG 


9.22-18.JPG 9.22-19.JPG

1tのシャンデリアですって。きれいだ・・・


9.22-20.JPG

モスクから見た市内。
レンガ造り。


お昼ごはんは中華料理。
9.22-45.JPG
中華っぽいような、違うような。




では、市内観光。

お土産街?

ハンハリー市場

9.22-34.JPG 9.22-35.JPG
着る事は絶対無いけど・・・きれいね。


9.22-37.JPG


9.22-36-2.JPG

あ、そこの左のお店。
いかにもなお土産満載だわ。
ピラミッドの置物がある。
ん〜見たいなぁ。それ買ってきた欲しかったぞ。



9.22-44.JPG 9.22-42.JPG 9.22-23.JPG

ツアーも守っていただいたおまわりさん。
彼ら時間にかなり合わせたようですが、何事も無く無事終わったので、
感謝いたしましょう。
ひまそうだねぇ。
いっぱい居たらしいけど、みんな本物なんでしょうか。


もう順番不明。
9.22-41.JPG

ガーマ・アフマド・イヴン・トゥールーン だと思うけど。





その後空港へ向かい、帰路へ。

写真はこれで終了です。

お疲れ様でした。


今回のツアーさんは誰も体調を崩す事も無く、事故もなく終了出来たようです。
新婚さんあり、1人参加あり、不倫風あり・・・いろいろだったようです。


ツアー中は、特に注意をして生水には触れないようにしたそうです。
毎日2Lのミネラルウォーターをもらい、それで水はまかなったようです。
生野菜も生水で洗っているので食べない方が良いと言われたそうですので口にしなかったのですが、最後に「もういいか」ということでサラダを食べたら、帰宅後下痢したそうです。
母親は1日、ご友人は2日続いたそうです。
帰ってきてからで良かったね。


行ってみたいなぁ。
この青空自分の目で見てみたいなぁ。
ピラミッド見たいなぁ。

そう思いました。
でも、私の場合フリーは絶対ムリ!なことは分りましたので、ツアーで行きたいと思います。

長々とありがとうございました。


次回は、先日自ら行った旅行をご紹介します!




DSCF1315.JPG
posted by 日本花子 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ようこそエジプトへ(聞いた話6)

その5

今日は、いよいよメジャー中のメジャーなギザのピラミッドの日です。

6日目ともなると疲れてきます。
朝も早いし、移動も長いし、結構歩くし・・・・

同じホテルに連泊したのは一度だけで、後は毎日翌日の準備とスーツケースのパッキンし直し。
私のように店開きしっぱなしの性格の人では、スーツケースの中身もぐっちゃぐちゃになることでしょう。
母は几帳面なのでそんな事はなかったでしょうが。


仲良し3人組とはいえ・・・・・気疲れも出てきますよね。
しかし、年の功。
パイプベッド入れての3人1部屋ではなく、
この3人は2部屋取ったそうです。

日替わりで、1人の夜の日を作ったことで適度にストレス発散をしていたそうです。

女3人では、朝の準備に時間がかかりますからUB一つではどう考えても足りないですからね。


そんなこんなで、ツアーの中に気分を悪くしたり、倒れたりする方も無く順調そのもの御一行様のようでした。


9.21-3.JPG
ギザ駅


来たぜギザ!!




9.21-6-2.JPG

ピラミッド!

テンションあがります(行ってないけど・・・)




9.21-11.JPG 9.21-13.JPG

一つ一つがでかい。

9.21-41.JPG 9.21-12-2.JPG

ばんざ〜い!!!
\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

ピラミッドに立ったど〜〜〜


ピラミッドのてっぺんが地震かなんかで欠けているそうで、実際はここの高さまであったんだようという目印に棒っこが立っていたそうです。
他の2人は、ピラミッドへの登頂は断念。
母親は私が死ぬかと思ったハワイのダイヤモンドヘッドをおちゃのこさいさいで昇った人ですから、なんともなかったのでしょう。


9.21-14.JPG

スフィンクス? なわけないよね。小さすぎる。

9.21-19-2.jpg
誰? ラムセス2世かな。

・・・・・・・・・撮影時間の順番に載せているのですが、他の旅行記の方のブログを見るとこれは、午後の部のメンフィス野外博物館の写真のようです。

ま、いいか。



9.21-9.JPG 

注意事項! このらくだには決して乗らないで下さい!
って言われたそうで・・・・ぼったくられるらしい。

しかし、他の方の旅行記には何事も無く乗って楽しんでいるようだが。
このツアーというか添乗員さんの時には大きな問題が起こったのでしょうね・・・・らくだに乗るときは自己責任で。



9.21-43-2.JPG

三大ピラミッドが見えるビューポイント。
必ず人が紛れ込むんですな。
しょうがないか観光地。

砂漠の中に1本走る、観光バス用舗装道路。
これはこれで味がありますなぁ。


9.21-50.JPG

これよこれ。スフィンクスちゃん。
顔も何もかも風化しつつあるスフィンクスちゃん。
何処を見ているんだい?・・・・・
KFCさ・・・っていうのは有名よね。コテコテですみません。
でも母親は知らないと思う。だってKFCの写真なかったもん。(私なら撮っている)


ブログを書いている人は、おっ!記事になるって思ってバシャバシャとるけどそうでないく、写真も趣味ではない人は普通の写真よね。



9.21-53.JPG
姉さん、じゃま。
外国の人はみんなこんなに肌をだしていたんだって。
真っ赤ジャン。水ぶくれにならないのかね。
帽子をかぶっていなかったツアーの人は1日で頭がみずぶくれになったらしいのに。
それに、女性は肌を出しちゃいかん地域ではなかったかい?

昔、何かのドラマで確か・・・のりPが肌を出して現地の人に詰め寄られたような場面があった気がするが・・・・定かでないことを書いて何になる!

外国の方はそうゆうの気にしないんですね。
その点日本人は言われたら守る傾向の人が多いと思う。
ましてや異国の地。怖くて言うとおりにします。(誓)



9.21-57.JPG 9.21-55.JPG

ちゃんとあるじゃん。人が写っていない写真。


その後は、ピラミッドを見ながらの昼食。
お昼は、コフタ&ターメイヤ。

なんじゃそりゃ。
9.21-37.JPG

右のコロッケのようなものがターメイヤだって。そら豆みたいなのをすりつぶして香辛料をいれてあげたような現地のお料理とか。

コフタは、羊の肉のハンバーグらしいが、写真なし!


午後は、メンフィス、屈折ピラミッド見物。

屈折ピラミッド。計算間違い?飽きた?
9.21-7.JPG 


これは、階段ピラミッド。最古のピラミッドだとか・・・・

9.21-24.JPG


9.21-25.JPG

どこ?




9.21-32.JPG
強制的 じゅうたん屋。
買った人いるのかな。
でもきれいよね(この写真では分らないが・・・)


このツアーでは、パピルス屋、絨毯屋、カルトーシュ屋(?)、香水屋の4点は強制的に廻るそうです。

でも、これ以外の露天でのお土産購入には勇気がいるから買っちゃうよねきっと。




9.21-34.JPG

道中のナツメヤシ


9.22-2.JPG
夜は、オプショナルでナイル川ディナークルーズ。
に行ったのかな・・・・・・


今晩は、ギザに泊まります。

ホテルは不明。





コッテコテのお土産

Image645.jpg Image646.jpg

ピラミッド型の入れ物に入ったチョコレート。
金塊風味です。
posted by 日本花子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

ようこそエジプトへ(聞いた話し5)

その4


深夜出発の5日目である。

深夜って何時だろう。


真っ暗中を走り、

9.20-5.JPG
バスで向かえた朝日。


今日は、アスワンから280km離れたアブシンベルへ。
3時間半か・・・・飽きるよね。


アブシンベルって、
建設されてから3000年以上の時が流れた神殿は、自然による破壊に耐えて、ほとんど
そのままの状態で残っていて、ラムセス2世遺跡として最大級です。

現在のアブ・シンベル神殿は、アスワンハイダムの建設で、一時水没の危機に見舞われ
ましたが、ユネスコの遺跡救済事業で、神殿の移築工事が行われ、神殿を約1036個の
ブロックに切断し、元の位置より約60m上にそっくりそのまま移されました。

アル・シンベル大神殿は、太陽の神ラーを、小神殿はハトホル女神をまつったものです。

だそうです。




9.20-8.JPG 9.20-11.JPG 9.20-17.JPG


9.20-9.JPG
現地の野良犬。
野良犬も見なくなりました。やせています。
意味はありません。


9.20-20.JPGナセル湖(だと思う)






ここに2時間居た後また、今来た道を3時間半かけて戻ります。
(飛行機で移動というツアーもあるみたいです)

9.20-25.JPG 
道中は砂漠じゃ。
すげぇなぁ。
蜃気楼が見えるんじゃない?


長い道中の後は、

アスワンハイダムです。





・・・・・・この日程、効率悪い気がするのですが・・・・何か意味があるのでしょうね。翌日の事を考えてなんでしょうか。







アスワンハイダムか・・・・見てみたいなぁ(ダム好き)

9.20-28.JPG
おぉ!!


「大して水は無かったよ」と母。

9.20-30.JPG 9.20-31.JPG

確かに。


でも、おっきいぞ!!というのを肌で感じてみたいんだぁ!!!

堤高 - 111m
堤頂長 - 3,830m
幅(基礎部分) - 980m
発電能力 - 2.1GW (175MWが12基)

巨大ロックフィルダムである。

良い事(氾濫が起きなくなった、遺跡が守られている)、
悪い事(生態系の変化で住民の病気、土壌痩せ)
いろいろあるようですが、見てみたいんだぁぁぁぁ



次はボートにのって、イシス神殿へ。

9.20-38.JPG 9.20-42.JPG

相変わらず青い空だ・・・・・


9.20-44.JPG 9.20-45.JPG

何?不明・・・・でもキレイにレリーフが残っている遺跡です。







その後は市内を垣間見ながら・・・・

9.20-49.JPG 9.20-51.JPG
9.20-52.JPG 9.20-50.JPG 9.20-54.JPG

写真は異国情緒な感じがぷんぷんだけど、
実際はゴミだらけで、臭かったって。
パンが・・・・道路に直に触れているものあるんだけど・・・・





今晩の宿泊はホテルではなく、

ナイルエクスプレス寝台特急列車で1泊です。




アスワン駅
9.20-56.JPG 9.20-55.JPG

9.20-58.JPG 9.21-2.JPG

ホームページの列車の写真よりみすぼらしく見えるが・・・・・・







明日の12時間後はいよいよ、ギザのピラミッドだ!!



posted by 日本花子 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

ようこそエジプトへ(聞いた話し4)

その3

書くの飽きてきちゃった・・・・・あせあせ(飛び散る汗)





4日目はルクソールを離れてエドフ観光。


バスでの移動なのですが、観光バスには必ずエジプトの警察官がを持って同行するそうです。
じゃないと、金持ち観光人が乗ったバスは襲われるから。

こわっ!ガクガクブルブル((;゚Д゚))

しかし、のんびりエジプト警察官はバスの出発時間にエジプト時間に来るそうで、
予定では、早朝3時出発なのに、警察官待ちで結局出発は4時だったりとか・・・・
守ってくれるのだからしょうがないとしても・・・・・

バスから降りて観光している間もそばで銃を持って一緒に廻るそうです。各観光地にもあちらこちらに警察官が警備しているそうです。
時には、ライフル銃に持ち替えての時もあったとか・・・・・

むむむむむ。
フリー旅行はまず私には出来ませんなぁ。

一般ピーポーはすぐに、ワンダラーワンダラーって寄って来るそうですし。
のんびりお気楽ジャパニーズは気を引き締めてみすぼらしい恰好で行かないといけませんな。ま、団体旅行なのでバレバレでしょうが。



9.19-22.JPG 9.19-23.JPG
朝食だと思います。パン、美味しかった♪って。



初耳『エドフ』
保存状態のとても良い神殿やレリーフが多いこの地帯は、ルクソールやカイロとは少し違いエジプトの色を見せてくれます。

何もない小さな町、エドフにあるホルス神殿は、1860年まで砂に埋もれていた。トトメスV世時代の古い神殿があったが、プレトマイオス朝時代に新たな神殿が建て直された。壁面のレリーフはコプト教会として使用されていた時代に破壊されているが、保存状態の良い神殿。神殿入口には二体のホルス神像が立っている。中にはにも1つホルス神像がある。黒花崗岩でできた立派なもの。ホルス神は鷲(隼と言い説も)で、このホルス神がエジプト航空のマークとなっている。


だそうです。

エジプト航空
logo1.jpg

で、ホルス神殿。

9.19-27.JPG 9.19-26.JPG






その後2時間弱走り、コムオンボ宮殿。

ワニの神であるセベク神とホルス神の2つの神に捧げられた神殿です 入口も、通路も至聖所も2つづつあり、2重構造の神殿として有名です


砂に埋もれていたんですって。
砂漠ってすごい。

9.19-29.JPG

これこれ!遺跡の写真を撮っていたら勝手におっちゃんが入ってきたそうですが、その後に、『モデル料払え』と言って来たそうです。
これも商売ね。

こうゆうのは、無視するに限るそうです。

あぁ、怖っ。


9.19-31.JPG 9.19-30.JPG

中は、風が抜けず訪れる人の体温とか体臭とかがあり、むわぁとした心地よい環境では無かったようです。
でもステキ♪

9.19-34.JPG 9.19-39.JPG
井戸みたいなのは、ナイロメーターみたい。
ナイル川の水位を見るものだそうですわよ。
水面が上がってきたら、..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!


次はアスワン観光です。

ナイル川を見ながらのランチ。

今日はタジン料理だそうです。
これは美味しかったそうです。
9.19-44.JPG 9.19-48.JPG
9.19-50.JPG


石切り場?
切りかけのオベリスクとかがあるんだそうで。
ピラミッドの石もここから行ったとか。

9.19-56.JPG 9.19-59.JPG


9.19-70.JPG
今晩泊まるのはココ。
早めのチェックインだったのかしら。

イシスアイランド



9.20-7.JPG
あ、この人が警察官だって。
銃を持っているでしょう。


明日は出発は、「深夜」って書いてますが・・・・・深夜って?
ガクガクブルブル((;゚Д゚))
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ようこそエジプトへ(聞いた話し3)

その2


旅行3日目です。
この日も睡眠2時間ぽっきり。

宿泊ホテル
9.18-5.JPG
良さそうじゃない♪



ソフィテルカルナックホテル
五つ★です。




この日は、世界遺産ルクソール西岸観光


撮影時間の早い順に写真を載せていくわけですが、はて?どこでしょうか。
9.18-7.JPG 9.18-9.JPG

9.18-10.JPG

車中からの写真?
母曰く、アスワンハイダムと言っていたがスケジュールでは明日見る予定なのできっと道中なのでしょう。
畑が広がる風景とナイル川のようです。



まずは、
9.18-16.JPG 9.18-18.JPG 9.18-20.JPG

ただの岩山のようですが・・・・・『王家の谷』みたいです。


ここのどこかにツタンカーメンが眠っていたようです。
すごいなぁ、吉村先生。こんな所からいろんな物を発掘しているのよね。


9.18-22.JPG 9.18-26.JPG
ハトシェプスト女王葬祭殿

すごいなぁ。
山を削りだしたのか、ここに建築したのか・・・建築して砂にうずまってしまったのか・・・・無知ってやぁね。

9.18-25-2.JPG
うれしそうだ・・・母


9.18-27.JPG 9.18-30.JPG
きっとラムセス3世葬祭殿


9.18-31.JPG 9.18-32.JPG
この黄色いお兄さんは現地ガイドさん。
チョトイマイチアルネ。だったみたい。


9.18-33.JPG 9.18-36.JPG
同じ所だと思う。


先日実家に行ったら、
丁度写真の整理をしておりましたが、
入場券が1枚どこの遺跡のものなのか分らないところがあるのよね〜〜〜って。


結構キレイな入場券ですが、日本のようにきれいに切り取れる加工はしておらず、無造作に破られています。

そこに書いている文字を検索してみるものの、
携帯では、外人さんの紹介ものが多くみんな英語。
チンプンカンプンです。
写真を頼りになんとかココと言う所を突き止めましたが、
そこには別の入場券が貼ってある・・・・・またそこに書いている入場券を検索して別な所に当てはめます。


これですっきり!と思ったら、ガイドブックからまた1枚の入場券・・・・・・


各遺跡で入場券を切るようです。
ま、日本でもそうですけど、その都度鉛筆で書いておかないと分らなくなるようです。
しかも最初は同じような名所ばかりなので、記憶が薄れてきているような感じでした。




9.18-40.JPG
メムノンの巨像。
何も無い所にポツンと2体。
昔は後ろにアメンホテップ3世の葬祭殿があったようです。



しかし、今日も相変わらず良い天気ですなぁ。
空が青い!




高校で世界史を取っていた方は、聞き覚えのある名前よね。
でも詳しくは覚えてないよね♪
説明を読んでもピンとこないし・・・・悲しいなぁ。受験勉強の一つでしかなかったもんなぁ(共通一次と言われた頃の私。境目だったのよねぇ、センター試験との)
脱線しましたが。興味ある方は勝手にいろいろ検索しちゃって下され。


お昼ごはんは『韓国料理』だったそうです。
9.18-42.JPG
これが?って感じだったそうです。
この写真のミソスープは、皆さんのお口に合わず、最後までこのまま残っていたそうな。


9.18-45.JPG 9.18-47.JPG
道中の街中。





次はルクソールの東岸方面へ。

9.18-47.JPG

カルナック神殿。

一帯の神殿を合わせると、東西約500m、南北1500mになり、現存する神殿では最大規模のものなのだそうです。

忘れ物をしたら反対側まで行くのが大変そうです。


9.18-51-2.JPG
その中にある巨像。
右の人、巨像と同じ恰好で写真を撮っています(*≧m≦*)ププッ



9.18-49.JPG
ここのスフィンクスはめずらしく頭が羊なんだそうです。


9.18-52.JPG

9.18-55.JPG
オベリスク!!(何を意味するか忘れたけれど、世界史の教科書で太字で載っていたような気がする〜〜〜)




9.19-4.JPG
やっぱり、太陽が日本より大きくないかい?
エジプトは、やっぱり日本より宇宙に近いんでないかい?
と強く感じる1枚。


9.19-5.JPG
大きいよね〜〜〜



その後
9.19-8.JPG
ルクソール宮殿で見たものは、




9.19-9.JPG
ウエディングカッポー。
外人さんは、画になるね〜〜〜





世界遺産は、夕方も画になりますね。
9.19-14.JPG  9.19-16.JPG


夜は、
9.19-20.JPG
えび料理(?)何処の国のものかは不明ですが、
これはおいしかったそうです。


今晩も同じホテルに泊まります。
(唯一の同一ホテルへの連泊日)


若者はオプショナルツアーに向かったようですが、
おばさん達はホテルでまったりと時間を過ごし、英気を養ったそうです。
posted by 日本花子 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ようこそエジプトへ(聞いた話2)

その1(出発編)

エジプトに着いた翌日はいよいよ観光です。
睡眠時間2時間しかなかった・・・・って、化粧落として、荷物を片付けて、明日の準備をして、寝て、化粧して・・・おば様は忙しいのだ。

早朝、専用のバスで移動です。
この日は、

ギザ→(235Km)バス移動→アレキサンドリア観光
 
9.17-5.JPG 9.17-3.JPG
きっとポンペイの柱でしょう。(Web上の写真と照らし合わせてみた)

9.17-7.JPG 9.17-10.JPG
ラムセス2世の顔のスフィンクス


しかし、空が青いですねぇ。
<雲なんてなかったよ>って言ってました。
サングラスは必需品ですなぁ。
日本より宇宙が近いような・・・・・


9.17-17.JPG 9.17-21.JPG 9.17-22.JPG
車窓から、アレキサンドリアの町と海?(地中海かな)


9.17-28.JPG
何処?カイトベイ要塞かな?

9.17-29.JPG 9.17-31.JPG
カタコンベか?いや、カイトベイ要塞の中かなぁ


9.17-36.JPG 9.17-37.JPG
昼食はシーフードと書いてありますが、これ・・・シーフードなのかなぁ。

9.17-41.JPG 9.18-1.JPG
パピルスのお土産や。
ここで、エジプト文字で名前を入れてもらいました。

このにいちゃんのTシャツほんものかなぁ。

ありがちな土産その1

DSCF1317.JPG

丁度良いフレームがなく、とりあえず賞状入れに・・・





9.18-4.JPG
夕食は、ケバブのようです。

この後またカイロへ戻りさらにルクソールへ夜12時頃に着きルクソールで泊まりです。


今夜の夜も短いのであった。


ギザ→235km3時間バス移動→アレキサンドリア観光3時間(アレキサンドリア国立博物館、カタコンベ、ポンペイの柱、カイトベイ要塞、アレキサンドリア図書館(車窓)→235Km3時間→カイロ→ルクソール(23:50)

これが二日目の予定である。





posted by 日本花子 at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ようこそエジプトへ(聞いた話1)

先日、母親がエジプトに行ってきました。


そこで撮った写真をテレビで見れるようにSDカードへ写す為に
このPCを使用したので写真が全部手元にあります。

聞いた記憶と、手元にある写真でいったつもりになってみよう!



今回母親が行ったツアーはこれだ!





怒涛の結構ハードなツアーらしいです。
体力あったにこしたことはないようです。

母親のツアーは30人ちょっと参加。
このツアーは誰もダウンした人はいないようですが、
前回のツアーでは同じ30人位で、熱中症が4人、体調を崩した人が2人いたそうです。

添乗員さんも大変ですねあせあせ(飛び散る汗)



出発は15:30 エジプト航空965便
 エコノミーで行く予定でした。
 母親はしがない未亡人であるが一緒に行った2人の友人はどちらもお医者様の奥様。
 母親は別としてお金持ちの人たちである。
 が、何故かケチってエコノミー。
 ま、全然金額が違うようですが。

 飛行時間は8時間(かな?)
 
 しかし、旅行の2週間前、友人がお孫さんを抱き上げた時にぎっくり腰に!
 急遽、ビジネスクラスに変更。
 直前の変更ということで追加料金を払った!らしい。
 案外安いんじゃないと思った金額だったが、ツアー申込時だったらもっと安かったらしい。


結局、ビジネスで正解だったらしい。

 9.16-6-2.JPG
ビジネスクラスのシート。
JALより全然狭かったらしいです。オットマンもイマイチだったそうで。

あ、そうそう「エジプト航空」なので飛行機内ではイスラム教にのっとってお酒が出ないということで、空港のラウンジで大量飲酒して行ったらしい。
9.16-4-2.JPG
ビールでカンパ━━━゚.+:。( ´∀`)(|__| ☆ |__|)(・∀・ )゚.+:。━━━イ!!しながらも
テーブルの上には缶チューハイが・・・・私の飲酒量は遺伝です。




この日は飛行機の移動だけ。
そのままカイロのギザのホテルに宿泊。

母親が行った時期は<ラマダン>の時期。
意外とお店が閉まっていたそうです。

宿泊したホテルはみんなステキだったそうです。

最初のホテルとロビー。
9.17-1-1.JPG 9.17-2-1.JPG


さあいよいよエジプト探検です!



ここでの注意事項!

●カードは絶対使用しないで下さい!
  せいぜい空港。それ以外ではカードをきったときにどんな金額を書かれるか分りません。

●お財布は絶対見せないで下さい!
  ま、ポーチも肌身話さずに!ということらしいです。リュックもダメ。お財布を見られると取られます。とのこと。
 ポケットに生身のわずかなお金をポケットしのばせていたそうです。
 「だから高い物なんて買えないわけよ」だそうです。

物騒なのね。



つづく
posted by 日本花子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

うかれぽん子東京に行く(2日目)

9月16日

タイマーセットしたテレビの音で目覚めた朝。
一応めざましテレビで出るかも!というあさはかな期待。

だらだらと時間を過ごします。

足裏樹液シートの効果もあり足はスッキリ。


今日は単独行動です。
今日は雑貨やをめぐります!
ということで、念入りに下調べをしたはずが、中途半端なメモしかなく・・・・・

結局断念。
雑貨というか、何でもあるLoftと東急ハンズにしちゃいました。


その前にぱんぱんになった荷物を東京駅のロッカーにあずけ身軽にして『渋谷』に向かいます。

普通に山手線。
(イロイロな方法があるのでしょうが、迷わない、さらにJRフリーキップなので出来ればJRを使った方がお金がかからない)


あれ?山手線渋谷方面が動いていない。


なんでも人身事故があったそうで、止まっておりましたあせあせ(飛び散る汗)

さあて、応用編です。
路線図と、ケータイの乗り換え路線サイトで渋谷に着きました。
ふぅ、私も少しはこなれてきたワン。


ワン。ということで、『忠犬ハチ公』像を見なければ。
今回が初めてです。
ロフトへの出口もハチ公口でしたのでラッキーでした。

Image625-1.JPG
彼女は無関係の人です。
全く動いてくれませんでした。


その後いざロフトヘ。
じっくり地図を見てこの道を行ってここから曲がるのね。
頭にインプット。


その時携帯電話
母親からでした。
母親はこの日エジプト旅行に旅立つ日で東京駅について成田に向かうところでした。
あ〜、もう少し東京駅にいれば会えたのに。(実は忘れていたあせあせ(飛び散る汗)

お土産は、ピラミッドの置物とかスフィンクスの置物のようなコッテコテのお土産がいい!と告げ電話を切りました。(お餞別も渡していないのに)
強行軍の7泊8日旅行なので、まだ帰ってきておりませんが、
無事に帰ってくることを祈ります。



では、ロフトへ。


・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・

また軽く迷いました。
上を見上げても判りません。

ケータイで現在地とロフトへの道のりを検索するも近すぎてなのか自分の今の位置がわかりません。

周りのビルの名前を見ながらなんとなくこちらなのかなと進むと何とかみっけ!

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


最上階からジックリ見ながら下がってきます。

惹かれるものは多々ありながらも、
「ちと高い」とか、「重いなぁ」と重いながらなかなか手を出せません。
高いよね〜〜〜。
唯一買ったのが、



あれ?楽天の方が安かった〜〜〜〜〜バッド(下向き矢印)
お弁当箱のフタのパッキンの溝って洗いずらいですよね。
歯ブラシでは届かなかったり、先端が歯ブラシの頭が邪魔で届かなかったり。
かわいいので購入しました。(嵩張らないし♪)





ほか、1階でパッキンのない1段ものの弁当箱も見つけて購入。
(安かったし、軽いし)

こんなに可愛い物でもないし、内側にフォークは付いていないが、
ぶっかれは、車の中で食べる事もあるので2段は食べづらい。
大食漢ではないので手のひらサイズの弁当箱で充分。
パッキンがあるとはずしている間に伸びて収まらなくなったり、カビが生えてくる。
ってことで汁だくな弁当を持たせることも無いし、超シンプルなお弁当箱を買いました。
意外とこの手って無いのよね。ここのコーナーでもこれしかありませんでした。満足。

その後東急ハンズに行こうかと思ったのですがお昼を過ぎたのであせあせ(飛び散る汗)(ゆっくりしすぎた)銀座へ向かいます。


で、また迷った。
近場の出口から出たはいいが裏道風。
どっちに向かえばいいんだ?
さっき昇ってきたから下ればいいのか?
で、また途中で地図検索。
やはりよく判らない。

で人がいっぱい歩いてくる方向に向かって歩いていきましたら、
なんとか駅に到着。

今日は渋谷はお祭りなのね。
どこに神社とか屋台が並ぶのかしら・・・・
と思いつつ昨日買った靴、小指が痛い!足を引きづりながら銀座へ。

銀座前は意外と行っているので大丈夫。
まずは1人のランチだ!
まったく下調べをしていなかったので、駅前のビル、イトシアのフードコートへ。(私はマルイのビルかと思ってたあせあせ(飛び散る汗)

で、ベトナム料理を。

バインセオ・サイゴン

やっぱり店の前の看板?写真は重要よね〜。
食べてみたいのがてんこ盛り。

だけど、普通のナシゴレンセットを頼んでしまった。

今日の屋台料理もあったのだが、数種類から選ばなくてはならない。
判るようで判らないのでスルーしてしまった。
お店の女の子は多分ベトナムの女の子。
日本語わかるけど、勝手にドキドキしてしまう。

でも地元には全くそんな店はないからワクワク♪

フォーも食べたかったんだよね。次だ!次!


Image626.jpg

1人だと写真を撮るのもキンチョーする。だからぼやけ〜〜


おいしい焼き鳥(というのか)もついて、春巻きもついて、あたたかいサツマイモとココナッツとタピオカのデザートが着いていた。

満足満足。




銀座では、プランタン銀座にある雑貨やスコス(scos)を眺め、

品揃えが違うのではないか(高級品多数?)という期待で東急ハンズを廻りました。





電車にはまだ時間があるが、足が痛い!!!!
喫茶店でふぅと休憩。




ちなみに・・・・沖縄アンテナショップ(わしたショップ)は遠いのかしら?

な〜んだすぐそこじゃない。
行きましょ行きましょ。
沖縄って、グアム行くより高いよね。(地元から行けば)ハワイと同じくらいじゃない?的な遠さなので気分だけでも沖縄に行く事にしました。




Image628.jpg

じゃ〜ん!

Image627.jpg

シーサーがゴーヤチャンプル食べてます!

中は人でてんこ盛り。さすが売り上げナンバーワンだけあるなぁ。

お土産に、島ラッキョウ、ドラゴンフルーツ、チャンプルの素などをお買い上げ。

でも、これって本土価格よね。
高かったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




帰り際、ビルに『歩人館』を見つけた。
ガ〜ン、もっと早く知っていればここで靴を買ったのに。
ここでは、足を計測してくれてそれにあった靴を選べます。

私のような、幅広、甲高な足でも、ここで購入した靴は一度も靴連れをした事がないですし、いくら歩いても疲れません!(でも、今はそれもきつくなった・・・太ったから。でもまだとってある)

時間が無いので次は!!!ここに来るぞ!



で、東京駅。
帰りのつまみと本を購入し帰宅。

東京を離れるっていうのに、

DSCF0942.JPG DSCF0944.JPG

うまそうだ。一応保存版にしておこう。




数時間後。地元の空気に触れると、寒っあせあせ(飛び散る汗)
半袖のうかれぽん子は浮いております。

まず、無事に帰った花子でした。

あ、そうそう小指は指全体が水ぶくれになっておりました(名誉の負傷)


今回かなりお世話になった
DSCF0941.JPG
東京マップ。
前回東京に行った時に、原宿のダイソーに売っておりました。
100円でっせexclamation×2
これはすごく使えます。
地元のダイソーではこのような地図は探しても見つかりませんでしたので、なくさずに大切にとっておきます。


あ〜おもしろかった!
posted by 日本花子 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

うかれぽん子東京に行く(1日目)

9月15日

 今日の東京の最高気温は24度。

 おっ?涼しくていいねえ。

 ちょっとお洒落なサマーニットを用意していたのでそれを着ようとしてました。



  ||||||||/(≧□≦;)\|||||||オーノー



 何故かハンガーにかけていたので(自分の仕業)、肩の部分が、ハンガーの形に飛び出しているではないですかぁぁ。

 昨晩から用意していたのに気付かんかったぁぁぁぁぁぁ


 一応着てみたものの肩がとんがっております。


*・゚゚・*:.。..。.:*・゚_| ̄|○゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*


急遽、このクソ忙しい早朝に別な洋服を探します。




なんとか身づくろいをして、ふぅと一杯のコーヒー。


一応、折りたたみ傘を持っていかなきゃな。


東京の天気30%  微妙である。

今回の荷物は、ショルダーバック(小物を買っても入れれるように大きめ)とキャリーケース。

過去の経験からいって、大変よく歩くので荷物は出来るだけ軽くした方が良い。ポケットが沢山あった方が切符とか入れやすい。

との自論によってショルダーバックは出来るだけ軽くした。
しかし、お財布(薄型)、チケット、東京地図、携帯、化粧ポーチ、双眼鏡2個、お土産を入れるとパンパンな上に重い。


もう一度見直して、化粧ポーチとお土産はキャリーケースに入れた。
(化粧直しをする気はさらさら無い)


ちょっとでも軽く・・・・・

まるで、チョモランマ南西壁無酸素登頂を目指している羽生のようだ・・・・・・

 
神々の山嶺(いただき) (2) (集英社文庫―コミック版 (た66-2))

神々の山嶺(いただき) (2) (集英社文庫―コミック版 (た66-2))

  • 作者: 夢枕 獏
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫


 
神々の山嶺〈上〉 (集英社文庫)

神々の山嶺〈上〉 (集英社文庫)

  • 作者: 夢枕 獏
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 文庫



判る人にしか判るまい(あたりまえ)
 





出発時間が近づくと、何故かこの季節に 雷 
珍しいと思っていたら・・・・・雨豪雨

おいっむかっ(怒り)









数時間後、無事東京に到着。

以外に暑いなぁ。むわっとするせいかしら。
これなら、東京の人が30度もある大曲に来ても爽やかに感じるのかもしれない。空気がきれいってこういうことね。



この日は年老いた妹に休みを取らせ、迎えに来てもらった。

出会ってすぐに、重いお土産をもらった。おいっむかっ(怒り)

そして、出会ってすぐに、

「東京駅の『千疋屋』で、豪華な<まるごとバナナ>があったの。買わない?」と言われそのまま千疋屋へ。

東京駅の千疋屋・・・上のほうに写真がチラット。


で、導かれるまま購入。・・・で、どこで食べるの?

今回の私のお宿は新橋。
とりあえず新橋駅まで行き、コインロッカーにキャリーケースと重い土産を詰め込んだ。
そうしてSL広場まで・・・・・・

これがテレビでよく見る<新橋のサラリーマンに聞きました>の現場ね。わーい(嬉しい顔)

SLの前にベンチがあるからそこで食べようという妹の話が・・・・そこにはベンチは全く無く、SLの乗っている土台にケーキを置こうと近寄るも噴水の水路があり近づけず、脇のドブ臭いところでそのおいしい豪華なまるごとバナナを食しました。
  何やってんだか・・・・呆




本日の最初の予定は、蒲田でタンタンメンを食すことでした。
さらに電車で南下。
一本で行けるのに、今来る快速が、新橋を通過するから山の手線に乗って次の駅まで行ってその快速電車に乗りかえて向かいました。
  高度な技じゃ・・・・・(普通と言われましたが)



途中、東京の道中を案じてくださった、けんちゃまからのメール。
<今、FMでイルディーボの特集やってるよ!王将に入る勇気がなかったら連絡下さい>って。

けんちゃま、ありがとう!!今日は妹がいるので大丈夫、王将に入れます!



蒲田駅に着き、胸を躍らせいざ「ミキミール」へ。







Σ(T□T)  し、閉まってる!!!!!!



Image610.jpg





Image609.jpg

今頃夏休みかよ〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)もうやだ〜(悲しい顔)
張り紙の浮かれ具合が余計悲しい。有意義な夏休みを過ごしてね。




tantanmen.jpg
食べたかったよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜


がく〜んと肩を落としてアケード内を進む。我々。
気分はもうタンタンメンだったのに。

どうする?う〜ん・・・・


とりあえず「ここのドラッグストアに入ろう!」と妹。
ここのドラッグストアのお店は3回目。蒲田に来ると必ず寄っていた。
妹曰く、品揃えも凄いし、商品についてる試供品も多いんだぁって。

つられておいらも基礎化粧品を購入。しょっぱなに重いぞ!


で、妹。「横浜に行きたい!」このまま銀座に戻ってぶらぶらを考えていたが突飛な発言。
近いの?「うん」

ということで、さらに南下。


けんちゃまに近づいてるよ〜〜〜。「茅ヶ崎は遠いの?」
「うん、遠いよ」で却下。



横浜駅ビル?デパートでお昼を食べる事にしました。
「ルミネヨコハマ」の食べ物フロアで看板を見ながら吟味。

おぉ?ヴィレッジバンガードのハンバーガー屋がある!!
どうなんだろう。興味津々。HP
頭はタンタンメンなのだがすごくぐらつく。
ほかに無ければここにしようとほぼ決めた。

もう1ッ箇所の看板を見るとおいしそうな写真が。
(この記事を書くときに検索したらここは、ルミネではなく「横浜ポルタ」というところらしいです。いつの間に!)

このワンタン上手そう!!!

やはり麺モードに戻った我々の頭はすぐにラーメンに戻った。
どんな店?脇の説明を読むとヨコハマでは老舗のようね。
行ってみるか。

数人人が並んでいるけど、回転は速いわね。





玉泉亭
 なになに、シューマイが名物なの?!HPを見て今気付いたこの事実。
 その時は、妹がサンマワンタン麺(食べた事がないそうです)、私は五目ワンタン麺と生ビビール

Image611.jpg Image612.jpg

結果。おいしかったぞい!

当たりだったね。うん満足満足。
注文の時思わず餃子がセットになったヤツにも惹かれたのですが、妹に「王将でも食べるでしょ」と言われ我に帰った。忘れてたあせあせ(飛び散る汗)

私、ラーメンは細い麺の方がやっぱり好きだ。

また行ってみたいな。
今度はシュウマイもだ!でもメニューにシュウマイってあったかな?



その後、何故か妹の洋服選びに付き合う形になっていた。
(おいらの東京旅行なのに〜〜〜〜〜)

Image613.jpg
1件目の試着室。

Image614.jpg
ほい、2件目の試着室。

結果4件で試着し、最初の店で試着した洋服を購入。

つ、疲れた〜〜〜。足が足が・・・・・・・
もう歩けん!

靴を買いたい!!

「ね〜ちゃんは、いつも東京に来るたびに靴を買ってるよね。必要に迫られて」

と言われつつ、かかとの低い、足幅の広い靴を購入(デパートだったので高かった・・・思わぬ出費)
やはり次はスニーカーかババ靴にしよう。


しかし、記事を書いてみると、「気ままな妹よね〜〜」
旦那様も大変ね〜〜〜〜



ふと、時計を見ると4時過ぎ。
銀座も1件行きたい店もあるし・・・・・
足早に横浜を後にし、一路銀座へ。
時間がないのでそこでは、堪能できず眺めただけ。
新橋駅に戻ったのは5時30分頃。

この後、ホテルにチェックインして、新橋の王将の予定。
でも、今日のメインイベント武道館には6時には行きたい!(6時開場、7時開演)。王将我慢する?
でも、コンサートは10時近くまでだからその後に食べると帰り遅くなるよね。
よし、頑張ろう!(何が?)

急いでホテルへチェックイン。
駅からそれ程遠くなく大きな道路一本道。これなら迷わないわ。

また荷物を軽くし、いざ王将へ!!

新橋駅の南側線路下にあります

外からのぞくと、おぉいっぱいだぁ。
でもなんとか2人分の席はあったので着席。


ぶっかれに早く出てくるという「餃子と天津飯」を食べてみてと言われたのでそれを注文。

ヨ〜イスタート!


以前テレビで出ていた王将の餃子は1分半。天津飯に至ってはそれ以下で出来上がっていた。


はい、お待ちどうさま。

スト〜ップ!   4分半経過・・・・・・

天津飯はさらに数分経過後に出てきた。
満席で混んでいるからなのかしら。ちと残念。

Image615.jpg

いただきます!(すでに食していたが)

味は、家庭的な味。時々ビックリするくらいすっぱいあんかけの時があるがここはすっぱくありませんでした。ケチャップ?風味。
餃子は2人で半分こ。
これからコンサートだからね〜〜
妹は、焼き飯。

この3点で1200円以下。
安いよね。
近くにあれば足しげく通うのにな。
お店によってメニューとかも若干違うんでしょう?(テレビで言ってた)

次に来る時も別な店でタイムトライアルにチャレンジだ!!



急いで食し、

いざ、いざいざいざ うかれぽん子、

武道館に向かいます!(既に6時は廻ってる。急げダッシュ(走り出すさま)
posted by 日本花子 at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

ア〜ロ〜ハ〜付録

今回撮った写真は二人合わせて370枚だったあせあせ(飛び散る汗)

おのぼりさんね。





写真整理も兼ねてピックアップ。


HAWAII

A.jpg B.jpg C.jpg

D.jpg E.jpg

F.jpg G.jpg H.jpg I.jpg J.jpg K.jpg

L.jpg M.jpg N.jpg

O.jpg P.jpg Q.jpg



 

はたらく車たち

5.30さくらラウンジより3.jpg 5.30さくらラウンジより2.jpg 6.1JO 075.jpg

ABCトラック.jpg

通りすがりのトラック.jpg

消防車2?.jpg 消防車?.jpg

バドライトトラック.jpg

コカコーラトラック.jpg コカコーラトラック3.jpg

5.31リムジン.jpg

6.1アロハGS.jpg

貨物船.jpg

山も空も海もきれいだけど、
街中の風景も大好きだったなぁ。
いやぁ、南国いいねぇぇぇぇ

<完>
posted by 日本花子 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ア〜ロ〜ハ〜7

今日は帰るだけの日です。

しかも、やはり3時50分起床。


スーツケースを取りに来るはずの人が来たのは4時30分。

重さに苦労してました。



アバヨ!ハワイ!!

やっぱりあと2,3日は居たいよね。




昨晩のハワイ
ありがちな写真67.jpg ありがちな写真68.jpg


MOANA SURFURIDER
ありがちな写真71.jpg

ありがちな写真66.jpg ありがちな写真65.jpg ありがちな写真72.jpg

オーシャンビューなら80点位だったのになぁ。



早朝の前の通り。

ありがちな写真69.jpg ありがちな写真70.jpg

帰り際に気づいた。ここ一方通行だったのね。

横断歩道を渡らないとキップを切られるって書いてたから、律儀に横断歩道を探した、ハワイ。



各ホテルで帰るお客さんを拾ったけど、
遅刻する人っているのね。


旦那に(彼氏かも)にまかせっきりで付いていくだけの奥さん。しかもその旦那もかなり頼りない(勝手な決めつけ)で、遅刻したカップル。

てんこもりのブランド品の紙バッグをワラワラ持って大幅に遅刻したカップル。




太陽も上がって暑くなってきた空港。

ありがちな写真73.jpg


バイビ〜〜。




妹夫婦はあと2,3日だれにも邪魔されずに滞在。

旦那さんの両親は、今日ハワイ島へ渡ってドライブ旅行(英語ができるっていいなぁ。でも大丈夫かしら・・・・)


おいらも居たいよ〜〜。
あと1回来たいな。



帰りの機内食。
ありがちな写真74.jpg ありがちな写真75.jpg
今度こその洋食・・・・・・・・・和食にすれば良かった・・・・・

機内食は、和食!と強く思った今回の旅行。


到着間際の軽食。
ありがちな写真76.jpg ありがちな写真77.jpg

ハワイのコナコーヒーのアイスクリームは大変おいしゅうございました。


さすがに疲れていたのか機内では、爆睡。



到着。
飛行機に白装束の厚生省の方が乗ってくることもなく、
検疫所でもあっさりスルー。

インフルエンザは終息したのかねって感じのあっけなさ。


帰りの新幹線は、後ろに座った年配旅行ツアー。
うるさいの何の。

どこまで一緒かと思ったら、うちらと一緒。
言葉が同じだと思ったのよね。


帰り、東京駅で買った駅弁はおいしかったよ。
今半のすき焼き弁当。なんか人気なんですね。知らなかった。
このリンク先の写真のお弁当は無かったんだけど、
もっと大きなお肉が乗ってましたが、
食べ応え満点でした。
これはおいしかった。うん。



そんなこんなで夜、家に無事に到着。
ふぅ。



疲れたけど、また行きたいな。


今回行きそこなった、

パールハーバー


ホームセンターの数々
 クーラーボックス欲しい・・・・

グアムでもハワイでもいいけど、サブマリンツアー


おいいしいプレートランチを食べたい!


痩せて水着でビーチデビュー!
 

そうそう、やせると言えばABCストアでこんなのを見つけてお土産にって思ったんだけど、帰国してインターネットで検索したら素敵そうだったので自分のものにしました。
Image405.jpg
 
 Power−Pops

だって、やせるキャンディなんですよ。色がどぎついけど。

あの、マドンナもなめてるなんて。

スレンダーになりそうなら追加注文しようかしら。
しかし、1日3本はきついよなぁ。


翌日からは通常生活を過ごしております。


あ〜面白かった!わーい(嬉しい顔)
posted by 日本花子 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ア〜ロ〜ハ〜6

3日目の朝は、4時起床でした。



今朝は、全員で、

ダイヤモンドヘッド早朝ハイキングツアーです。

5時40分にホテル前集合。(ホテルによって違います)

集合場所には、日本人ばかりがテンコモリ。

一緒のツアーの人もいれば、
別のツアーの人もいて、
帰国の途に着く人もいたり、いろいろでした。


我々はJTBのOLIOLIバスを待っていたわけですが・・・・



そのバスが着き、ガイドさんが点呼を取りながらバス内へ。

すると、新郎ママがガイドさんに、
うちのパパは昨日全然眠れなかったので、
登山しないで、下で待っていたいのだけどそれは大丈夫ですか?

結果はOKだったのですが、結果が出るまでに数分。

では、引換券を・・・というと、出した物は二人揃って「OLIOLIバスに乗るためのカード」で、ツアー用の予約券ではありませんでしたあせあせ(飛び散る汗) ゲッ目

そこのところでも数分のすったもんだ。
新郎さんのマイペースなところは、
<この親あり>なんだなぁ・・・・と思ったわけで。


で、この早朝ツアー。
朝なので肌寒いかもしれないので長袖を・・・という注意書きがありましたが、

北東北にお住まいの方は全く気にしなくて良いと思われます。
逆に丁度良い感じでした。
ハワイでは、冷房が効きすぎるところも無く、長袖の必要性は全く感じられませんでした(あくまでも花子基準)

えぇえぇ、

真夏の大曲の夜の方が断然寒うございます。

真夏のこの辺りのビヤガーデン会場の方が寒うございます。


しかし、このツアー・・・・・・・・・・・・・バスに全員座れないのですね。
いろいろもめた為に我々は最後の方。
立ってダイヤモンドヘッドまで。
まだ、元気があるので行きはへっちゃらなんですが、
帰りはしんどいよね〜〜〜〜。



高級そうな住宅街を抜け現地に向かう途中で、朝日を拝みました。
(山頂じゃないんかい・・)
登山できるのが6時からって決まっているんですって。

ありがちな写真50.JPG ありがちな写真51.JPG

さぁ、いよいよ登山です!

この体で私、昇れるのでしょうか・・・・・・・




昨日、結婚式で担当だったおね〜ちゃんは、ダイヤモンドヘッドの帰りに膝が笑ったそうですが・・・・








ありがちな写真52.JPG

ジグザグに山道を登っていきます。


疲れるけど比較的快調です。
頂上が凄く真上の方にそそり立っているのが気がかりですが。



そろそろという所で、道は急に階段になりましたあせあせ(飛び散る汗)
最初の階段はココロの準備なくいきなり昇ってしまい・・・・・
いや、ココロの準備があっても私の体には大きなダメージを与えました。


ぎえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。


第1の階段終了後、戦線離脱。

休憩休憩、酸素酸素。

ぶっかれは、すたすたと昇っていきました。
義母さん、義父さんも休憩です。
マイ母は毎日数時間ウォーキングしているせいか、
まったく顔色変えずにスタスタ行ってしまいました。



死ぬ〜〜〜。かなりの休憩を挟んだ後に、

しかたなく第二の階段へ。

はぁ、はぁ、はぁ、はぁダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

かなり息が荒いです。私。


展望台へ向かう第三の階段では、気は不確か。


頂上到着〜〜〜〜!!!なんて喜びも湧かずに、
座り込んだ私。
若干貧血気味。
私ここで死ぬのかしら的なダメージ受けてます。
復活したのは何分後でしょうか・・・・・・





せっかくだからワイキキを見下ろさないと。
覇気の無い顔で昇ります。


・・・・き、きれい・・・・(喜ぶ力がない)

ありがちな写真53.JPG


なんとか普通に息を吸い、頭に酸素が周ってきたので帰りましょう。


あんなに私を苦しめた階段め・・・・・スタスタおります。
でも、下りの方が足にダメージ来るんですよねきっと。

明日、私起きられるかしら・・・・

それでもかなり楽な下りでは、写真を撮る余裕も。


私の心臓を苦しめた階段(いや自分の脂肪が自分を苦しめているのだ。気付け花子!)
ありがちな写真54.JPG


ありがちな写真55.JPG

パパさんとぶっかれ。
昨日一睡も出来なかったパパさん、元気です。
昨晩熟睡したママさんの方が体力限界でかなり遅れていましたあせあせ(飛び散る汗)


途中ですれ違った、私よりも重そうな外人さん、子供を抱っこして昇っている外人さん、無事に山頂まで行けましたでしょうかね。


終わってしまえば他人事。






ありがちな写真56.JPG

ゴール(バス前)では、登頂証明書をもらい記念撮影。
やったぜ!!!!



その後即効でバスに乗り座席をゲット。
立って帰るなんて考えられません。





ダイヤモンドヘッドの帰りに、ツアーの一つ「なんとかパン屋」さんに寄ったのですが、ここは降りたい人だけ降りてください。
買わなくても良い人はその間町中をブラッとします。
ということでしたので降りませんでした
↓何とかパン屋さん
ありがちな写真57.JPG




住宅街のドライブは面白かったですよ。
偶然前にゴミ収集車がいたんですが、家の前に置かれている大きなゴミ箱(指定ゴミ箱)に収集車からアームが伸びて巴投げみたいに車にゴミをぶち込みます。
おぉぉぉ凄い。
テレビで見たことがあったが、目の当たりにすると面白い。ずっと見ていたいです。

ありがちな写真58.JPG
バスからのヘッド。
おいらはあそこにたった今昇ってきたんだぜ〜〜。


そんなこんなでツアーも無事に終了。生還。


オールフリーな1日はショッピングです。
今日の目的は、ホームセンターに行くこと。
なんていうんですかね、この歳になると(歳は関係あるのか?)DFショップみたいなブランド品のある店には一切興味が湧かず今回は1件も行きませんでした。

ホームセンター好きとしてはアメリカのホームセンターの方がブランド品より興味津々なわけですよ。


ま、初心者が行くウォルマートへ。
アラモアナショッピングセンターを抜けて北(?)の方へ。

道中、アニキのポスターが!!帰りに写真を撮ろうと思ったのに、忘れちゃった。
ハワイdeアニキ


いいねぇ、ホームセンターは。
わくわくする。

ABCストアより若干安かったハワイ柄の付箋をしこたまカートへ。
文房具コーナーで、アメリカっぽいノートをカートへ。

凄く悩んだのがアウトドアグッズコーナー。

ここ数年欲しくても希望の物が無く悩んでいたクーラーボックスのステキなものを発見。
しかもお値段3000円位。安い!!!!
コロコロ(タイヤ)付いているし、洗濯物でも詰めて持って帰ろうよとなったものの、ぶっかれがストップをかける。
泣く泣くあきらめたけど、やはり買ってくれば良かった。

こっちでインターネットで探しても全然見つかりません。
高いし。


イグルーでもう少し小さくて高さがあって。
品番とか写真に撮って来れば良かった。覚えてないです。
あまり大きくなく、焼肉のトレーがすんなり入るサイズが欲しいんですよね。



ほかには、洗剤コーナーで、ダウニー見てはう〜ん(通販で買え!)

今は書いていないけど、汚部屋テロリストさんのブログで覚えた言葉<スクラプブッキング>コーナーに足を止め、はまるかもしれないしということで、クラフトはさみ(波波や、ぎざぎざに切れるはさみ)を格安だったのでカートへ。


午後にはまたビーチに出る予定だったので、200円くらいの水中眼鏡もカートに。


大変面白うございました。
レジでもコインを間違えることなく笑顔で渡すことが出来ました。
(汗はかいたけど)


帰りは、アラモアナショッピングセンターで、
ぶっかれが探していた長袖のアロハシャツを売っている店を見つけ(これがまた長袖のアロハシャツって売っていないのよね)購入。


私はこのお店のオリジナルTシャツ超ビッグサイズを寝巻きとして格安で購入いたしました。



お昼ごはんは、でっかいハンバーガーは初日に食べれたので、次はプレートランチ。それっぽい容器のお店を見て歩いたものの料理自体は、中華、韓国料理・・・・ん〜違うなぁ。
でもよく分からないしで、結局中華。・・・・お口に合いませんでした。
失敗。




午後にはビーチへ。


ぶっかれは、相変わらず一人で沖に泳いで行きます。


すると、なんと!!沖で、ガイジン女性にナンパされてました。
しかし、英語で話しかけられて分からないので愛想笑いをして逃げたそうです(笑)




水中を見るぞ!と意気込んだ水中眼鏡。
水に顔をつけたとたんパッキンの隙間から海水浸水。
↓200円の水中眼鏡は全く持って用をなしませんでした。
ありがちな写真60.JPG

ありがちな写真61.JPGあえてのハワイ柄のビーチサンダル。




結局、

波打ち際で打ち上げられるのが一番面白かった♪ byぶっかれ
ありがちな写真64.JPG ありがちな写真62.JPG





最後の晩餐は、ハワイならロコモコでしょう!
ということで、ロコモコを食べに行きました。

お味は・・・・ウチの近所お店のロコモコの方がおいしい(醤油ベースだからなのでしょうね)



最後に、ホテル近くで全然歩いていなかった方向をお散歩。

げげげげげ、
こっちの方がステキなハワイアンキルトのお店がいっぱいあるもうやだ〜(悲しい顔)

ちょっと軽くショックを受けながらも最後の夜。

荷造りです。

明日はもう帰ります。
ホテル前、朝の5時20分集合、スーツケースは朝の4時に部屋のドアのところに出しておかなければなりません。
ということは今晩詰めてしまわないといけませぬ。

ガラガラで来たスーツケースもこまごまとしたお土産でいっぱい。
一度全部出してまた詰めなおし。

こんなに何を買ったんだい?って感じ。
ABCストアはなんだかんだ言っても、毎日2回は通っていたわ。
お蔭様でカレンダーもらたんだった。



ウオシュレットじゃないっていうんで、2枚重ねの超フワフワトイレットペーパー2ロールどうしようかなぁ。→結局母親にあげた。



そんなこんなで最終の夜は更けた。


つづく。
posted by 日本花子 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ア〜ロ〜ハ〜5

写真撮影の終わった新婚さんも合流し、

やっとレセプション。時間にしてPM3:00

腹がへったぜ〜〜


ありがちな写真37.JPG


着席し、シャンパンが注がれます。

ありがちな写真38.JPG




その後、ケーキカット。
ありがちな写真40.JPG  ありがちな写真49.JPG

ケーキを食べさせあうんですね。確か意味の説明をされたけれど、
腹が減って忘れましたあせあせ(飛び散る汗)




お品書きです。
ありがちな写真45.JPG

↓ この傘は・・・せっかくだからと頼んだハワイらしいカクテルに刺さっていたもの。

ありがちな写真41.JPG


お食事です。とり忘れたものもありますたらーっ(汗)

ありがちな写真39.JPG ありがちな写真42.JPG ありがちな写真43.JPG

今回、パンはどこで食べたものもおいしゅうございました。

ありがちな写真46.JPG ありがちな写真47.JPG 




最後に、ケーキカットしたケーキのおすそ分け。
ありがちな写真48.JPG

あの丸いケーキがこんな形にカットされ・・・・どう切ったのでしょうね。
残ったものは・・・・

新婦のお義母さまが、
このケーキおかわりできるのかしら と聞くと、あるそうです。

おかわりする人?と聞くと、お義母さまと、お義父さまの二人でした。
すると、またまた、「あなたはハイカロリーになるからダメむかっ(怒り)
との一言であっさり却下されてました。ふらふら

カロリーコントロールされているのですね〜
で結局お義母さまだけおかわりしてました。


そんなこんなで夕方近くに全て終了。

新郎は、緊張が解けたのか・・・ダウン。
寝てしまったようです。


新婚初夜が〜〜〜〜どんっ(衝撃)

ま、初夜ってことでもないでしょうから、
その後、式が終わったばかりの妹を誘い我が家一家でショッピング。

ウチのお義母さんから妹にお祝いを貰ったので、そのお返しを選びに。
ウチのお義母さんは、密かに花柄、レースが好きとみている私は、
(着る服や、インテリアはそうでもないが要所要所に垣間見られる)

ハワイアンキルトでしょう。と思っておりました。
しかし、大きいものは結構お値段致しますなぁ。
お店もピンキリ。

悩みながらもバッグを購入致しました。


9時頃には新郎さんも復活したようで、連絡があり、
妹は外で待ち合わせをしてさらにデートしたようです。

良かったね。初夜ハートたち(複数ハート)  (大きなお世話)






私たちは、明日も早いのでとっととホテルに戻りました。



連絡といえば、JTBさんでは、無料で携帯を借りることができますが、
もちろん通話料や、メール代は自腹。ソフトバンクでした。
新婚さんたちは1台借りていました。
私達もソフトバンクで、ぶっかれのはハワイでも使用出来るものでしたが、通話料が怖く、会社からも電話来たら困るし、迷惑メールがきても料金がとられるのはかなわないということで、終始電源を切っておりました。
私の携帯は繋がりませんので、カメラとして時々使用していましたが・・・・小心者です。





明日は・・・・・・決戦です。


つづく!



posted by 日本花子 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ア〜ロ〜ハ〜4

2日目の朝は唯一、ゆっくり起きれる朝なのに・・・・・



海に入りたいぶっかれは、6時に目覚ましをかけました。



ありがちな写真17.JPG ありがちな写真18.JPG



ロビー集合11時20分までの数時間、ビーチですごさせていただきました。

私は超NG体型のためビーチで、
ぶっかれの監視(おぼれ注意)と、あちらこちらを双眼鏡で覗いてました。


ありがちな写真19.JPG ありがちな写真20.JPG
ついでにプールにも入って塩素で消毒。


ハワイの海というか、常夏の海水って・・・なんでサラサラしているんだろうねぇ



 答え(もちろん想像):昆布が無いからだ!
  色も綺麗なブルー、北のほうの海には昆布が密生していて黒い海。しかも昆布の粘り気がうようよして海水がべた〜ってなるんじゃないかしら。こっちの海はたいしてベタベタしないよね。でも舐めるとしょっぱい。




日本人って細い人が多いのになんで外人さんの方が水着姿が、カッコいいんだろうね・・・・・



 答え(もちろん想像):骨格がちがうからしょうがない。お尻も足も太いのにステキに見える外人さん。日本人と比較してみると、オケツがプリッってなってる人が多いから足が長く見える?ウエストがくびれて見える?そうして、肌がぱ〜んと張っているのよね。
日本人は細いのだけど、お尻の臀部がペッタンコだから下がって足が短く見えるのかしら・・・・・不思議だよね〜〜〜


なんて自問自答しておりました。


そんな呑気に海にいる間、本日の主役は部屋にこもって、着付け、メイクです。


今回のけつこんしきは、ワタベウエディングって所に頼んだらしいです。

そして、現地にある場合もあるけれど、日本からえっちらおっちら衣装を持ってきて部屋で着替えてホテルからウエディングドレスで教会に行くんですって。

我々が到着した日も1組見かけました。
この日は3組見かけました。朝の7時出発の人もいたし、午後4時頃出発の人もいました。

外国の方は、通りすがりに、<コングラチュレイション♪>って気軽に祝ってくれます。日本人はシャイなので遠巻きに見ているだけです。



そうそう、それで、ウチの花嫁さん、

ありがちな写真21.JPG

いい感じで肩甲骨の上のお肉が見えにくくなってるじゃん♪

部屋で記念撮影、ホテルのロビー、階段で記念撮影。
(撮影していると上からも花嫁さんが下りてきた)


その後、リムジンで教会へ移動です。
ありがちな写真22.JPG ありがちな写真23.JPG

最少は凄いと思ったけど、いっぱい走っているのよね。
ハマーのリムジンが良かったなぁ・・・・(わがまま全開)





教会は、ワイキキから山を越えてトンネルを抜けた裏の方でした。

時間にして30分以上はかかったでしょうか。
ありがちな写真35.JPG 
こんな山の中を抜け・・




アロハ・ケ・アクア・チャペル

ハート型の湖があるとかで、その固定からハートの石がみつかったとかなんとか・・・・・
ありがちな写真24.JPG


結婚式が始まる前にキャンドル付け(?)が親族により行われるのですが、新郎側はお義母様、新婦側は私が命ぜられました。

教会中の左側にあるキャンドルに火を点けたら、私は新婦側の席(バージンロードを挟んで左側に)、新婦側は右の席なので義母様はぐるっと後ろを周って席にお付きくださいと説明されました。

ありがちな写真28.JPG

点火後・・・・・義母様は堂々とバージンロードを横切り着席されました・・・・・・・・・・・・・あぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・


それ以外は滞りなく進み、意外と早く終わりました。

式中はおごそかなものなので写真撮影は出来ず終了後に写真を撮りました。

ありがちな写真26.JPG  ありがちな写真25.JPG

ありがちな写真27.JPG
オルガン奏者と、賛美歌隊(女性一人だが)


一応幸せそうな写真オンパレード。
ありがちな写真30.JPG ありがちな写真31.JPG ありがちな写真32.JPG ありがちな写真34.JPG


専属の外人のカメラマンさんもおりまして、
面白い方でした。

式後、敷地内のいろんな場所で写真撮影をしたのですが、
カメラマンさん、そのうちに私のことを<イモオトサ〜ン!>、ぶっかれのことを<オトオトサ〜ン!>と呼びます。

へへへるんるんわーい(嬉しい顔)

全く否定しませんでしたけど、なにか?




しかし、暑っつうございました晴れ晴れ






ありがちな写真33.JPG
敷地内の向こう側に見える山は、ジェラシックパーク
の撮影場所だったんですって。



あっちで、パチリ。こっちでパチリ。
1時間ぐらい撮っていたんじゃないでしょうか。

年老いた妹さんは、日焼け止めを塗るのを忘れ、肩が真っ赤になっておりました。

カメラマンさんに言われ、
予定外のお姫様だっこで、新郎さんが歯を食いしばっている写真はここでは勘弁してあげましょう。


ぶっかれは、新婚さんに頼まれてもっぱらビデオを廻しておりました。

が、意外なところで二人がKISSをした時に、思わず「うおぉっ!」声が出てました。きっと入っていることでしょう。
その後おかしくて笑いをこらえた為にきっと画像が小刻みに震えていることでしょう。
そして、いい感じに撮っているところに、幾度も私が入ってきたそうです。きっと私がいいところで邪魔をしていることでしょう。


そんなもんよね。(若干ひがみ)


また30分以上をかけ、
次はレセプション会場へ。お食事会ね。

ただし、新婚カップルはさらにビーチで写真撮影があるとかで、
レセプション会場で待ちぼうけ。


ありがちな写真36.JPG

お皿を横目に、
腹へったな〜〜〜〜〜




やっときましたお二人さん。


長くなるのでつづく!






posted by 日本花子 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。